読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

72年前のきょう 1945年5月4日 「日本軍の総攻撃」

もし、あなたの周りに「憲法を改正したい」という人がいて、

正式に「自衛隊」を「日本軍」にしたいと主張していたら、

その人たちに、

自ら率先して戦闘の最前線に立てるのかどうかを問うてほしい。

その答えが、「自衛隊に任せればいい」という、他人ごと的なものであれば、

自衛隊員一人一人の命を軽んじているということ。

自らができない、やりたくないことを、

なぜ、他人に押し付けることができるのか。

そうなると、構図は沖縄と同じだ。

自衛隊自衛官を支持するといいながら、本当は彼らのことを少しも考えていない。

おそらく、

自衛官は国家公務員だし、給料はガッポリ貰っている。その給料は、国民の血税から捻出しているわけだから、いざという時は命をなげうってもらう。当然だ』

という考えなのだろう。

そのような考えで、国が護れるわけがない。

もしも、自衛隊が日本軍のように「最後の一兵まで戦え!」と、命をなげうつ事態になったとき、

その時、誰が国民を護るのか。

今の憲法をかえて、自衛隊を軍隊にして新生「日本軍」にするならば、

それを支持する人たちは、戦闘の最前線に立つべきだ。

 

neverforget1945.hatenablog.com

オスプレイ不安クラブ - ■ 72年前のきょう 1945年5月4日 「日本軍の総攻撃」■... | Facebook