読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

72年前のきょう 1945年5月10日 「沖縄島からの脱出」

第32軍司令部は、航空参謀1人を東京へ派遣することにした。

沖縄方面にこれまで以上の航空攻撃を要請するためだ。

つくづく、バカな人間たちが軍首脳陣だったのだ、と再確認できるエピソードである。

米軍が制空権、制海権を握るなか、

沖縄本島南部の沖合に水上機を着水させ、九州方面へ向かうという計画。

沖縄島からの脱出だ。

そのために、糸満のウミンチュが動員されることになる。

そう。日本軍首脳陣の人間は、自力で舟を漕ぐこさえできない。

皇軍」にいるからと、威張り腐って命令だけは上手だ。

敵の目をかいくぐりながら、必死の思いで水上機を着水させた操縦士だが、

航空参謀が海岸に隠れたままなので、結局、そのまま飛び立ってしまう。

肝が小さい人間に限って、威勢はいい。

今度は、糸満のウミンチュらに舟を漕いで「徳之島を目指せ」と命令する。

沖縄県民の協力なしでは、何もできなかった日本軍。

あのとき、多くの県民が日本軍に協力しなければ、どんな結果になっただろうか。

権力を持つ連中に協力すると、ロクなことはない。

権力を持つ連中に追従するなら、死を覚悟したほうがいい。

 

neverforget1945.hatenablog.com

オスプレイ不安クラブ - ■ 72年前のきょう 1945年5月10日 「沖縄島からの脱出」■... | Facebook