読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖マタイ保育園での不発弾爆発事故

2016年8月29日

不発弾 その2

不発弾とは、
米軍が撃ち込んだものだけではなく、
日本軍が持ち込み捨てたものもある。

1974年(昭和49年)聖マタイ幼稚園そばで行われていた水道工事の現場で、旧日本軍が使用していた機雷(不発弾)に重機が触れて爆発した。

幼稚園ではその時、ひな祭りの行事を行っていた。戦後を生まれたはずの園児たちにとって、突然おこった戦災。

あの鉄の雨と言われた沖縄戦、沖縄に撃ち込まれた砲弾は20万トン。そのうちの5%が不発弾として残された。

また、旧日本軍が残した不発弾は数さえも把握できていない。

およそ1万トンの不発弾を復帰前から現在に至るまで処理が続けられ、今なお2300トン以上の不発弾が残されている。

沖縄本島全ての不発弾を処理するまでには少なくともあと60年かかる。

⬜️ ⬜️ ⬜️ ⬜️ ⬜️ ⬜️

不発弾 ①
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=577254195796959&id=506639596191753

 

ryukyushimpo.jp

オスプレイ不安クラブ - タイムライン | Facebook