Osprey Fuan Club

沖縄に関するフェイクを独自検証し、デマを糾弾するブログメディア

2018年12月14日午前11時。上空から見下ろし、県民の声を無声化して「その時」を中継する NHK - 岩屋防衛相は、県民の権利ではなく「住民の生活環境に留意し工事を進める」と語った

f:id:ospreyfuanclub:20181214111803p:plain

 

2018年12月14日、

午前11時。

 

承認撤回も、県知事選挙の圧倒的な結果も、まじかにひかえた県民投票も、希少サンゴの移植も、環境保全も、

 

もう、なにもかもすべてなし崩しで、日本政府は一方的に土砂投入をやり始めた。

 

まるで儀式か何かのように、

白いシートの上にダンプで土を落とした。

 

その瞬間をライブで空から伝える NHK

 

そうして、淡々と岩屋防衛相の言葉 (のみ) を伝える。

 

辺野古 埋め立て予定地に土砂投入はじまる | NHKニュース

防衛相「環境に留意しながら工事」

岩屋防衛大臣は、記者団に対し「沖縄の負担を軽減するための唯一の解決策という考え方に変わりはなく、1日も早い普天間基地の全面返還をなしとげるために自然環境や住民の生活環境に留意しながら、工事を進めていきたい」と述べました。
 

 

こんな NHK の報道を記録しておこう。

辺野古が唯一という米国防省の見解だけを見出しにして、どうやら沖縄県側の見解はどうでもいいらしい「国営放送」。

 

辺野古に土砂投入 沖縄は対抗措置検討で対立激化避けられず

NHKニュース 2018年12月15日 5時12分

アメリカ軍普天間基地の移設に向けて、政府は14日、名護市辺野古の埋め立て予定地の海に土砂の投入を開始し、今後、工事を本格化させるのに対し、反発を強める沖縄県は対抗措置を検討する方針で、対立が激しくなるのは避けられない情勢です。

沖縄のアメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設に向けて、政府は14日、埋め立て予定地の海に土砂の投入を開始しました。

岩屋防衛大臣は、普天間基地を早ければ2022年度に返還するとした目標の達成は難しいという認識を示していて、政府はできるだけ早く返還を実現するため、今後、埋め立て工事を本格化させる方針です。

 
一方、沖縄県の玉城知事は15日に辺野古を訪れ、移設計画に反対する人たちに工事の停止に向けた協力を呼びかけることにしています。

沖縄県は今後、国と地方自治体の争いを処理する国地方係争処理委員会で、埋め立て承認を撤回した正当性を主張することにしています。

そのうえで、県土保全条例の改正や国を訴える裁判など、工事を停止させるための対抗措置を検討することにしています。

日米両政府が普天間基地の返還に合意してから22年たつ中、名護市辺野古への移設は土砂投入の開始で新たな段階に入りましたが、政府と沖縄県の対立が激しくなるのは避けられない情勢です。
 

国務省「移設が唯一の解決策」
政府が名護市辺野古の埋め立て予定地の海に土砂の投入を始めたことについて、アメリ国務省の当局者は、普天間基地の継続使用を避けるため、移設が唯一の解決策だという見解を示し、日本政府と連携して移設計画を進める考えを強調しました。

アメリ国務省の広報担当者は14日、NHKの取材に対し、「普天間基地の代替施設の建設は、運用面や政治、財政、戦略面の懸念に対応する唯一の解決策だ。移設によって海兵隊の即応態勢を維持しながら、普天間基地の継続使用を避けることができる」と述べ、アメリカ政府はこれまでどおり、日本政府と連携して移設計画を進める考えを強調しました。

一方、政府と沖縄県の対立が深まっていることについてコメントを求めましたが、国務省の広報担当者は回答しませんでした。

  

女たちの悲鳴や、

苦しみと怒りの声、

県知事のゆるぎない拒絶の声も、ここにはない。

 

この、沖縄を空から見下だしただけの映像と、防衛相のお決まりの、まったく実のない言葉を淡々と伝える NHK

 

上から見下ろして、

無声映画のように沖縄の声を消し、

いったいどんな気分で報道しているのか、

 

NHK の神経を疑う。

 

岩屋防衛相は、土砂に潰されるサンゴや魚たちと県民を並べ、沖縄の「自然環境や、住民の生活環境」に留意すると語りながら、

 

決して沖縄県民の「住民の権利」については語らなかった。

 

岩屋にとって、

 

我々沖縄県民は、あたかも無言で生き埋めにされ、観察される対象の、動物か何かのようだ。

 

声を奪われた無音の映像の下で、

 

どれだけ

県民が声をあげているのか、

 

人間の権利をまもれ、

日本の民主主義をまもれと、

声をあげている、

我々は人間だ。

 

NHK はちゃんと伝えろ !

 

今、我々の市民権と、日本の健全な民主主義とメディアが、その自由の砦が、なし崩しに埋められていっているのを、

 

その慟哭を伝えろ !

 

 

 

手前の岩ズリの色と比べてみてほしい。持ち込まれている土砂は、どうみても赤黒い赤土である。