「さんしんの日」の舞い

2016年3月5日

あまりに美し過ぎて泣く(T_T)・・・ほんものの島唄

----------

辺野古。怒号がとびかい、機動隊が排除する。それでもサンシンの響きはやまない。どうか最後まで見てください。

この島の唄をきいてください。

長い歴史の中で、たとえどんな圧政のもとにおかれ、戦争のおびただしい死と悲しみにあふれようと、この土地にサンシンの音が揺るぐことなく、人の唄がたえることはなかった … 。

ひとびとの祈りが大地にしみこんでいるから、この島には。

だからこの島の踊りは、その大地から力をうけ、足元から指先にまで、ひとつも、ぶれることがない。

なにも知らず東京からきた制服の若者たちよ。君たちの心にも届いたはずだ。力強い、この島の唄。戦争ではなく、命をえらぶという決意が。

さんしんの日。三月四日の今日、安倍総理辺野古の工事を中断させるという。

でも、私たちはみんな知っている。これがいつもの権力側の小手先戦略、ごまかしの選挙対策で、次の強硬策の下準備だと言うことを。

だけど怯まないよ。

この島の唄をきいてください。

この島の声を。

www.facebook.com

 

オスプレイ不安クラブ - タイムライン | Facebook