今年の7月11日、沖縄に共謀罪が上陸、そして高江では米軍が連絡もなく新設パットでタッチアンドゴーを開始した。

昨年7月11日。

沖縄が忘れるわけもない。

現職の安倍の島売り大臣を蹴りだし、

圧倒的な票差で反基地派の議員を勝利導いた。

 

その当確から九時間後のことだよ。

安倍政権が高江に機動隊を送りこんだのは。

 

そしてあれからちょうど一年がたった。

 

 

今日7月11日。

安倍政権は

今度は共謀罪を沖縄に上陸させた。

それは不気味なほど静かな上陸作戦ともいえる。

 

 

しかも、

なんの符合か、祝電か、

今日、米軍まで動きだした。

 

工事を急ぐあまり、

まだ未完成とされているヘリパット群のうちの二つで、

いきなりオスプレイがタッチアンドゴーを展開し始めた

 

誰が決めたのか、

7月11日は沖縄を愚弄する日とでも ?

 

いや、

そうではない。

 

それはむしろ醜いヘゲモニーを展開する者たちの

道義なき浅ましさが記録される日なのだろう。

 

今日、

しずかに共謀罪が施行された。

 

しかし沖縄は

けっして潰されたりはしない !

 

 

辺野古では、今日も機動隊が市民の強制排除をつづける。。。。

 

twitter.com

twitter.com

 

 

高江では、オスプレイが何の連絡もなくヘリパットの使用を開始する。。。

 

twitter.com

twitter.com

 

防衛局は「通知を必要としない」というが、

その防衛局すら、まさかと驚いたはずだ。

 

工事も完了していないのに、

もう連絡もなく勝手に使用しはじめたのだから。

 

すごい話だよな、

 

日本の国民の税金で

国民を弾圧し作られたオスプレイパット。

 

米軍は、お礼どころか、

使用開始のご挨拶すらない

のだからな。

 

よほど感謝も敬意もないということだ。

 

その覇権主義ぶりは、
お見事すぎて

 

感動的ですらある。

 

 

新着陸帯で運用開始か オスプレイが離着陸繰り返す

 

琉球朝日放送 報道制作部 ニュースQプラス » 新着陸帯で運用開始か オスプレイが離着陸繰り返す

提供から半年余り。離着陸が初めて確認されました。

整備の遅れなどで提供後も運用されないままとなっていた、東村高江近くの新たな2つのヘリパッドで11日午後、オスプレイが初めて離着陸を繰り返すのが目撃されました。

離着陸が確認されたのは、2016年12月にアメリカ軍に新たに提供された東村高江近くの4つのヘリパッドのうち「N1」「H」と呼ばれる2つのヘリパッドです。

目撃した区民らによると11日午後2時半ごろ、雷が鳴る悪天候の中、ヘリモードで飛行するオスプレイが旋回しながら10回以上にわたり降下と上昇を繰り返していたということです。

沖縄防衛局は「オスプレイ1機が離着陸するのを確認している。すでにアメリカ側へ提供した施設であり、通知を必要とするものではありません」とコメントしています。

 

f:id:ospreyfuanclub:20170711224322p:plain