『沖縄米軍基地問題検証プロジェクト』No. 4

2016年4月12日

負担軽減どころではない !
=========================
「沖縄米軍基地問題検証プロジェクト」 No. 4
▶ Q 1-4: 辺野古に移設されれば、沖縄の基地負担は格段に軽減される。???
=========================

在沖米軍基地の中で普天間飛行場の面積比はわずか2%です。それを辺野古へ移したところで沖縄が押し付けられている負担は変わりません。

政府はこう説明しています。普天間辺野古へ移転し、海兵隊18,000人のうち約9,000人をグアムやオーストラリアへ移転する。米空軍嘉手納飛行場よりも南にある海兵隊基地も大幅に整理統合するため、基地負担は格段に軽減される。確かに人口が集中する嘉手納以南から基地がなくなると景色は一変し、開発が進むでしょう。しかし「負担」をどう測るかです。

沖縄の中だけで基地を動かしてみても、日本全国に占める米軍集中の割合は変わりません。引き続き訓練による騒音や事件事故の被害はなくならないでしょう。嘉手納飛行場では毎日環境基準を超える爆音が鳴り響いています。

普天間の危険除去だ。辺野古には絶滅危惧種ジュゴンが生息するが心配することはない。それが嫌なら普天間はそのままだ。反対するなら沖縄が代替案を出せ」。これが政府の負担軽減策です。(屋良)

-------------
「沖縄米軍基地問題検証プロジェクト」のブログから
http://okidemaproject.blogspot.jp/

動画 ① 2015年3月17日 (火) 報道ステーション辺野古移設の裏で…米軍強化の巨大構想に迫る」どんどん巨大化する辺野古基地設計。ボノム・リシャールという強襲揚陸艦のための護岸拡張工事と激化する北部演習場のリンクで、まさに沖縄全島基地化の様相。

=========================
前項へ ▶ Question 1-3

キャンプ・シュワブは、住民が誘致して建設された。???
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=526681720854207&id=506639596191753


次項へ ▶ Question 5

日米どちらの航空法にも違反する普天間基地
https://www.facebook.com/506639596191753/photos/a.507102569478789.1073741828.506639596191753/526927904162922/?type=3

 

 

youtu.be

ryukyushimpo.jp

オスプレイ不安クラブ - タイムライン | Facebook