大田昌秀元知事の県民葬に、ぬけぬけとやってくる渦中の安倍総理とその帝国の土人担当大臣鶴保のホ

 

国会では今日まさに加計学園疑惑で、安倍総理の「ていねいな説明」に激しい追求の答弁が繰りひろげられている。

 

明日、沖縄では太田元知事の県民葬が。

これほど県民に愛された知事はいないだろう。

 

画像に含まれている可能性があるもの:2人、テキスト

 

来場者1500人程度を想定している大田昌秀元知事の県民葬。

 

主催実行委員会は、内閣総理大臣や閣僚 沖縄県人会関係者など県内外に広く呼び掛けた。

 

いや、県の公式な行事なので一応招待状はだすがね、

 

なぜそうも簡単に、

安倍総理らはほいほいと引き受けたのか。

しかも「土人担当大臣」鶴保まで引き連れて、

 

 

それで大田元知事ならなんというだろう。

 

優しい静かな人でもあったが、

怒りの人でもあった知事だ。

 

葬儀を言いわけにして国会から逃げるな !

この国の平和を守り、憲法を守り、

沖縄の若者たちに二度と地獄の苦しみを与えない、

そんな政治をカケラでもする気があるなら、

日を改めてやってこいと。

そうつっぱねるにちがいない。

 

明日、宜野湾市コンベンションセンターで、大田元知事を失った県民の悲しみと嘆きに水をさす

 

f:id:ospreyfuanclub:20170725173516j:plain

 

戦没者慰霊祭の時に見せたあの卑屈な眼差しをむけるくらいなら、

来るな!

 

そもそも大田さんの県民葬に参列する前に

辺野古と高江の工事を止めろ !

機動隊を撤退させよ !

 

だいたいに、

つごうよく沖縄を使うものだ。

 

基地を押しつけるだけではなく、

国会から逃れるためにも沖縄を利用する。

 

反基地と平和と憲法の大切さを言い続けた

県民に愛された大田知事。

 

その対極にある安倍総理

大田知事の県民葬にいそいそとやってくるのは

故人への哀悼の気持ちなどではない、

政治利用、それだけだ。

 

国会から逃げだすな !

総理に求められている「ていねいな説明」

アカウンタビリティーの責務を果たすべし !

 

明日 7月26日(水)午後 2時より

大田昌秀 県民葬 沖縄コンベンションセンター 沖縄県知事

 故大田昌秀元知事の県民葬が26日午後2時から4時、宜野湾市沖縄コンベンションセンターで行われる。県や県議会、県市長会、県町村会、県経済団体会議、大田氏の出身地の久米島町などで実行委員会を構成し翁長雄志知事が実行委員長を務める。献花式で営まれる。( 香典や供花などは受けない )

実行委員会は、交通渋滞の緩和を目的に、会場付近と周辺のバス停を結ぶ臨時循環バスを運行する。

臨時無料循環バス、会場周辺のバス停結び、5分おきに運行

(1)宜野湾市立グラウンド駐車場内
(2)兼久原バス停付近
(3)真志喜バス停付近


前半(正午~午後2時半)と
後半(午後3時~4時半)に分けて運行する。

自動代替テキストはありません。

 

■ 日にち:2017年7月26日(水) 13:55~14:50
■ 放送局:琉球放送RBC) ※沖縄県内での放送のみ
■ 番 組:

大田昌秀元県知事 県民葬~平和への思いをつなぐ~』
http://www.rbc.co.jp/

※こちらは沖縄県内のみの放送です。
視聴可能なみなさま、ぜひご覧ください。

 

 

県側もびっくり、まじ来るのかよ。