読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ普天間基地の辺野古移設に反対するのか

戦後問題 / 軍事植民地 普天間基地移設問題 沖縄戦の記憶 辺野古・新基地建設

2017年1月27日

■ なぜ普天間基地辺野古移設に反対するのか ■
ー軍基地を増やしてはいけない!ー

『今進んでいる辺野古新基地建設。基地というのは戦争を前提にしているんですよ。日米両政府は日本を守るという大義名分で沖縄にまた基地を押しつけようとしている。

 戦争になったら沖縄戦と同じことになるのは目に見えています。戦前は大東亜共栄圏とか東洋平和のためにとか言っていました。そして今、安倍首相は『積極的平和主義』とか同じことを言っている。物事を戦争という手段で解決しようというのでは、平和も安全も命も守ることはできません。どんな大義名分を立てようと、そういう手段を選んでいくのでは平和も安全も命も吹っ飛んでいく。これは避けられない。

 日本国憲法は、あれだけ悲惨極まりない、本当に無謀極まりない行為と結果への反省の上に打ち立てられたものです。政府の行為によって戦争の惨禍を引き起こすことがないようにすることを決意してのものです。そして、これからの世の中は武器に頼ることなしに、友情とお互いの信頼に基づいて平和の方向に導いていくんだと。そのために憲法9条があるんです。

 だから、戦争につながる基地に反対するんです』

news.infoseek.co.jp

オスプレイ不安クラブ - ■ なぜ普天間基地辺野古移設に反対するのか ■... | Facebook