Osprey Fuan Club

沖縄に関するフェイクを独自検証し、デマを糾弾するオルタナティブ・ブログメディア

1978年7月30日 730(ナナサンマル)  - 沖縄の戦後の道は軍のために作られた。沖縄の明日への道はどこに続いていくのだろう ?

f:id:ospreyfuanclub:20180731141451p:plain

琉球朝日放送「きょうは何の日」730の日

 

 

今日はナナサンマルの日。

 

1978年7月30日、この日から

沖縄の道は右側通行から左側に切り替えられました。

 

その日をふりかえってみたい。

 

 

沖縄戦一号線(現国道58号)

米軍は、沖縄戦で島全体を爆撃焼き付くし、元々あったインフラを殆ど破壊したあと、基地間移動に必要な道路整備に着手しました。

 

上陸した 米軍がまず実行したのは、 道路の確保でした。

 

「沖縄侵攻作戦計画書」(アイスバーグ作戦) には「それぞれの戦闘地域内において、35トン 荷重の負荷に耐たえる全ての主要交通道路の建設、再建工事及び修理担当の義務を負う」と記されています。

 

そして交通法規(進行方向)を米国に合わせ右側通行としました。日本とは逆です。

 

米軍は 読谷 嘉手納両飛行場を制圧すると、まず、道路の道幅を広げ、改修を手がけました。

 

トラックによる物資や人員の移動、戦車などの通行の確保が 最重要課題であったことがうかがえます。

 

米軍が道路整備を始めたのは戦時中からで、戦後からではありません。

 

戦後も米軍の統治に必要だったため整備をすすめたのです。

 

「上陸ほどなく、沖縄 西海岸南部道路には合衆国一号線の 標識が各所に立てられ、道路が確保されるたび 工兵隊の計画に従って、全主要道路に番号をつけられ、同じような方法で道路 標識が打ち立てられていった」

 

と、当時の様子が 米陸軍部省戦史編集部の資料にあります。

 

収容された人々もすぐに 「1号線」(現国道58号)の整備に駆り出されました。

 

「一号線」(現国道58号)は沖縄を占領するうえで不可欠で、もっとも最初に 確保された重要な米軍の施設でした。戦後沖縄で、県民がかかわる基地の「軍作業」は、こうして道づくりからはじまりました。

 

1945年4月26日にはすでに一号線 (現在の58号線が) が運用されている

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/80-14-4.jpg

1号線(現在の国道58号)の交差点で交通誘導を行う憲兵(1945年4月26日撮影)

MP's directing traffic on road junction of Route #1, on Okinawa.

 

1945年5月18日、沖縄戦さなかの1号線、沖縄戦の後方で進む基地建設

1号線を延々と続く米軍車両。こうした圧倒的な物量が米軍の後方を支えた。

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/90-29-4.jpg

激しい雨のため、頻繁にぬかるみだらけになった1号線円滑な交通を維持するため、車列を進めながら工兵隊員はブルドーザーを使って深い溝を平らにならした。 (投稿者注: 1号線とは、現在の国道58号線)

Highway Number One, Okinawa, USA, was often a mass of mud due to heavy rains. Traffic had to keep rolling, so the engineers worked with their bulldozers while the traffic moved by, leveling the deep ditches.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

その「合衆国一号線」が日本復帰後「国道58号線」になったのです。

 

f:id:ospreyfuanclub:20180730143110p:plain

 

沖縄本島の主要道路には道路標識が立てられ幹線が確保されると、米軍の必要に応じて道路管理と整備が行われるようになりました。

 

 

1951年、米国統治下で沖縄群島道路条例

 

1951年(昭和26)年9月に「沖縄群島道路条例 」が 公布されました。

 

この道路法は、現にある道路を

① 軍道路 、

② 群島道路 (後の政府道)、

市町村道

の三種に分けたものでした。

 

軍道路」とは米国軍司令官 が認定した道路で、各基地をつなぐ 軍隊の移動、 軍需物資運搬の大型トラック等の通行できるような道路を新設または改修しました。従来からあった主要道路の道幅を広くして、道路のなかった地域には道路を新設しました。

 

この道路を土煙をあげて通行する米軍トラックの列が、当時の沖縄の道路の風景だったのです。

 

軍道路の幹線は、片側二車線の路側付きの 簡易舗装 (コーラル敷)の直線道路で、 中央分離帯が設置されていないことから、「軍用機の滑走路に使用するための道路で、コーラルの下に鉄板が埋められている」とも言われました。

 

軍道路の築造、補修にあたったのは米陸軍沖縄地区工兵隊(District Engineer)で、略称で「DE (ディーイー) 」と呼ばれていました。米軍の基地建設や道路工事などの監督を行いました。

 

1970年時点で、沖縄の道路は、軍道222.6km、政府道901.7km、市町村道3057.8kmでした。

 

左ハンドルの車(沖縄仕様の日本車や外車)が多く走り、バスも左ハンドルで 乗り降りドアは右に付いていました。

 

f:id:ospreyfuanclub:20180730144005p:plain

右側通行 国際通り

 

f:id:ospreyfuanclub:20170730230656p:plain

右側通行 沖縄市

 

レッドハット作戦で毒ガスを積んだ車両が 24号線(天願桟橋への途中)を延々と続く。

f:id:ospreyfuanclub:20180731135621p:plain

【原文】 Red Hat Operation, Okinawa, Highway #24 (Enroute to Tengan Pier)
撮影地: (沖縄市知花〜具志川市天願)撮影日: 1971年 9月

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

1978年のナナサンマル

 

国は一国一交通方法という国際ルールから1975年に沖縄の交通方法を左側に変更することを決め、1978年7月30日、交通方法変更(人は右、車は左)を行いました。

 

この7月30日の道路進行方向変更は、730 (ななさんまる) と呼ばれています。

 

 

製作:シネマ沖縄 企画:沖縄県土木部
1977年 カラー 20分44秒
沖縄県の道の歴史をたどりつつ、7・30の変更を記録する。7・30は、県民にとって何であったのか。アメリカ世から大和世へ。

 

 

進行方向が変わり、交通事故などの混乱がおこりました。

 

また、道路に隣接する商店ではそれまで沖縄本島北部に行く側にあった釣具店や商店が、730 (ナナサンマル) 以降南部に行く側になってしまい、集客が減り店をたたむなど、730以降数年間、沖縄中の交通と経済に影響がでました。

 

嘉手納ロータリー、糸満ロータリー、浦添 宜野湾の58号線沿い、那覇の開南交差点などの商店は730以降、客足がかわり大きな影響を受けました。また左ハンドルの車から右ハンドルの車への乗り換えのため、本土からの中古車が多く沖縄に入るようになるなど、中古車販売業が盛んになったのもこの頃です。

 

沖縄の平和な明日に続く道は ?

 

このように、沖縄戦のただ中から戦時にかけて、沖縄の道は米軍のために作られました。

 

今はどうなのでしょう。

 

58号線を渋滞させ、真っ黒な排気ガスをまき散らして道を占領する米軍の大型車両。

那覇市安謝の国道58号線で米軍車両8台が立ち往生、2時間にわたり車線をふさいだ。 - 在沖米軍基地事件簿

f:id:ospreyfuanclub:20180730145812p:plain

 

嘉手納にて、地対空誘導弾パトリオット (を積んだ車両) が国道58号線を渋滞させる - 在沖米軍基地事件簿

f:id:ospreyfuanclub:20180730150025p:plain

 

そして、

その究極の形がこれでしょう。

 

政府、警察のデマ情報 - PEACEFUL 

この渋滞は、地域住民をまるで無視した暴力的な工事で、一気に大量の資材や土砂を搬入しようとする暴挙から起きている事なのだ。 

f:id:ospreyfuanclub:20180730151845p:plain

 

県民の圧倒的な過半数が、

新たな米軍基地である辺野古新建設に反対しています。

 

それでも国は、県民の反対を無視し、大量の工事車両を送り込み、急ピッチで米軍基地建設を強行しています。

 

ところが工事をする側も、警備員を大量に雇っているにもかかわらず、渋滞を解消する努力を一つもしない。通行車両を足止めにしたまま。

 

こんな工事現場、本土にありますか !?

 

警察も、デモや何らかの事故で引き起こされた渋滞の場合は、警察が交通整理をし、片道通行の誘導をして市民のために往来を確保する。それが「警察の役目」だからです。

 

ところが警察は、交通整理もせず、違法トラックの取り締まりもせず、ただただ抗議している人たちを強制排除し、カメラを回す。

 

こんな警察、本土にあるでしょうか !?

 

そうして、わざと渋滞をおこし、住民に迷惑をかけています。渋滞をおこしているのは、基地建設と警察です。

 

 

県民の一般車両よりも、

基地建設の工事車両を優先し、

 

そうして、住民は米軍基地建設の邪魔をするなという無言の圧力を住民にかけ続けているのです。

 

 

戦後も変わらない沖縄の道路事情。

 

米軍基地と米軍基地建設のための沖縄の道路。

 

 

はたして沖縄の道は

県民のための道になったと言えるでしょうか?

 

沖縄の明日へと続く道はどちらに向かっているのでしょう。

 

沖縄のペーヴメントは平和な明日へと続いているのでしょうか。

 

f:id:ospreyfuanclub:20180731140853p:plain

海中道路・離島へ行こう! | いいなぁうるま市 | うるま市役所