Osprey Fuan Club

沖縄に関するフェイクを独自検証し、デマを糾弾するオルタナティブ・ブログメディア

これが自民党 ! 米軍基地だけでなく、カジノも沖縄に押しつけてくる - さあみんな、基地と賭博と遊興で「潤う」という自民党の沖縄未来図を想像してみよう !

f:id:ospreyfuanclub:20181117202633p:plain

 

 

普天間基地をほんのすこし北の辺野古にずらし、

 

すこし北に移動しただけで、自民党公明党は基地負担軽減と呼ぶ。が、本島の地理的には中央に位置する辺野古に移すことが、なぜ基地負担軽減になりうるのか。

f:id:ospreyfuanclub:20181117203500p:plain

 

宜野湾市の基地跡地開発に

ディズニーというより、

 

2018 沖縄県知事選 ① 自民が擁立する宜野湾市長「佐喜真淳さん」ってどんなひと !?

f:id:truthaboutokinawa:20180708221530p:plain

 

むしろカジノ誘致をもくろんでいた、

 

沖縄県日中友好協会の顧問、消えた佐喜真淳さんのページの謎 ① - 実はこれ中国系カジノ資本導入のための IR 沖縄誘致組織だった。

f:id:ospreyfuanclub:20181117184415p:plain

 

そんな自民党候補 宜野湾市元市長 佐喜眞淳氏 の当選に掛けた桃色の夢がとん挫し、

 

デニー知事新時代沖縄は、

しっかりとカジノ誘致に NO を突きつけた。

 

水面下で進められていた自民党議員らによる沖縄カジノ誘致、宜野湾カジノ化計画。前宜野湾市長、佐喜真淳氏の落選で足止めをくらう巻

f:id:ospreyfuanclub:20181105150356p:plain

 

しかし、

 

沖縄の民意を土足で踏みにじり

力づくで年寄りや女たちを排除していくやりかた

 

辺野古基地建設だけではない、

 

 

カジノ誘致もまた、

沖縄にゴリ押ししようとするのか、

 

どこまで腐りきった性根なんだ、

この政府は。

 

「県民利用排しIRを」 沖縄県計画MICE 自民・細田氏が持論

琉球新報 2018年11月14日 10:47

 

 【東京】自民党細田博之美ら島議員連盟会長は13日に行われた自民党沖縄振興調査会、美ら島議連の合同会議の冒頭で、沖縄県が求めている大型 MICE 施設の整備について「IR(カジノを含む統合型リゾート)なきMICEはあり得ない」と述べた。

 

その上で「県民の利用を排除してでもIR施設を造るべきだ」と強調した。カジノには反対しMICEのみの誘致に取り組む県の姿勢に対して沖縄振興に発言力のある細田氏が疑問を呈した形で、波紋を広げそうだ。

 

 細田氏は私見と断った上で述べた。「IRなきMICEは世界的に見てもあり得ない」と話し、MICEにカジノなどを併設する重要性を説いた。細田氏はIRの開設を目指す超党派の「国際観光産業振興議員連盟」の会長も務めており、IRを後押しする狙いもありそうだ。

 これに対し富川盛武副知事は「IRを入れることは難しい」と話した。

 細田氏は西普天間住宅地区跡地で予定されている、琉球大医学部と同付属病院の移転を軸とする沖縄健康医療拠点の整備については「中身が全然ない。税制は従来通りなのだから、この際もっと革新的なことも考えるべきだ」とも述べた。

 

用語

MICE ・・・ Meeting(会議・研修)、Incentive(招待旅行、travel, tour)、Conference(国際会議・学術会議)またはConvention、Exhibition(展示会)またはEvent の4つの頭文字を合わせた観光産業振興プラン

 

IR ・・・ Integrated Resort (カジノを含む統合型リゾート) 、カジノ、あるいは賭博、と直接的に表現しないところがみそである。政府は、2018年4月27日に、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律(カジノ実施法案)を提出し、6月19日衆議院可決、7月20日参議院可決・成立。

 

はい !?

 

① なぜ沖縄の MICE だけ IR とカップリングなのか

なぜ沖縄の観光産業行進プランだけカジノとカップリングなのか。なぜそんなことを細田の持論で決めなければならない ?

 

そんなに米軍基地やカジノが誘致したければ、なぜ東京に作らないのか。

 

・・・いや、聞くまでもないだろう。

 

厄介なもの、不利益を被るもの、危険なもの、はすべて遠隔地に押しつけておけば「問題ない」、というわけだ。

 

② 東京の自民党議員らが勝手に作ってるカジノ推進議員団体の名前が「美ら島議連」!

新基地建設推進派でカジノ推進派の議員ばかりをあつめた、美ら島議連。

 

沖縄からは、仲井真元知事、佐喜眞淳元宜野湾市長、古謝景春元南城市町などの、薄暗い顔ぶればかりだが、

 

基地とカジノでかってに東京で美ら島議連などと、本当にあきれ返る。

 

③ 「県民の利用を排除してでもIR施設を造るべきだ」!?

なんだろ、これ、

 

基地建設と同様、県民を機動隊で強制排除してでもカジノを作るべきだとかにしか聞こえないが。

 

@cocoaokinawa Twitter

 

県民を排除してカジノを使わせないのなら、なぜ県内にカジノを作る必要があるのか。

 

バカではなかろうか、

これら自民党は、

 

東京に作れよ、

そんなにカジノが儲かるなら !

 

➃ 「カジノ誘致レース」サイトをチェック - カジノ利権は沖縄を虎視眈々と狙っている

カジノ利権は、

虎視眈々と沖縄県を狙っている。

 

今後もこの IR 業界団体情報サイトをチェックしていてほしい。

 

誘致レース(489)沖縄県

casino-ir-japan.com

いかに、玉城デニー知事誕生が、カジノ誘致の IR 議連、美ら海議連にとって痛手であったか、

 

デニー知事のカジノ No の姿勢と対立しているかが、手に取るようにわかる。

 

逆にいえば、もし万が一、美ら島議連のメンバーであり、中国カジノ資本との連携団体「中国友好協会」の佐喜真淳氏が知事になっていたら、

 

どれほど簡単に沖縄がカジノ都市化されていっただろうか、想像にたやすい。

 

➄あなたは 沖縄を基地とカネと賭博の街にしたいだろうか !?

ロバート・F・ケネディーは、大切な時代には、「我々はどのような国民なのか」「この国はどんな方向に進みたいのか」ちゃんと考えることが必要だと語った。

 

youtu.be

 

 

それは、沖縄の未来に関しても言えることだ。

 

「我々はどのような県民なのか」

「この県はどんな未来に進みたいのか」

 

ちゃんと考えて選ぶことだ。

 

現在、沖縄県は、カジノがない今ですら、パチンコや賭博など、ギャンブル依存症と向き合い、依存症治療施設も県内にいくつかある。

 

➅ カジノのリスクを若者に伝えていくこと

またもう一つ、

忘れてはならないことがある。

 

カジノの実態を知らない国民に、カジノは素晴らしいという幻想を抱かせるのは簡単なことだ。

 

だからこそ、カジノの実態。カジノの立派な表玄関ではなく、カジノの裏口事情を知っている人たちは、

 

絶え間なく賭博のリスクといったものを伝えていかなければならない。

 

ある国立大の大学教授が学生にたずねた。

 

IR 法案が採決されたが、

きみたちカジノ誘致はどう思う、賛成か反対か。

 

すると学生のほとんどが、

カジノ誘致に賛成だと手をあげた。

 

半ば驚いてその理由を尋ねると

経済的に潤いそう、

という答えが圧倒的に多く、その次に、

なにか楽しそう、

という答えが続いたという。

 

では、カジノに行ったことがある人、

とそれらの学生にたずねると、

 

誰一人、カジノに行ったことがある者はいなかった。

 

カジノは

ディズニーランドでも

ドル箱の夢の国でもない。

 

大規模なカジノ資本 (=胴元) が儲け、

その土地の暮らしは疲弊する。

 

だからこそ、東京にカジノを作らないのはそのせいだ。

 

東京に胴元がいて、

カジノを沖縄に置いておく、

 

それが「美ら島議連」らの美らでない考えだ。

 

 

f:id:ospreyfuanclub:20181117202633p:plain