2月7日 稲嶺市長、最後の登庁

 

f:id:ospreyfuanclub:20180207163259p:plain

最後の登庁の朝も通学路の見守り。通学途中の生徒たちが稲嶺さんにお手紙を渡しています。

 

稲嶺進さんにとって、

今日は名護市長として最後の日。

 

NHK沖縄放送局は、

稲嶺市長の今朝の様子を取材している。

 

今朝も、いつもと変わらず子供たちの通学を見守った稲嶺さん。

 

f:id:ospreyfuanclub:20180207162627j:plain

 選挙の次の日も、おれたちが二日酔いの頭で目覚める前から、交通安全に立ち子どもたちを見守っていたススムさん。

 

取材映像には、行き交う車の中から感謝を込めて手を振る市民や、手紙を渡す女の子、感謝を述べている母子の姿が映る。

 

男子学生と拳を突き合わせる様子も映る。目が合うと同時に拳を突き出して挨拶する学生と稲嶺さん。

 

それは、カメラを向けられたことによるパフォーマンスではなく、2人にとっては、今まで通り、いつも通りの挨拶であることは、映像を見ればわかる。

 

その後、自転車で登庁した稲嶺さん。

 

沖縄が日本に復帰した年に名護市の職員となり、

その後、ずっと名護市の行政に関わってきた。

 

プロフィール | 稲嶺ススム後援会

http://susumu-koenkai.com/profile

 

それも、今日で終わる。

 

これほどまでに、真面目に、ひたすら地域に尽くしてきた人が、その地域の人たち、約2万人が下した決断によって、今日、名護市役所を去る。

 

別の自治体に住む我々の中には、

「自分のとこの市長も、こんな人なら…」と、

名護市民を羨ましく思ってきた者も多くいるだろう。

 

真面目に市政運営してきた人が去り、

 

明日からは、

日本政府と「太いパイプ」を持つという、

「政府にお願いする」という人物が

名護市を運営する。

  

名護市の稲嶺市長が最後の登庁|NHK 沖縄県のニュース

02月07日 11時32分

 

名護市長選挙で、新人の候補に敗れた現職の稲嶺市長は7日が最後の登庁です。


稲嶺市長は、今後も普天間基地辺野古への移設に反対する取り組みを、続けていく考えを示しました。

 

名護市の稲嶺市長は、3期目を目指した今月4日の市長選挙で、新人の渡具知氏に敗れました。


任期満了の日を迎えた7日は、午前7時半ごろから、2期8年にわたる市長時代を含め10年近く行っているこどもたちの見守り活動を、自宅近くの交差点で行いました。

 

f:id:ospreyfuanclub:20180207164345p:plain


そして、午前9時すぎ、自転車に乗って市役所に登庁しました。


7日は身のまわりの整理などを行ったあと、午後4時から行われる退任式に参加する予定です。


稲嶺市長はNHKの取材に対し、「辺野古の問題だけ残っているが、その他のことについては納得できる仕事ができたと思っている。これからも時間を見つけて、基地のゲート前で行われている座り込みなどに参加していきたい」と話していました。

twitter.com

 

twitter.com

 

twitter.com

 

 さて、とぐち武豊の「太いパイプ」とはどんなパイプか。

ospreyfuanclub.hatenablog.com