読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

72年前のきょう 1945年5月3日 「戦勝前祝会」

今日は憲法記念日。施行から70年になる。

その日本国憲法が施行される2年前、

72年前の今日、

首里城の地下にあった第32軍の司令部壕では、各部隊の首脳らが集い、酒が振る舞われていた。缶詰を使った料理ではあったが、ご馳走が並んでいた。

72年前の今夜遅くから明日にかけて、第32軍の総攻撃が開始する。

その勝利を祝うための「祝会」だった。

前線では、将兵らが何日も乾パンをかじり、いつ死ぬかに怯えている中で、

また数多くの壕で、やんばるの山中で、米軍の収容所で、

多くの住民が飢えに苦しみ、不安な毎日を過ごす中で、

沖縄にいた日本軍の首脳陣は、

酒とご馳走を目の前にして、自信過剰な軍人らが「戦争」について語り合っていたのだ。

こんな連中に命を預けていた人びとは、本当に不幸だ。

その「戦勝前祝会」から2年後に施行された日本国憲法

軍国主義しか知らずに死んでいった多くの国民は、

武力を放棄すると明言した日本国の誓いを、どう思うだろうか。

軍国主義、今でいう「普通の国」のほうがいいよ、とでも言うだろうか。

否、世界の手本、先駆けとなって「平和を希求」した国に生まれた我々に対し、

いつまでも、その「誓い」を忘れずにいろよ、と言うに違いない。

日本国憲法は、単なる国家の憲法という法的なものではない。

あれは、大日本帝国によって殺された数多くの人びとに対し、

これからは、二度と誤ちを繰り返しません!という誓いなのだ。

いま、我々が連休を楽しんでいられるのも、その誓いがあるからだ。

その誓いを放棄すれば、必ず戦争がやってくる。

neverforget1945.hatenablog.com

オスプレイ不安クラブ - ■ 72年前のきょう 1945年5月3日 「戦勝前祝会」■... | Facebook