いよいよだ ! 辺野古差し止め訴訟 ! 不退転の決意で県が国を訴える ! …それでもなぜか沖縄を報道しない本土の忖度メディア

いよいよ始まった !

 

まずは琉球新報の号外から。 

画像に含まれている可能性があるもの:3人、立ってる(複数の人)、テキスト

 

 

こちらのニュース動画は期間限定公開なので、

本土の方は、見れるうちに早めにご覧ください !

 

琉球放送 2017/07/24 18:42

辺野古工事差し止めへ 県が提訴

youtu.be

 

琉球放送 2017/07/24 18:44

辺野古差し止め提訴で知事会見

 

詳しい情報はこちらからご覧ください。


 

県が不退転の決意で

国を訴える !

 

やっとここまで来た。

そして、ここからまた始まる。

理不尽な無限の闘いを強いられている沖縄。

それはいつから始まりいつ終わるのか。

 

しかし、

ひとつの県が、国を相手に訴訟を起こさなければならない、こんな尋常ではない状況につねに追い込まれている、

 

そんな沖縄の状況は

肝心の本土メディアには、ほとんど報道の価値をなさないことなのか。

 

本土メディアは、そこまで沖縄を軽視しバカにしているのだろうか。

 

それとも、

これも昨年七月の高江のように、一定期間までまったく報道をしないことで安倍政権に忖度している、

日本の忖度メディアの一端なのだろうか。

 

今日の MSN ニュース

f:id:ospreyfuanclub:20170724213831p:plain

f:id:ospreyfuanclub:20170724213909p:plain

 

Bing News

f:id:ospreyfuanclub:20170724214436p:plain

 

f:id:ospreyfuanclub:20170724215209p:plain

 

目を皿のようにしてみたが、

どこにも沖縄のニュースは載っていないな。


しかも、ベッキーのドレス姿や ASKA の離婚発表や NMB 須藤の結婚表明よりも関心は薄いらしい。

 

ときどき、メディアは

思いついたように沖縄と本土との意識の格差を報じるが、

 

freeokinawa.hatenablog.com

 

復帰45周年の時の番組では
本土と沖縄の意識の乖離や沖縄のフェイクニュースの特集が組まれたが、それも一過性の免罪儀礼のようなものだった。

 

沖縄を周縁化 (marginalize) し、

人々の意識の乖離を生じさせているのは
まずもってメディア自身であるということ


その報道の真空地帯に悪質なフェイクやヘイトが繁茂するということを、

 

そもそもメディアはちゃんと認識すべきなのだ。

 

 

本土メディアは沖縄を報道せよ !