防衛省が基地周辺校の空調補助費を廃止 (怒) - 国の卑劣な嫌がらせから沖縄の子どもたちを守れ!

従来、米軍基地周辺の学校の空調 (クーラー) 費用に対し

防衛省は空調補助費を出してきた。

 

米軍基地の騒音で窓が開けられないためだ。

 

沖縄の基地負担は、

基地占有地の広さも、米軍兵の数も、基地被害も

他府県と比べようもないくらい多く重い。

 

そして沖縄の夏は長く、刺すような日差し。

窓を閉め切った教室がどうなるか想像してみてほしい。

 

そして防衛省は一方的に

基地周辺校への空調保護費補助の廃止を「決定」した。

 

基地周辺学校への空調補助費廃止が

政府の言うように「全国一律の制度改正」であるならば、

全国一律に米軍基地を振り分けるべきではないか。

 

基地負担を沖縄に押しつけたうえで

空調補助費を一律にするなど、

逆に、どうやったら思いつくのだ ?

 

1月の平均気温が氷点下の北海道の子どもも

東京と一律の教室で凍えながら授業しているか?

 

国民の税金 (おもいやり予算) で

米軍基地内の学校はクーラーつけっぱなし、

いっぽうで沖縄の子どもたちは、

窓を閉め切って熱中症にやられてもいいとでも ?

 

沖縄の子どもたちにすら卑劣な圧力をくわえ、

沖縄県民の口を塞ごうとするのはやめろ ! 

 

普天間第二小学校のグラウンド

イメージ 1

 普天間第二小学校のグラウンド

 

翁長知事、空調補助廃止に「憤り」 教育環境の悪化懸念 沖縄県議会代表質問

2017年6月29日 12:50

翁長知事、空調補助廃止に「憤り」 教育環境の悪化懸念 沖縄県議会代表質問 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

沖縄県の翁長雄志知事は29日、県議会(新里米吉議長)6月定例会の代表質問で、防衛省が基地周辺の学校を対象とする空調補助費に関し、県内6校への補助を廃止すると決定したことに「憤りを感じている」と述べた。教育環境の悪化を懸念し、県と関係市町村が継続を要請しており、「全国一律の制度改正と言うが、(基地の多い)沖縄は金額ベースで68%を占め、影響は大きい。納得しがたい」と、引き続き継続を求める考えを示した。

県議会代表質問で答弁する翁長雄志知事=29日午前、県議会

県議会代表質問で答弁する翁長雄志知事=29日午前、県議会

 
 
まさに反知性。センター試験のリスニング試験中にもオスプレイやCH53大型輸送ヘリを飛ばす在沖米軍。