読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アッキーの祈り

2016年12月6日

偽善。

『「まずはこの写真をご覧ください。海辺に建てられる、15メートルもの巨大な壁。確かに私たちは、東日本大震災津波のとてつもない破壊力を目の当たりにしました。しかしながら、それを防ぐためという名目で、このように巨大な壁が建設され、美しい海が破壊されるのかと思うと、私は悲しくなるのです」

そう話しながら、安倍昭恵・首相夫人が一枚の写真を見せると、会場に集まった100人近い聴衆からは、驚きとも悲鳴ともとれる声が上がった。

8月22日、ハワイ・ホノルルで開かれた「日米国際海洋環境シンポジウム」。海洋汚染や過剰漁獲など、海に関する諸問題を日米双方で確認し、その解決方法について協議するこの会議で、日本の代表を務めたのが、安倍昭恵・首相夫人だ。』

これは『「美しい海を、守って」安倍昭恵夫人・祈りのスピーチ』という現代ビジネスの記事の冒頭部分。

一瞬、辺野古新基地のことを語っているのかとまがう・・・。

『海辺に建てられる、15メートルもの巨大な壁』の写真を見た聴衆が、『驚きとも悲鳴ともとれる声』を上げたのは、東北に建設される防潮堤の写真だった・・・。

昭恵夫人のスピーチを聴いた聴衆は、その夫、安倍晋三が沖縄で推し進める辺野古新基地の完成図を見たら、どう反応するだろうか。

サンゴの森である辺野古大浦湾にコンクリートの壁を10メートルも重ねあげ、巨大な軍港と滑走路を作りあげる。

『驚きとも悲鳴ともとれる声』以上の反応をしてくれるだろうか。

しかも命を守るための壁ではない。戦争のための米軍基地だというのに。

この記事によると、シンポジウムの終盤で昭恵夫人は『「東北地方の防潮堤の問題だけでなく、日本ではほかにも海の自然に関する問題を抱えています。たとえば沖縄には、新たな基地を建設するかどうかで、自然保護の観点からも大変な議論が起こっています。政治的にも非常に繊細な問題なのですが、それについてもう一度考えてみるためにも、こうした会議を沖縄で開催するというのも、ひとつの案かもしれません」と話していた。』そうだ。

ぜひ、そうしてくれ。
夫の安倍晋三と共に参加し、聴衆の反応を見てくれ。

こんな「祈り」のスピーチをする限りは、それが偽善パフォーマンスに終わらないように、だ。

gendai.ismedia.jp

オスプレイ不安クラブ - 偽善。... | Facebook

広告を非表示にする