森友学園・公文書削除問題で、さらに公文書削除⁈ - 和田政宗のトンデモ発言、議事録から削除

これは、

一体どういうことだろうか。

 

森友学園問題で、官僚による公文書の改ざん・文章の削除を問題視する国会議員たちが、また更に、その国会での質疑応答を記録する議事録から議員の文言を削除する。

 

そして、それを可能とするシステムがある。

 

公文書の改ざん、文章の削除問題を、「民主主義の根幹を揺るがす問題」などと言いながら、問題を追求する側が議事録の一部を削除することができるのだ。

 

一旦、発した言葉が、なかったことにできる。

なんという都合のいい国会だ。

 

国会での発言を修正・撤回したいならば、

ちゃんと国会でそう求めて、それを議事録に残せばいい。

 

最初の発言も、訂正や撤回の依頼も、全て記録に残す。

 

これが後世への責任であり、

成熟した国のあり方のはずだ。

 

国民の知らないところで削除依頼ができて、それが了承されて、そして、国会で発した言葉が永遠に議事録から消されるという、

 

日本ならではの、「あったこと」が、「なかったこと」にできるシステムなのだ。

 

追求する側も、追求される側も、自分に都合の悪いものは全て消す。しかも野党までそれに同意する。

 

しかもそれに疑問を投げかけるものもいない。

 

これだから、

日本国の民主主義は成熟しない。

 

 

参院予算委:太田氏攻撃の和田氏発言、議事録から削除

毎日新聞

2018年3月20日 22時18分

参院予算委員会は20日の理事会で、財務省の太田充理財局長を攻撃するような質問をした自民党和田政宗氏の発言について、議事録から削除することで与野党が一致した。

 

和田氏は19日の予算委で、太田氏に対し「安倍政権をおとしめるために意図的に変な答弁をしているんじゃないか」などと質問した。

 

理事会では、自民党渡辺美樹氏の発言を削除することも併せて決めた。渡辺氏は13日の中央公聴会で、公述人の過労死遺族を前に「週休7日が人間にとって幸せなのか」などと発言した。

和田、渡辺両氏とも削除を申し出ていた

 

 

和田が削除を申し出ていた?

 

冗談じゃない、答弁を消すから、

 

もう、つるりとした顔でこんなツイートを消したうえで、また偉そうな言い訳を書きこんだりしてるじゃないか。

 

明らかに答弁が変わってきているのは、どちらのほうかな。

 

 

 

 

 

 

 参院予算委員会は20日の理事会で、財務省の太田充理財局長を攻撃するような質問をした自民党和田政宗氏の発言について、議事録から削除することで与野党が一致した。
 参院予算委員会は20日の理事会で、財務省の太田充理財局長を攻撃するような質問をした自民党和田政宗氏の発言について、議事録から削除することで与野党が一致

uyouyomuseum.hatenadiary.jp

 

f:id:ospreyfuanclub:20180321111234p:plain