ウチナーの本当の気持ち - 辺野古移設反対61%

2017年4月25日

反対多数 ウチナーの本当の気持ち

辺野古移設への反対 ➡ 61%

辺野古移設への賛成 ➡ 21%

 

宜野湾市長選、浦添市長選、うるま市長選、共に自民党チーム沖縄の米軍基地推進派の市長が当選した。自民党の選挙戦略は理念理想ではなく、人付き合いと経済活動の延長に重点を置く。

親戚・地域・職場・青年会・自治会の人間関係と経済を重視する、沖縄の結マール精神の悪用だ。

「本当は米軍基地これ以上いらないんだけど」という気持ちを飲み込み、人間関係と経済を優先させた結果、待っているのは沖縄全体の首を絞める米軍基地増強だ。

それをもって県民が辺野古容認が多数であるなど騒ぐ思うなかれ。

 

これが沖縄の声だ !

 

辺野古移設への賛否

 

辺野古移設「反対」61%「賛成」23% 根強いNO 沖縄県民意識調査 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

2017年4月25日 06:50 沖縄タイムス

辺野古移設「反対」61% 「賛成」23% 沖縄県民意識調査、根強い反対の声

普天間移設問題・辺野古新基地辺野古埋め立て世論調査沖縄タイムス

 沖縄タイムスは22、23の両日、朝日新聞社琉球朝日放送(QAB)と共同で県内の有権者を対象に沖縄県民意識調査(電話)を実施した。

米軍普天間飛行場返還に伴う

名護市辺野古の新基地建設に
「反対」➡61%、
「賛成」➡23%

反対が賛成を大きく上回った。


翁長雄志知事を
「支持する」➡58%
「支持しない」➡22%

だった。

 

 翁長知事が辺野古沿岸の埋め立て承認を取り消したことを巡り、国が県を訴えた裁判で昨年12月、最高裁が県敗訴の判決を言い渡した後も、反対の声が根強く残る結果となった。

 

2015年6月13、14日の同様の調査では、

辺野古
「反対」➡66%、
「賛成」➡18%、

翁長知事への
「支持」➡64%、
「不支持」➡18%。

 

2015年4月18、19日の朝日新聞の調査では

辺野古
「反対」➡63%、
「賛成」➡22%、

翁長知事への
「支持」➡70%、
「不支持」➡16%だった。

 

 辺野古沿岸部での本格的な埋め立て工事を始めようとする

安倍政権の姿勢について

「妥当だ」➡23%、

「妥当ではない」➡65%

となっている。沖縄防衛局は25日午前にも、護岸工事のために、初めて辺野古沿岸に土砂を投入する見通しで、強硬姿勢への反発がさらに強まる可能性がある。

 

 ■ 沖縄の負担軽減「不十分」

 米軍基地の集中する沖縄の負担軽減について、

安倍内閣が沖縄の意見をどの程度聞いているか、という質問には

「十分聞いている」➡3%、
「ある程度聞いている」➡24%、
「あまり聞いていない」➡39%、
「まったく聞いていない」➡31%

となった。

 

 昨年12月の北部訓練場の一部約4千ヘクタールの返還後、日米両政府は負担軽減を強調するものの、沖縄にはなお沖縄本島の15%にあたる約1万8千ヘクタールの米軍基地が存在し、在日米軍基地に占める割合が70・6%に上ることから、依然として負担軽減が不十分なことへの不満が浮き彫りとなった。

 

安倍内閣
「支持する」は31%、
「支持しない」は48%だった。

 

オスプレイ不安クラブ - ■ 反対多数 ウチナーの本当の気持ち ■... | Facebook