米軍基地の日陰に寄留し待機する機動隊が、基地から出てきて県民の日よけテントを撤去するという背徳

日差しの強いなかでの連日の座り込みだ。
年配の人が多い座り込みなのに、
機動隊が基地内から出て来て
県民の日よけテントを撤去する。
 
もう意味がわからないな。
 
国民の税金で組織されているはずの機動隊は、
文字通り米軍基地の傘下にある組織らしい。
 
しかと、ごらんあれ、
 
機動隊は米軍基地の軒下の日陰で休み
沖縄の老人たちを直射日光のもとにさらす
これが今の日本の機動隊の姿だ。
 
若い青年たちは
なんの理不尽さも感じないのだろうか。
 
日本の警察は、
米軍の警備会社になりくさし、
国民の税金を湯水のようにつかって
米軍に寄留し、米軍の日陰で待機している。
 
これが共謀罪法案の目指す日本の姿だ。
 
 

 

 市民らが建てた日よけのテントを撤去する機動隊=24日午前11時35分ごろ、名護市辺野古

 

辺野古新基地:機動隊が日よけのテント撤去 海岸では砕石を移動 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

辺野古新基地:機動隊が日よけのテント撤去 海岸では砕石を移動

2017年5月24日 13:23

 【名護】名護市辺野古の新基地建設に反対する市民らは24日午前、米軍キャンプ・シュワブゲート前で最大約200人が集まり、座り込みを続けた。午前中は工事資材の搬入はなかった。

 午前11時半ごろ、市民らがゲートの道向かいに日よけの簡易式テントを建てようとしたところ、機動隊がテントを撤去。市民らが「熱中症になったらどうするんだ」と抗議し、一時激しくもみ合った。

シュワブ内の海岸では同日午前10時ごろ、大型ダンプカーが運んできた砕石をクレーン車で移動する作業が確認された。海上では埋め立てに抗議する市民らが乗ったカヌー11艇がフロート内に入り、海上保安官に一時拘束された

 

youtu.be