72年前のきょう 1945年5月12日 「今帰仁村での住民虐殺」

沖縄本島北部、本部半島にある今帰仁村でも住民が虐殺された。

北部の山中にいた日本兵は、山賊化していた。

武器を持ちながら山中を歩き、住民から食糧を奪いながら、

米兵をみつけたら、「遊撃戦(ゲリラ戦)」をするつもりでいた。

しかし、逐一上官から命令を受けるでもなく、誰かに行動を報告するでもなく、

数名で行動し、何日も、何日も、山中を移動する日本兵たちは、

もはや軍隊の兵ではなく、山賊だった。

いや、山賊よりタチが悪い。

山賊は、「お国のために…」という思想などない。

「お国」の敵と接触した者は、スパイだ!などと言いださない。

ましてや、そんな思想で人殺しなどしないだろう。

戦況がどうなっているのか、知ることもない彼らは、

米軍と接触する住民を監視し、スパイとみなした。

山賊が、「住民は国賊だ」と決めつけ、

なんの罪もない住民を、次々と斬殺していった。

これが「日本国の繁栄のため」の任務だったのだろうか。

neverforget1945.hatenablog.com

オスプレイ不安クラブ - ■ 72年前のきょう 1945年5月12日 「今帰仁村での住民虐殺」■... | Facebook