72年前のきょう 1945年3月25日/ 言葉で本質を誤魔化す

2017年3月25日

■ 72年前のきょう 1945年3月25日 ■

いつの時代も権力を持つ者たちは、言葉遊びする。

『戦闘』と『紛争』は違うとか言って、本質を誤魔化す。

72年前もそうだった。敵に投降せずに自らの命を絶つことを『玉砕』と言ってみたり。

慶良間に配置されていた部隊は、『転進』を命じられた。

ウィキペディアで説明されている『転進』とは、以下のもの。

『転進(てんしん)とは日本軍において使われていた言葉。自軍が不利になって敵から逃げる形へと行動を変更することを転進と呼んでいた。実質的には撤退と同じ意味であるが、敢えて嫌っていたため撤退や退却という語を使わずに転進とされていた。この言葉はガダルカナル島の戦いで日本軍が撤退した際の大本営発表で使われた言葉であり、実質は敗北であったものの、あたかもそうではなかったかのような表現のために使われていた。それ以降も日本軍は転進と表現される撤退を繰り返していった。』

いつの時代も、言葉で誤魔化されないよう、きちんと本質を見極める力が求められる。

neverforget1945.hatenablog.com

http://ibiblio.org/hyperwar/USMC/USMC-C-Okinawa/img/USMC-C-Okinawa-p12a.jpg

 

http://ibiblio.org/hyperwar/USMC/USMC-C-Okinawa/img/USMC-C-Okinawa-p12a.jpg

オスプレイ不安クラブ - ■ 72年前のきょう 1945年3月25日 ■... | Facebook