読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

米軍基地に住む男…?

2017年3月12日

■ 米軍基地に住む男…? ■

先週もそうでした。米軍関係者によるタクシー代金未払い。

前回は米軍人だった。

オスプレイ不安クラブ - ■ 代金払えないないなら、タクシー乗るなよ!■ 軍人なんだからさ、体力あるよね。... | Facebook

今回は、「米軍基地に住む男」が容疑者とのこと。

この「米軍基地に住む男」は、運転手も殴っていることから強盗致傷の容疑で逮捕されている。

「米軍基地に住む男」とは、どういう立場の男なのか?

昨日のNHK沖縄は、「妻がアメリカ海兵隊の兵士」であると報じている。

http://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/5094647031.html?t=1489298982302

これまでは、米軍人の配偶者を「軍属」と呼んでいたが、なぜ今回の事件では「米軍基地に住む男」という表現なのか。

一般の米国人でも、米軍からの許可を得なければ自由に基地を出入りすることはできない。この容疑者は、一般の米国人ではないことは明らか。

今年1月の朝日新聞の報道によると、

『軍属と認定されるのは具体的に、米政府予算などで雇用される文民▽米軍が運航する船舶などの文民▽米軍に福利厚生サービスなどを提供する機関の被雇用者▽軍用銀行の被雇用者▽米軍が契約する企業の被雇用者――など計8項目。』とある。

www.asahi.com

今回の事件で容疑者が「軍属」ではなく「米軍基地に住む男」とか「妻がアメリカ海兵隊の兵士」という表現になっているのは、日米両政府は軍属の定義を見直したためのようだ。

米軍人の配偶者や子供が沖縄で事件・事故を起こしても「米軍」との繋がり、関係性を薄めようということなのか。

==========
沖縄タイムス 2017年3月12日 10:38

タクシー乗務員殴り1170円乗り逃げ 米軍基地に住む男逮捕 「殴ってない」と否認

沖縄署は11日、タクシー乗務員に暴行を加え、料金1170円を支払わずに逃げたとして、海兵隊員の夫でキャンプ瑞慶覧に住む米国籍の自称整備工の男(25)を強盗致傷の疑いで現行犯逮捕した。「殴っていない。強盗もしていない」と容疑を否認している。乗務員の男性(39)=金武町=は頭部打撲の軽傷。

 同署によると同日午前1時10分ごろ、容疑者は北谷町砂辺でタクシーに乗り、北谷1丁目の県道130号で降りる時に後部座席から乗務員の頭を1回殴り、逃げたという。

 目撃者から「タクシー運転手が殴られたようだ」との110番通報を受け、現場に駆け付けた警察官が車両から約300メートル離れた歩道をふらついて歩く同容疑者を職務質問し、現行犯逮捕した。呼気からは基準値の約3倍のアルコールが検知された。

www.okinawatimes.co.jp

米軍基地に住むが軍属ではなく「在日外国人アメリカ人」ということならば、他の在日外国人と同様に外国人登録をしなければならない。

SOFAでの入国であれば軍属だろう。

軍属でない在日外国人であるならば、こちらの手続きを早急にしなければならない。お早めにどうぞ。

www.moj.go.jp

オスプレイ不安クラブ - ■ 米軍基地に住む男…? ■ 先週もそうでした。米軍関係者によるタクシー代金未払い。... | Facebook