Osprey Fuan Club

沖縄に関するフェイクを独自検証し、デマを糾弾するブログメディア

宮古島市民の直接請求権を踏みにじる下地敏彦市長をリコールせよ! - 宮古島の下地市長が県民投票に不参加宣言の暴挙

f:id:ospreyfuanclub:20190106074753p:plain

惨敗続きの「チーム沖縄」代表の下地市長が暴君になりさがる !

沖縄の自称「保守系」市長のグループチーム沖縄、その代表をつとめるのが宮古島市下地敏彦市長。昨年の選挙で、宜野湾市長の佐喜真淳前市長が沖縄県知事選で落選、南城市古謝景春前市長も、豊見城市の前宜保晴毅市長も落選した。惨敗続きで必死なのか。

 

とうとう、

宮古島市下地市長が、

県民投票に不参加宣言。

 

なぜ下地市長は

民主主義の基本を理解しようとせず、

 

適正に行われた県民の直接請求権を、自らの裁量でひねり潰そうとするのか。

 

住民投票 (レファレンダム) の権利を、自分たちの党派主義の都合でひねり潰すことができるとでも思っているのだろうか。

 

これは

辺野古基地建設の賛否論でも

ましてや、チーム沖縄の問題でもない。

 

民主主義と、市民の首長としての、人権と法の遵守にかかわる問題だ。

 

沖縄の未来を担う若者たちが中心となって集めた「辺野古」を問う県民投票のための署名は、

 

総署名数 10万950筆

有効署名数は41市町村で9万2,848筆にのぼり、

 

なんと、地方自治法第74条に定められている直接請求に必要な有権者数の50分の1 (約2万3,000筆) の4倍以上もの署名が集まった。


そのなかで

宮古島市だけをとってみても

有効署名数は4,184筆

 

それは宮古島市有権者総数 (知事選時 43,422人) の 50分の1 をはるかにしのぐ

 

というか、

ざっと、

 

宮古島市有権者の約10人に1人が県民投票を求めて署名

したことになる。

 

それを市長は切り捨てるのか !

 

 

先日の県民意識調査でも、沖縄県民の74%が県民投票を望んでいる。そういうことも全部理解したうえで、

 

沖縄タイムス1月3日

f:id:ospreyfuanclub:20190106124315p:plain

辺野古新基地建設に反対している県民だけではない。建設に賛成している県民も、多く県民投票を求めている。

 

また、

 

宮古島市の市民の過半数をゆうに超える63%の住民が県民投票に賛成と言っているのを知りながら、

 

f:id:ospreyfuanclub:20190106124818p:plain

 

また宮古地域(宮古市多良間村)では80・00%の人が「全市町村で実施すべきだ」と答えているにもかかわらず、

 

f:id:ospreyfuanclub:20190107014511p:plain

辺野古埋め立て問う県民投票78%「行く」 全市町村「実施を」71% 本紙、OTV、JX通信調査 10%が「行かない」 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

 

 

それでも、

市長が市民権を奪おうとするなら、

市民が市長をリコールするしかないだろ !

 

 

 

しかも、下地市長の不参加の理由、

 

f:id:ospreyfuanclub:20190106130253p:plain

琉球朝日放送 報道制作部 Qプラス » 再度実施しない意向強調 県民投票巡り宮古島市

 

 

< 下地市長 >「議決は住民から選ばれた議員が判断したもので大変重い。大多数の議員が反対している中で予算執行はできかねる 

 

だから、

いいですか。

 

① 圧力や利権で市長や市議会が左右されやすく、将来にわたって住民に重大な影響を及ぼすと考えられる事項では、住民の意思を直接確認する住民の権利が保障されている

 

時として、市民の代表であるべきはずの市議会は、その時の国政や利権にすさまじい圧力を受けることがある。

 

石垣市議会でも、今回の県民投票を含めた予算案決議の際に、「東京の自民関係者から電話がすごかった」と証言している。 

 

だからこそ、

 

自治体の憲法ともいわれる自治基本条例などには、議会と市長による元代表制を補うものとして、統合合併や、原発誘致、米軍基地問題など、将来にわたって住民に重大な影響を及ぼすと考えられる事項について、住民の意思を直接確認する住民の権利が保障されているのだ。

 

宮古島市民の過半数を超える住民が、県民投票に賛成している中で、

 

惨敗続きのチーム沖縄の党派主義と個人的な都合と感情で、県民投票を実施しないなどという、市民へのハラスメント、

 

絶対に、

許されることではない !!!

 

② 県民投票を問う市議会の決議に、酒気帯び運転で検挙されていたことを隠し、反対票を投じていた砂川辰夫市議問題

 

宮古島市議会の定例会で、昨年の12月12日に県民投票に反対を投じた市議らの中には、

 

なんと、酒気帯び運転で検挙されていたにもかかわらず、それを隠しつづけ市議会に出席していた砂川市議まで含まれている !

 

現職市議が酒気帯び運転

宮古新報ニュースコム

2018/12/27 09時01分配信 - 社会・一般 -

 宮古島市議会の砂川辰夫市議が今月8日に道路交通法違反酒気帯び運転) の容疑で宮古島署に検挙されていたことが26日、 分かった。 砂川市議は 「軽率な行動をしてしまい市民の皆さんに申し訳ない」 と謝罪の言葉を述べた。 砂川市議は今月7日に知人と飲酒し自家用車で仮眠し、 翌8日午前10時ごろ自家用車を運転して帰宅中、 平良西里の県道78号線(平良城辺線)で警察官に止められ、 アルコール検知で基準値以上のアルコールが検知されたという。

 

 砂川市議の酒気帯び報道を受け、 佐久本洋介宮古島市議会議長は 「全国的にも飲酒運転根絶の機運が高まっている中で現職の市議が酒気帯びで検挙されるというのは市民に対して申し訳ない。 市議会として全議員を招集し今後の対応を考えていきたい。 年末に係ることから年内で結論を出したい」 との考えを述べた。

 

そうして市民にも議会にも報告せず、

なにくわぬ顔で12月定例会の議会に出席、反対票を投じた後で報道された。

 

市議が警察に検挙されたことなど、もうとっくに市議と市議会は、知っていたのではないのか。

 

さらには、検挙から一か月たった今も、まだその飲酒運転議員の処分に対し、議会はなんの判断もだしていない。

 

こうしたお仲間市議会の七割に近い市議がだした決議と、宮古島市の七割に近い住民が求める県民投票と、

 

どちらが大切か、

この市長には判断できないのだ。

 

また昨年、この宮古島市議会は、強行されている自衛隊配備と、自衛隊の多すぎる性犯罪を憂う声をあげた市議会唯一の女性市議 (当時) を糾弾。この女性市議が「自衛隊と米軍海兵隊を侮辱した」として「辞職勧告決議案」を可決した。

 

福岡県行橋市ネトウヨ・スパム市議、小坪慎也氏と呼応し、男性ばかりの宮古島市議会の議員らが宮古島市唯一 (当時) の女性市議に「辞任勧告決議」を可決。

uyouyomuseum.hatenadiary.jp

 

驚きだったのは、近年異常なほどに増加している自衛官の性犯罪に対する不安に対して、宮古島市民に丁寧に説明していくのではなく、

 

異常なほど増加している自衛官の性犯罪を問う事は、「自衛隊と米軍海兵隊への侮辱」と考えて糾弾する、ということだった。

 

これ、ほんとに民主主義ですか。

 

③ 安全保障政策に関して住民が判断するのは「なじまない」と住民を蚊帳の外において愚弄する宮古島市議会

 

さらに、宮古島市議会は、宮古島市の住民が、自分たちの土地で勝手に国が進める安全保障政策において、住民が判断することは「なじまない」と考えていると決議した。

 

また、住民投票は地域で完結可能な問題で実施されるべきだとし、「安全保障政策の面でも一自治体の住民が地域を超えて決することは国全体に影響を及ぼすものであり、なじまないと考える」との見解を示して反対の意思を明確にした。

県民投票 反対意見書を可決/宮古島市議会 | 宮古毎日新聞社ホームページ -宮古島の最新ニュースが満載!-

 

自分たちの自治体で国が行う政策が、もし軍事防衛関係のことであれば、住民の意思決定などは排除されるべきだ、と考えているということだ。

 

国が沖縄県で強行する軍事防衛政策に

宮古島の市民は口をはさむことではないと、

 

そう、これらの市議たちは考えている。

 

これは民主主義ではない。

戦中と同じ何かだ !

 

f:id:ospreyfuanclub:20190106210334p:plain

県民投票 反対意見書を可決した宮古島市議のリスト                       

平 百合香 平良 和彦 下地 信広 砂川 辰夫 我如古 三雄 前里 光健 狩俣 政作 高吉 幸光 下地 勇德 粟国 恒広 上地 廣敏 平良 敏夫 山里 雅彦 濱元 雅浩 眞榮城 德彦 新里匠

 

f:id:ospreyfuanclub:20190106210626p:plain
 

これら16人は、ほんとうに宮古島市の住民に寄り添っている市議会といえるのか。

 

もう一度いうが、

 

七割の県民投票を求める7割ちかくの宮古島市民と、

 

宮古島の市民の政治参加と合意を排除しようとする、これら宮古島市議会の七割の市議、

 

どちらを優先させるべきか、

 

判断できない市長なら、

もうこれはリコールしかない。

 

宮古島市民の直接請求権を踏みにじる

下地敏彦市長のリコールを !

 

 

県民投票への参加要求/下地市長に翻意促す

宮古毎日新聞社ホームページ

2018年12月25日(火) 9:00
 

県民投票の実現を目指し「ガンバロウ三唱」で気勢を上げる参加者=23日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

 

 米軍普天間飛行場宜野湾市)の名護市辺野古移設の賛否を問う県民投票の実現を目指す「県民投票実現!みゃーくの会」(奥平一夫、亀濱玲子共同代表)は23日、JAホールで市民集会を開いた。約200人が参加。速やかに県民投票の事務経費を認め、県民投票に参加するよう求める大会決議を採択した。25日に下地敏彦市長に手渡す。一方、県は義務的経費として予算支出を求める「勧告」を提出しており、下地市長に26日までの回答を求めている。


 集会は、市議会が県民投票の予算を削除した一般会計補正予算の修正案を可決。その後、下地市長が「議会議決を尊重して対処したい」として市長が持つ予算執行の権利を行使せず、県民投票を実施しない方針を示したことを受けて開いた。


 集会で奥平代表は、県民投票実施を求める署名は、宮古島市からは4184人分が受理されたことを示し「民意を踏みつぶす愚かな行為で、民主主義を踏みにじる勢力との闘いである」と市議会や市長の対応を批判した。


 その上で「県民投票まで、市長の翻意を促すことができるか。われわれの行動にかかっている」と呼び掛け。今後、裁判所への提訴も視野に入れるなどさまざまな行動を展開する方針を示した。


 亀濱代表は「市長が市民の権利を奪うというのは暴挙であり許してはならない」と指摘。「沖縄の未来は沖縄が決める。県民投票を実現させ、一丸となって辺野古埋め立てノーを突き付けよう」と訴えた。


 参加者からは「民意を示すには『イエス』か『ノー』しかない。市長や市議会は、先の知事選で示されたと言っているが、辺野古の賛否だけで知事選が闘われたわけではない」と県民投票の意義を強調。別の参加者は「投票の権利を奪われるのは我慢できない。宮古島市の県民投票への不参加は他の自治体にも影響が出てくる」と述べ、全県での投票実施に懸念を示し下地市長に翻意を訴えた。


 「県民投票は正当な手続きを踏んで行われようとしている。それをつぶすようであれば、市長をリコールするしかない」との声も上がった。


 県民投票は県条例に基づき来年2月24日に実施される。ただ、投開票事務は市町村が担うため、各市町村議会で予算が通ることが必要となっている。


 予算案を否決または削除した自治体はこれまでに宮古島市のほか、うるま市沖縄市宜野湾市糸満市などで、41市町村全てで協力を得られる見通しは立っていない。

 

あの、元海兵隊ロバート・エルドリッジ氏も語る。

 

ospreyfuanclub.hatenablog.com