読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京新聞、論説副主幹の謝罪がなければ意味がない

2017年2月3日

東京新聞、論説副主幹の謝罪がなければ意味がない ■

あの沖縄差別番組「ニュース女子」で司会を務めていた東京・中日新聞論説副主幹の長谷川幸洋氏。批判の高まりを受けて東京新聞は遅まきながら謝罪記事を掲載し、また今日の琉球新報でも一面で掲載された。

し・か・し、だ !!!

肝心の長谷川氏の言葉はひとつもなく、また謝罪の意思のない副主幹に関して、社としての処遇についての言及も一切ない。

長谷川氏の謝罪なくして謝罪記事など、なんの意味もない。

なぜ、当の問題を引き起こしている長谷川氏のコメントがないのか、また長谷川氏の見解をなぜ「社内に留め置く」としているのか。

そして、その当人の見解が公表されないまま「東京新聞の論説副主幹」を務め続けるなんてことが、一体あり得るのか (怒) (怒) (怒) !!!

東京新聞は社をあげて対応していただきたい !

================

BuzzFeed Newsは記事が掲載された2月2日、東京新聞に対し、下記3点の質問を送付した。

1.番組に出ていた長谷川幸洋副主幹のコメントがないのはなぜか
2.記事の掲載にあたり、長谷川副主幹に事情を聞いたのか
3.していないなら、その理由。したのなら、その経緯

その上で、長谷川副主幹へのインタビュー取材も依頼した。2月3日、改めて電話をしたところ、深田論説主幹が対応した。前日の質問事項は、深田氏の元まで届いていなかったという。

やりとりは、以下の通り。

ーー長谷川氏へのヒアリングはしたのか
「ヒアリングはしました」

ーー経緯や内容などについて伺うことができないか
「社内に留め置きたいと考えている。弊社の見解は昨日の紙面の通りです」

ーーなぜコメントがないのか、読者が望んでいるのでは
「あなたの想像の質問に答えられない。記事の通りということです」

ーー長谷川副主幹の取材依頼には応じられるのか
「応じられない」

www.buzzfeed.com

オスプレイ不安クラブ - ■ 東京新聞、論説副主幹の謝罪がなければ意味がない ■... | Facebook