読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

72年前のきょう 1945年4月28日 「米軍部隊の交替」

72年前の4月末、沖縄本島で地上戦を展開していた米軍兵は、疲れきっていた。

日本軍の抵抗は、米軍の想像以上だったようだ。

しかし、日本軍も疲れていたし、なによりも多くの死傷者を出していた。

日本軍が南風原(はえばる)に置いた陸軍病院壕では、軍医や従軍看護士、学徒らが次から次に運ばれてくる負傷兵の対応に追われていた。

日本軍には、米軍の兵士らのように交替するだけの兵員はいない。

後方に配置していた部隊を前方へと配置したのは、交替のためではなく兵士が「いない」からだった。

米軍と比較して、物量だけでなく人員も足りない日本軍。

米軍は沖合に病院船を停泊させて負傷兵らを治療した。

その後、民間人収容所付近にテントの野戦病院を設置するが、

日本軍は、学徒らが必死で掘った壕の中で、不衛生な環境下での応急処置、麻酔なしでの手術をしていた。

neverforget1945.hatenablog.com

https://www.facebook.com/ospreyfuanclub/posts/683832811805763