たのむから、彼女を自由にさせてやってくれ ! - 安室奈美恵のラスト・ライブすら警戒する自民の「沖縄知事選」

f:id:ospreyfuanclub:20180912031009p:plain

安室ちゃんありがとう。

 

この沖縄の永遠の歌姫が、故翁長知事との思い出を語っただけで、自分のことを棚にあげ妄想で騒ぎだすネトウヨども、そんな愚者の時代に生きていて、

 

それでも歌は人々の心に美しいかけ橋をかける。

 

 

 

うちなーの歌姫の運命なんだろうか。生前の翁長知事との出会いに涙し、そして昨年に宣言していた引退のライブがこの時期と重なる。だからといって、なんでこんな目に合わなければならないのか。

 

ほんとうに、

 

たのむから、彼女をほうっておいてやってくれ、

自由にさせてやってくれ。

 

うちなーの歌姫だからと言って、こんな真綿で首を絞めて圧力掛けるようなことをしないでくれ。

 

安室奈美恵に自民党の竹下亘総務会長が「自粛」要請の怪情報 沖縄県知事選で危機感か|ニフティニュース

 

f:id:ospreyfuanclub:20180916015521p:plain

 

自民党幹部が安室奈美恵に“自粛”を要請した――!? こんな仰天情報が、沖縄の地元メディアで飛び交っている。

 13日、翁長知事の死去に伴う沖縄県知事選が告示。安倍政権が推す前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)と、翁長氏の後継として「オール沖縄」が支持する前衆院議員の玉城デニー氏(58)との一騎打ちの構図が固まった。

 現状では翁長氏の遺志を継ぐ玉城氏が先行しているとされるが、佐喜真陣営は自公の党幹部が入れ代わりで沖縄入り。期日前投票で「25万票」を目標に掲げ、組織を締め付けている。佐喜真陣営は「最終盤までに十分、逆転できる」と鼻息が荒いが、安倍政権にとって最大の懸念材料が安室奈美恵の引退興行だ。引退前日のあす15日、沖縄の宜野湾市でラストライブのステージに立つ安室が、翁長知事に対する追悼メッセージを発するのではないかと気をもんでいるのだ。

「実は、安室の亡くなった母親は翁長知事と同郷で、同じ那覇高校の出身だった。安室自身も、今年5月に翁長さんから県民栄誉賞を授与され、感極まって泣いていたくらいだから、翁長さんに対して思い入れがあるはず。ラストライブで翁長さんに肩入れするような発言をされると、一気に弔い合戦のムードが高まってしまう。こちらは女性や若年層への浸透を狙って、基地問題には一切触れず、経済や子育て政策を前面に出して支持を集めているのに、安室の発言次第では、すべてひっくり返されかねません」(佐喜真陣営関係者)

 翁長知事が急死した際は、安室は自身のブログで「沖縄の事を考え、沖縄の為に尽くしてこられた翁長知事のご遺志がこの先も受け継がれ、これからも多くの人に愛される沖縄であることを願っております」と、異例の追悼コメントを発表した。かつて玉城氏がラジオDJをしていた番組に、まだ駆け出しだった安室が招かれた因縁もあるという。

「危機感を持った自民党幹部が、ラストライブで沖縄入りする安室さんとの接触を試みているという臆測は、ずっと囁かれていましたが、知事選対応で沖縄に常駐している自民党の竹下総務会長が11日に安室さんと会ったといわれています。『知事選や基地に関係する話は一切しないで欲しい』と頼み込んだようです」(地元メディア関係者)

 さすがに政治的な発言をすることはないだろうが、安室が「沖縄のきれいな海が好き」「ジュゴン大好き」と言うだけでも、基地問題への影響ははかり知れない。果たして“自粛要請”工作は成功したのか。知事選真っただ中に行われるラストライブに注目が集まる。

 

そして、以下に示す、悪意的で下品なデイリー新潮。

 

まあ、沖縄県知事選に、自民党の二階堂やら、公明党の遠山やら、本土の広告代理店が、ぴっちりと張り付いてるのをみるにつけ、まんざらすべてフィクションとも思えない話をのせている。

 

だいたい「弔い合戦」などと血なまぐさい言葉で煽ってるのは対する自民や公明のものたちだ。

 

安倍自民も警報鳴らす「安室奈美恵」ラストライブ 沖縄知事選めぐり

(デイリー新潮)9/11(火) 5:58配信

やはり、「平成の歌姫」の最終楽章は残されていた。引退する9月16日の前夜、安室奈美恵(40)は、故郷沖縄でラストライブを開催すると発表した。ほぼ時を同じくして、翁長雄志(おながたけし)沖縄県知事の急逝に伴い、県知事選が行われる。実は、「安倍自民」が、その台風の目になるのではと彼女に警報を鳴らしているのだ。

 引退ビジネスで200億円を荒稼ぎしたとも言われる安室は、アーティスト人生のラストを沖縄で締め括る。

 芸能関係者によれば、

「東京ドームで、6月3日に行われたファイナルツアー以降、安室のライブの予定は発表されていませんでした。でも、彼女は、20周年、25周年といった節目の場所に必ず沖縄を選んできた。だから、マイクを置く場所は、沖縄以外にあり得ませんでした」

 サプライズ発表があったのは、8月22日のこと。BEGIN、平井堅らとともに「沖縄コンベンションセンター展示棟」(宜野湾市)で、引退前夜にラストライブを行うことを明らかにした。

 一方で、最後の花道を故郷で飾ろうとしている安室に、「安倍自民」が神経を尖らせている。

 翁長知事がすい臓がんで8月8日に急逝すると、安室が自身の公式サイトに追悼コメントを寄せたからだ。

 それには、〈沖縄の事を考え、沖縄の為に尽くしてこられた翁長知事のご遺志がこの先も受け継がれ、これからも多くの人に愛される沖縄であることを願っております〉と書かれていた。

 つまり、普天間基地辺野古移設への反対姿勢を崩さなかった翁長知事の後継者を、安室が応援すると読めなくもない内容だったのだ。

 
弔い合戦

 9月30日に投開票される沖縄知事選。「安倍自民」が推す佐喜真淳(さきまあつし)・前宜野湾市長と、翁長知事が「遺言」によって後継指名した自由党の玉城(たまき)デニー衆院議員の一騎打ちになることがほぼ決まった。

 自民党系の沖縄県議に聞くと、

「翁長さんをバックアップしてきた“オール沖縄”は、昨年から、石垣市沖縄市などの首長選で立て続けに敗北を喫し、弱体化が指摘されていました。ですが、今度の県知事選では“弔い合戦”を前面に押し出して臨んでくるはず。しかも、メディアは翁長さんの死を、あたかも“沖縄のための殉死”のように報じているから、県民感情が向こうに流されないかと懸念しています」

 さらに、なによりも警戒しているのは、安室が翁長知事への弔いのメッセージを発することだという。

「追悼コメントだけでも、玉城さんには追い風。そのうえ、もし安室さんがラストライブで、翁長さんの名前を出すようなことがあれば、現在拮抗する両候補の支持率は一変する。なので、翁長さん寄りの発言をしないように圧力をかけるため、“反翁長陣営”でチケットを買い占められないかと、冗談ともつかない話も持ち上がっていますよ」(同)

 急遽発表されたラストライブには、安室ファンだけでなく、政界も右往左往しているのだ。

週刊新潮」2018年9月6日号 掲載

 

 

いつの間に、沖縄の選挙は、本土が基地を押し付けるための選挙戦となってしまったのか。

 

これは、沖縄の、思想弾圧というより、

もう、こうなると感情弾圧だ。

 

ここはいったいどこだよ、

どんな国だよ。

 

たのむから、

彼女をほっておいてやってくれ。

自由にさせてやってくれ。

 

 

今回の知事選挙を「弔い合戦」なんて騒いでいるのは、危機感を煽って選挙戦に利用しようとする自公の側ぐらいなものだ。

 

沖縄の未来をかけた選挙なんだ。

 

政治屋が騒ぐような弔い合戦など、なんの関心もない

 

それどころか沖縄知事選に本土からこれほど全力を挙げ、基地を押し付けようとする、そんな恐ろしい政治に心底、ぞっとする。

 

たのむから、

ほっておいてくれ。

自由な沖縄にもどしてくれ。

 

 

一方で、今井恵理子は

 

今井絵理子が取り組む“シーサー磨き”と“沖縄問題” | デイリー新潮

f:id:ospreyfuanclub:20180912034629p:plain

 不器用にしか振る舞えなくたって 一途な愛なら誰にも負けないように

 とは、SPEEDの代表曲「STEADY」の一節だが、参院議員となった今井絵理子センセイ(33)が今、不器用に貫こうとしているのは故郷への一途なキモチ。何でも、党本部のシーサーを熱心に磨いているという。

「そのシーサーは、2006年に沖縄の陶芸家から自民党との懸け橋に、と送られました。現在は本部8階に設置されています」

 と党関係者が言えば、

「当選後、作られた方とお会いして、磨いてくれ、と頼まれたんです」

 と今井議員ご本人が話す。

「毎月、たまったほこりを刷毛(はけ)で取り除いた後に、赤ちゃんの体に塗るベビーオイルでつや出しをしています。2体あるので、15分くらい。シーサーは沖縄の守り神ですから」

 では、毎週末は沖縄へ?

「週末は子育てに忙しいので……。月に一度くらい、応援演説の折に視察に行っています。やっぱり、沖縄に必要なのは、経済発展。辺野古移設後の普天間の跡地利用が重要だと思います」

 アイデアはあるのか。

「それは沖縄の人の声を聞きながら……」

 と、まだまだ“勉強中”のご様子。先の関係者に彼女の評判を聞くと、

「元芸能人だからか、オンとオフがはっきりしてますね。派閥の長である山東昭子さんの前ではしっかりしてるけど、いなくなると気が抜けて、煙草をスパーッと。翁長沖縄県知事が政府に反発しているのを心配していて、本人は勉強していると思うけどなあ」

 シーサー磨きもいいけれど、彼女に支払われる歳費は年間約2100万円。6年間の任期と思うなかれ、議員活動も勉強も、“スピード”が大事ですよ!