Osprey Fuan Club

~ 沖縄の歴史から現代の政治まで ~

【積み木くずし】息子がタガの外れた買い物で巨額の借金、家計はもう限界。どうしたらいいですか (´;ω;`) ? - 兵器ローンと Abe's Shopping List の更新中

f:id:ospreyfuanclub:20190828190102p:plain

また勝手に買ったのか !!!

 

人生相談・積み木くずし

 

息子が相談なくタガの外れた買い物をして巨額の借金、家計はもう限界。

 

こういう場合どうしたらいいですか (´;ω;`) ?

  

 

輸送機

オスプレイ x 17機 = 3600億円

普天間オスプレイ24機ですらこれだけの緊急着陸や2機墜落、毎度の緊急着陸でとんでもない話だというのに、オスプレイ17機セットを総額3600億円でお買い上げ。1機あたり約220億円の計算だ。屑鉄オスプレイ一機の購入予算で、いったい何台のレッドサラマンダーが全国に配備できるかな。

オスプレイ17機の予算はつけても、レッドサラマンダーは日本にたった一台。なぜなのか。 - Osprey Fuan Club

 

イージスシステム

 

イージスアショア x 2基 = 6,500億円

最初、値段は一基800億円っていってたはずの商品、二基で6,500億円まで値上がりしたら買いますかフツー。

嗚呼、亡国のイージス - なぜイージス・アショアの価格は上がり続けるのか - 陸上イージスとカジノ法案の接点 - Osprey Fuan Club

   防衛省北朝鮮弾道ミサイルなどの脅威に備えるため、イージス・アショアを秋田、山口両県に1基ずつ配備する計画だ。費用については「2基で約2千億円」と説明しているが、ここに含まれるのはミサイル発射システムやレーダーなど主要装置のみで、実際の運用に必要な弾薬庫など関連施設は入っていない。
 また、イージス・アショアに搭載する新型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」は1発30億~40億円とされる。防衛省は調達予定数を明かしていないが、大量の弾道ミサイルを一斉に撃ち込む「飽和攻撃」にも対応できる迎撃態勢を取るとの方針で、「2基で数十発単位」(防衛省幹部)になるとの見方が強い。

イージス・アショア 2基で総額6千億円超 関連施設など含めると想定の3倍に 防衛省試算 - 産経ニュース

 

弾道弾迎撃ミサイルセット = 約3500億円

装填するものも高すぎてお話にならない。

米、日本への弾道弾迎撃ミサイル売却を承認 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

 

 

 

戦闘機

 

F35 戦闘機 x 147機 = 6.2兆円

さあ、皆さんご覧ください。これが、安倍首相がアメリカの大富豪トランプへの配慮のため、国民の税金で140機買いそろえるという「世界一高価な戦闘機」F35だ。

国民よりトランプ配慮で戦闘機100機追加注文、合計147 国民の税金で次々と大型兵器を大人買いし、お前ら70歳まで働けという安倍政権 - Osprey Fuan Club

 

いずも空母化 = 費用未定

、米海兵隊の総司令官に、日本の護衛艦を空母として米軍に提供することを確約していたという訳だ。

増税の事情 ~ 「専守防衛」の自衛隊になぜ「空母」が必要なのか、その用途は何か、まず国民に説明せよ - Osprey Fuan Club

 

F2 後継機 x 約90機? = 1.5兆円

f:id:ospreyfuanclub:20190829175805p:plain

F35 最大100機を追加取得 政府検討、米から1兆円超で トランプ氏要求に配慮 :日本経済新聞 

F2後継機の開発費は総額1兆5000億円以上と見積もられているが、それでは済まない。開発では常に、追加費用がかさむ。後継機は約90機の配備が予定されているが、想定以上に製造コストが膨れ上がれば、数兆円など軽く吹っ飛ぶ。

「かつて、半導体や液晶など日本の技術が世界を引っ張りましたが、例えば、5G(第5世代移動通信システム)で日本の技術はカヤの外です。これは、国の産業育成政策の失敗を表しています。安倍政権は、成長戦略をうたっていますが、中身はカジノ、原発、防衛産業です。成長産業を支える技術が育つわけがありません」(田中稔氏)

F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井 (2019年8月23日) - エキサイトニュース

 

警戒機

E2D 早期警戒機 x 9機 = 3000億円

政府は次期中期防で、外国機の監視にあたる最新の早期警戒機「E2D」を米国から最大9機追加取得すると明記する方向だ。総額は9機で3000億円超の見込みだ。こうした米国製の追加調達で防衛費は今後、増加するのが確実だ。

F35 最大100機を追加取得 政府検討、米から1兆円超で トランプ氏要求に配慮 :日本経済新聞 

 

無人警戒機 グローバルホーク x 3機 = 3000億円

尖閣問題で揺れる東シナ海を高高度から監視する切り札として、防衛省が調達を決めた米国製の滞空型無人機「グローバルホーク」。2020年の導入を前にして早くもお荷物になりつつある。

3機の買い入れを決めたところ、米政府は調達から廃棄までのライフサイクルコストについて、機種選定の際に示していた金額の2倍近い3000億円以上を吹っ掛けてきたのだ。

費用がかかっても日本防衛に資するなら我慢もできよう。肝心の性能は防衛省が求めるレベルに及ばないことも判明、省内では「調達を断念すべきではないのか」との声も上がっている。

アメリカの「ぼったくり兵器」の押し売りに、ノーと言えない防衛省(半田 滋) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

 

高額兵器の年間維持費、これだけかかります。

年間に、維持費これだけかかるとか、ばっかじゃね !?

 

f:id:ospreyfuanclub:20191014020515p:plain



防衛省が米国政府の対外有償軍事援助(FMS)を利用して導入、あるいは導入を予定している戦闘機「F35A」など五種の兵器だけで、廃棄までの二十~三十年間の維持整備費が二兆七千億円を超えることが同省の試算で分かった。同省は二〇一九年度のFMSによる維持整備費に千七十五億円を見込んでいるが、F35Aなどの本格的な配備はこれからで、将来的に年間の維持整備費が大幅に増え、防衛予算を圧迫していく。 

東京新聞:<税を追う>米製兵器維持費、2兆7000億円 防衛予算を圧迫:社会(TOKYO Web)

 

どうなる国民の生活

増税は、国民のためじゃないよ、安部のため。

 

f:id:ospreyfuanclub:20190829173914p:plain

東京新聞:米から購入 安倍政権で急増 兵器ローン残高、5兆円突破:社会(TOKYO Web)

 

 

Abe's Shopping List まだまだ更新中です。