本土から沖縄へ、追われるように厄介者が帰還する - オスプレイパイロットによると、オスプレイは 「古いクルマ」 と同じ。「白煙と炎を噴きだすのは日常的にあること」

これはなにかのマザーグースなのか。

 

沖縄の普天間に、

24機の可愛いオスプレイがありました。

 

8か月前、1機が辺野古の近くに墜落し、

もう1機は胴体着陸、そして23機になりました。

 

1か月前、1機がオーストラリア沖に墜落し

そして22機になりました。

 

それでも危険はないと北海道演習にでかけるが

途中の岩国基地で、息もたえだえ

民間空港の大分で10日間お邪魔しましたとさ。

 

マザーグースそして誰もいなくなった(And then there were none) 参照。

 

 

大笑いだ。

オスプレイパイロットによると、

オスプレイは 「古いクルマ」 と同じであり、

白煙と炎を噴きだすのは日常的にあること」だと言う。

 

twitter.com

 

パイロット自身が古いアメ車と同じと言ってんのに、

なんでそんなクランカーをありがたがるんだ ?

 

ボロ車を現金でお買取り !

cash for clunkers に対する画像結果 

 

twitter.com

 

 

そして、

はやく本土から出ていってくれ、

本土から沖縄へ、追われるように帰還。

 

厄介者を沖縄に押しつける。

いつも構造は同じだ。

 

Photo published for オスプレイ、普天間に戻る 緊急着陸から11日ぶり | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

オスプレイ、普天間に戻る 緊急着陸から11日ぶり

2017年9月9日 13:21 沖縄タイムス

 

 8月29日に大分空港に緊急着陸し整備後、8日に米軍岩国地基地(山口県)に移動した米海兵隊オスプレイは9日、午前11時10分ごろに岩国を離陸し、午後1時13分に沖縄県宜野湾市普天間飛行場に戻った。緊急着陸から11日ぶり。

 普天間に戻ったオスプレイは8月29日、岩国基地から普天間に戻る途中、機体のトラブルが原因で大分空港に緊急着陸した。

 大分空港で左右両エンジンの全部か一部を交換した。駐機中にプロペラを回転させた際、機体から大量の白煙が上がった7日は、さらに整備が必要だとして離陸を延期。深刻なトラブルだった可能性もあるが、米軍側から具体的な説明はない。

 

いらんがな、

こんなジャンク。

 

なぜクズと分かってて

いつも沖縄に押しつけるんだ !

 

twitter.com

 

すべてを日米地位協定のせいにするな!!

 

もし道を不整備車が走っていたら、パトカーで制止し、指導もするだろう。

 

日本の空を飛ぶのに、日本の航空運輸局も何も言えない、いや言わないからだ!

 

日本政府は黙々と米軍にかしずく。

 

ポンコツ軍用機が国民県民の頭上を飛ぶのに、

何も言わないどころか、高価買取?

 

真正のバカか、

無能か、根性無し。

 

アメリカから、そう思われても仕方ない。

 

 

f:id:ospreyfuanclub:20170902174819p:plain