72年前のきょう 1945年4月17日 「馬乗り攻撃と火炎放射器」

2017年4月17日

アメリカは、開発した最新兵器を戦場で試す。

太平洋戦争でアメリカは、火炎放射器を使った。

文字どおり、敵めがけて「火炎を放射」するのである。

兵士が背負えるような携帯型もあれば、戦車から火炎を吹き付ける型もあった。

そんな恐ろしい兵器が、沖縄各地で使われた。

なぜなら、日本兵は洞窟内にいて出てこない。

火で炙り出す作戦だ。

それでも出てこないなら、洞窟の背後や上部を爆破し、正面、背後、上部から攻撃する。

火炎放射器や爆弾を使って攻撃した。

洞窟から出てこないなら、焼いてしまえということだった。

日本軍の〝人間爆弾〟も恐ろしいが、アメリカの攻撃法も恐ろしい。

戦争とは、人間がどれだけ残酷になれるのかを勝負する場でもあるようだ。

いったん戦争を始めたら、とことん残酷な状況を体験することになる。

だから、戦争は絶対にやってはいけないし、加担してもいけない。

neverforget1945.hatenablog.com

オスプレイ不安クラブ - ■ 72年前のきょう 1945年4月17日 「馬乗り攻撃と火炎放射器」■... | Facebook