8日朝になって非常災害対策本部設置 - 西日本豪雨のさなか、7日午前10時、たった15分間の「大雨」に関する閣僚会議、あとは「私邸」ですごす安倍総理の危機管理

「即座に対応するよう強いリーダーシップを発揮して対応にあたってほしい」
7月7日、たった15分間のブリーフィングの後、私邸に直帰したこの国の愛国総理。

 

f:id:ospreyfuanclub:20180708131824p:plain

 

さて。

 

災害大国日本で、これほどまでに救援を求め国民が苦しんでいるとき、53人死亡、55人安否不明、という、この未曽有の災害の時に、官邸はどう動いていたのか。 

 

 

官邸が動くも何も、総理が私邸に帰っているのだから、動きようがない。

 

そして、やっと8日の朝、53人死亡、55人安否不明の時点で、政府は災害対策本部を立ち上げる。いや、遅すぎて、さすがにネトウヨもドン引きするだろう。自称愛国者のみなさん、見ていますか、この政権の現実を。

 

政府 非常災害対策本部設置 熊本地震以来

NHKニュース

2018年7月8日 8時15分

政府は、記録的な大雨で各地で大きな被害が出ていることから、8日午前8時、「非常災害対策本部」を設置しました。「非常災害対策本部」は、災害対策基本法に基づき内閣総理大臣が臨時に設置するもので、設置されるのはおととし4月の熊本地震以来です。

 

それでは、昨日、日本中の大騒ぎをよそに、総理がどう動いていたのか、首相動静をみてみよう。

 

首相動静(7月7日):時事ドットコム

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時43分、公邸発。同44分、官邸着。
 午前10時1分から同16分まで「7月5日からの大雨に関する関係閣僚会議」
 午前11時35分、官邸発。
 午前11時49分、東京・富ケ谷の私邸着。
 午後は来客なく、私邸で過ごす。
 8日午前0時現在、私邸。来客なし。(2018/07/08-00:20)

 

7日の午前10時。

たった15分間

 

たった15分間の西日本大豪雨に関する閣僚会議、そのあとは、なんと官邸ではなく、

私邸で過ごす。

 

来客なし、ではない、大災害が訪れている時だ。

 

人がたくさん亡くなり、みんなが救援を求めている、そんなときに、来客とか、どうでもいい話だ。

 

昨日の15分間の「大雨」に関する閣僚会議から、1日の間の空白を、私邸にいた首相はどう責任をとるのか。

 

いや、そんなに私邸にいたいのなら、これからずっと官邸にもこなくていい。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 
f:id:ospreyfuanclub:20180708122529p:plain

From: K Fukaya on Twitter: 二日酔いが酷くて、、、…

 

 

結局は、ミリタリーと外遊にしか興味がない。

 

twitter.com

 

私たちの税金は、人間の安全保障ではなく、オスプレイや戦闘機、イージス艦やイージスアショアのような、戦争の道具と総理の外遊に消費されているだけなのだ。

 

 

 

ご覧ください。⇩ なぜレッドサラマンダーは日本にたった一台しかないのか。

ospreyfuanclub.hatenablog.com