レイプ犯はほんとうにモンスターなのか

2016年5月24日

うりずんの雨・・・

その日も大雨だった。そして人びとのおびただしい涙が流された。71年前も、そして71年たった現在も。

昨年公開のユンカーマン監督の大作『うりずんの雨』をまだ見ていない人のために。

もう一度考えてみよう。レイプ犯はほんとうにモンスターなのか。

モンスターならまだいい。モンスターではないから問題が深刻なのだ、とユンカーマン氏は語る。

アメリカの元憲兵の「レイプというのは (沖縄では) しょっちゅうおこってきたことで、たいしたことと思われてなかった」という言葉が、私たちの心をさしつらぬく。

そう、これは基地があるゆえの構造的な問題でもあるのだ。

1995年、12歳の少女が三人の米兵に暴行殺害された、そのレイプ犯へのインタビューもおりまぜながら、戦後71年の歴史とフェンスで分断された島を記録した。

ぜひ、リンクを保存して、ゆっくりとご覧くださいませ。

BS-TBS 週刊報道 LIFE - 映画「沖縄 うりずんの雨」ジャン・ユンカーマン監督に聞く沖縄の“終わらない戦争”

また現在アメリカ上映の為のクラウドファンディングも行われています。
http://eiga.com/news/20160419/3/

----

youtu.be

オスプレイ不安クラブ - 时间线 | Facebook