読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦争を肯定するために日本が捨てるもの

2017年2月19日

「平和への権利宣言」
「平和を享受する権利を有する」...

戦争を止めるためには、
軍事基地を増やさない事が必要だとは思いませんか?

沖縄県民は米軍基地で平和を享受する権利を侵害されていますが?

日本は反対なんですね?
日本国は国民の人権を放棄するわけですか?

米国の戦争行為を肯定するために。

日本の軍事化を進めるために?

怖いことです。
沖縄は、日本は、戦争に加担するのですね?


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

www.tokyo-np.co.jp
「平和に生きる権利」 日本、採決反対 
戦争を「人権侵害」と反対する根拠 国連総会で宣言
2017年2月19日 朝刊 東京新聞
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

平和に生きる権利をすべての人に認める「平和への権利宣言」が国連総会で採択された。
国家が関与する戦争や紛争に、個人が「人権侵害」と反対できる根拠となる宣言。

日本の非政府組織(NGO)も深く関与し、日本国憲法の理念も反映された。

NGOは宣言を具体化する国際条約をつくるよう各国に働きかけていく(清水俊介)

 日本のNGO「平和への権利国際キャンペーン・日本実行委員会」によると、きっかけは二〇〇三年のイラク戦争。多くの市民が巻き込まれたことをスペインのNGOが疑問視し
「平和に対する人権規定があれば戦争を止められたのでは」と動き始めた。

賛同が広がり、NGOも出席できる国連人権理事会での議論を経て、昨年十二月の国連総会で宣言を採択した。

 宣言は、すべての人が「平和を享受する権利を有する」と明記。宣言を実施するための「適切で持続可能な手段」を各国や国連に求めた。

国連が「平和への権利」を個人の人権として認めた意義は大きい。

国連総会では、米英などイラク戦争の有志連合の多くが反対。

日本も反対に回った。

日本外務省人権人道課の担当者は「理念は賛成だが、各国で意見が一致しておらず議論が熟していない」と説明する。

オスプレイ不安クラブ - ■ 戦争を肯定するために日本が捨てるもの■ 「平和への権利宣言」... | Facebook