『沖縄米軍基地問題検証プロジェクト』No. 1

2016年4月10日

辺野古は巨大な「新基地建設」だ !!!
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
沖縄米軍基地問題検証プロジェクト
▶ Q1-1: 辺野古基地は、普天間の代替施設であり、「新基地建設」ではない ???
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

A: 名護市辺野古の米海兵隊キャンプ・シュワブ陸上と、そこから突き出した埋め立て地に建設予定の、普天間航空基地の代替施設は、

① 滑走路を2本持つ
② 海軍強襲揚陸艦ヘリ空母)を横付け出来る岸壁を持つ
③ 弾薬搭載エリアを持つ

等、普天間には無い機能を持った全く別な基地です。

そもそも、④ 普天間閉鎖・返還が合意された直後に、米軍との交渉に当たった元国土事務次官下河辺淳氏は、米軍の最初の代替設要求は、シュワブ陸上に長さ30m〜50mのヘリコプター着地帯だけだったと証言しています。

だから、辺野古現行案は普天間の代替施設ではなく、新基地建設なのです。

海兵隊普天間移設に便乗して、新たな基地を造らせようとしているのです。

佐藤学氏)

-------------------
「沖縄米軍基地問題検証プロジェクト」から
http://okidemaproject.blogspot.jp/
-------------------

① V字型滑走路は何のため?
http://blog.goo.ne.jp/e-hori/e/2316c87de3038d3e27605266a0f1e070
政府は当初二本の滑走路をV字形にすることで、着陸には西側海上から陸側の滑走路に進入し、離陸には海側の滑走路から東側海上方向に飛ぶのでヘリも固定翼機も住宅上空を飛ぶことはいっさいないと地元に説明してきたが、米軍が滑走路二本の双方向に進入灯を設置するよう求めていることがわかりウソがばれた。

② 海軍強襲揚陸艦 ボノム・リシャールの配備計画?
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=528594603996252&id=506639596191753

普天間にはない弾薬搭載エリア

④ 移設経緯
http://ryukyushimpo.jp/news/prentry-152447.html
1996 - SAC0 小さく撤去可能海上ヘリポート案。
1998 - 大田昌秀知事、受入拒否。
1999 - 稲嶺恵一知事、受入表明。県は軍民共用・15年使用期限を要請。
2005 - 1600m 滑走路1本のL字案で合意。
2006 - 名護市(島袋吉和市長) の強い要請で V字案に変更。

まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2145690847743342401

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
次項へ ▶ Question No. 2
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=526284857560560&id=506639596191753
普天間基地は空き地だったのか ? とんでもない ! ! !

f:id:ospreyfuanclub:20161015220959j:plain

blog.goo.ne.jp

オスプレイ不安クラブ - タイムライン | Facebook