72年前のきょう 1945年4月13日 「生まれた疑心暗鬼」

2017年4月13日

72年前の昨日、沖縄にいた第32軍は夜襲に失敗していた。

物資も、兵力も乏しい中、各方面へのメンツを気にしたがために、

戦略を変更して、無理に攻勢に出た。

その結果、多大な犠牲を出した。

一つの戦闘に失敗した原因は、色々あっただろう。

しかし、小さな島国の日本が、物資も兵力も豊富な大国に勝てると信じたこと。

それが、そもそもの原因だ。

軍人のメンツのために、皇軍のプライドのために、人びとが死んだ。

敵も、味方も、住民も。

皇軍が負けるはずがないと信じていた日本兵の間では、

戦況が不利になるにつれて疑心暗鬼が生まれ、広がった。

スケープゴート探しが始まる。

『軍が戦略を間違えるはずはない』

『これは、きっと「鬼畜米英」と内通している者がいるのではないか』

『方言を話す沖縄人は信用できない』

『彼らはアメリカ軍のスパイなのか』

『敵と内通しているのかもしれない』

『そうでなければ、説明がつかない。皇軍が負けるはずがない!』

 

neverforget1945.hatenablog.com

オスプレイ不安クラブ - ■ 72年前のきょう 1945年4月13日 「生まれた疑心暗鬼」■... | Facebook