読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

県民の思い: 名護市瀬嵩に350人結集

人権問題 抗議活動 / 県民大会 / 集会・講演 / 取り組み 戦後問題 / 軍事植民地 高江・ヘリパッド建設 辺野古・新基地建設

2016年10月30日

県民の思い

名護市瀬嵩に 南部 那覇 中部から、
遠いんですよ。
そこに350人も集まった。

沖縄県全体が地元 当事者です。
辺野古だけで被害を受け止めることができるのなら、辺野古だけで決めれば良い。
しかし、ヘリも軍用機もオスプレイ
辺野古だけで飛ぶわけじゃない。
沖縄県全体が空域で
危険なことに変わりない。
米軍兵もなぜだか那覇までも出て来て悪さする。

むしろ辺野古の地元が受け入れることは、
辺野古以外の県民への裏切りとも言えうることだ。

米軍基地の増強(辺野古高江の基地整備)に反対します。それが沖縄県民大多数の願い。

ryukyushimpo.jp

 

オスプレイ不安クラブ - タイムライン | Facebook