読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

72年前のきょう 1945年4月6日 「日本海軍の総攻撃」

2017年4月6日

沖縄戦を学べば学ぶほど、当時の日本国の指導者や軍の上層部が、いかに自信過剰で傲慢な人びとであったかがよくわかる。

食糧も、燃料も、物資も乏しい島国日本が、大国に勝てるはずはない。

なのに、「国体護持」のために、若い青年たちを飛行機に乗せ、敵に体当たりを命じる。

この手法はのちに、世界中のテロリストが真似をすることになる。

「神」のために闘う、死を選択するのは名誉なことだとたたき込まれ、

若い青年たちが「洗脳」されていく動機も過程も同じだ。

「特攻」という言葉で誤魔化す、卑怯な日本。

英語では「Suicide Attack」と言われる「特攻」を直訳すると、「自殺/自爆攻撃」となる。

世界中のあちこちでテロリストが、体に爆弾を巻きつけて「神を脅かす勢力」に向かって「特攻」する。

猛スピードの大型トラックを「神を脅かす勢力」に属する人びとに突っ込んで「特攻」する。

『テロリストと「英霊」を一緒にするな!』とか、『国と国の戦いと、無差別テロとは違う!』とか、いろんな理屈で違いを強調する人びともいるが、ことの本質は同じだ。

自らの命を「神」のために捧げて死ぬなどという行為に、国も、テロ組織も、へったくれもない。

72年前の今日、多くの青年たちが航空機ごと敵に突っ込む「自爆攻撃」をした。

彼らは、生まれた時から教育勅語をたたき込まれ、富国強兵という軍国主義大日本帝国で育った青年たちだった。

教育勅語を否定しない」という風潮になりつつある今、自らに置き換えて考えてほしい。

「国のために」「天皇のために」「神」のために、躊躇することなく死を選択できるのか、どうか。

neverforget1945.hatenablog.com

http://ibiblio.org/hyperwar/USMC/USMC-C-Okinawa/img/USMC-C-Okinawa-p17.jpg

THE FINAL CAMPAIGN: Marines in the Victory on Okinawa

オスプレイ不安クラブ - ■ 72年前のきょう 1945年4月6日 「日本海軍の総攻撃」■... | Facebook