読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

72年前のきょう 1945年4月10日 「米軍、津堅島に上陸」

2017年4月10日

米軍は、沖縄本島周辺の離島も攻撃した。

なぜか。

それは、離島に日本軍が配置され、陣地も構築されていたから。

日本軍は、沖縄本島周辺の島々を天然の要塞と考え、特攻部隊などを置いていた。

命令が下れば、本島周辺の島々から米軍を奇襲するはずだったし、逆上陸して本島の部隊に合流することもできる。

だから米軍は、沖縄本島に先がけて慶良間列島を制圧したし、その後、伊江島にも上陸する。

だがその前に、勝連半島沖に浮かぶ島々を偵察し、津堅島に日本軍の陣地があることをつきとめた。

そして、72年前の今日、津堅島に米軍の攻撃部隊が上陸。

津堅島は平坦な島で、住民が身を隠す場所は限られていた。

後日、ここで紹介することになるが、津堅島にいた日本軍の部隊は、負傷した兵士や住民を残して島を去る。

離島に配置される兵力が「住民の安全確保のため」でないことは、歴史が証明してくれている。

neverforget1945.hatenablog.com

オスプレイ不安クラブ - ■ 72年前のきょう 1945年4月10日 「米軍、津堅島に上陸」■... | Facebook