読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

県の権限を無効にする国の圧政

2017年3月15日

国は名護漁協に大金掴ませて、漁業権を実質放棄させたつもり?!

いや、漁協に漁業権を放棄する権限はないはずだ。

知事頑張れ、次の手次の手を考えて!

法律もねじ曲げる、国の暴挙が赤裸々に。

日本は、民主国家でも法治国家でもない国にひた走っているようですね。

岩礁破砕不申請きょうにも伝達 国、辺野古新基地建設で

2017年3月15日 07:30 琉球新報

辺野古 辺野古新基地 辺野古新基地建設 岩礁破砕許可 漁業権

 政府は米軍普天間飛行場名護市辺野古への移設工事を巡り、3月末に期限を迎える知事権限の「岩礁破砕許可」を再申請しないと15日にも沖縄県に正式に伝える方針を固めた。

現場の漁業権を地元漁協が放棄すると決議したため許可は不要になったと主張し、更新手続きを取らず、4月以降も工事を続ける。

 移設阻止を目指す翁長雄志知事は再申請があっても応じない構えを示しており、こうした対抗策をかわす狙いがある。

県は「漁業権の変更(一部放棄)に必要な知事の免許が出ていない」と指摘。

現在も漁業権は存在し、岩礁破砕許可の申請は必要だと指摘している。

政府が工事を続けた場合は法的措置を検討する。

 3月末に期限を迎える現在の岩礁破砕許可は、辺野古移設を容認した仲井真弘多前知事が出した。

 防衛省関係者によると15日にも行う通知は破砕許可申請について「必要ない」とする防衛局側の見解に水産庁が同意していることを盛り込む見通し。

沖縄防衛局の職員を直接県庁に派遣して通知を提出する予定だという。

オスプレイ不安クラブ - ■ 県の権限を無効にする国の圧政 ■... | Facebook