72年前のきょう 1945年5月14日 「“戦力”として必要」

最後の一兵まで戦え!との命令に従い、どんどん兵力を消耗していった第32軍。

地上戦は陸軍が担当する…という取り決めも無視し、小禄日本海軍部隊も動員し始め、まだ前線に配置されていなかった学徒隊も、どんどん兵力として、戦力として、前線の部隊に引き取られていった。

戦争になると、人間が人間としての感覚を失い、動物化する。

男も、女も、恥じらいという感覚さえ失い、動物のように、排泄もそこら中でやる。

食べ物を見つければ奪い合う。

秩序は崩壊し、弱肉強食が常識となる。

若者を、女性を、老人を「戦力」とみなし、戦争に動員して、

国民から人間としての秩序を奪って、

日本国は、何を成し遂げようとしたのか。

 

neverforget1945.hatenablog.com

オスプレイ不安クラブ - ■ 72年前のきょう 1945年5月14日 「“戦力”として必要」■... | Facebook