沖縄の『やまない雨』/ 沖縄県民の『涙の雨』

2016年5月21日

71年前のきょう、沖縄では大雨が降り続いた。

そして今日も、沖縄では大雨が降り続いた。涙の雨。うちなぁ中の涙だ。

毎日、琉球新報で掲載される4コマ漫画「がじゅまるファミリー」。今日は、そこでも雨がやまない。

沖縄では、71年前から涙の雨がやまない。流す涙の原因は、71年前も今日も、全く一緒で変わらない。

米軍の駐留も、それに起因する事件や事故も、米軍関係者による犯罪も、そしてなにより、日本という国が沖縄という小さな島々に突きつける理不尽な要求も。71年前…いや、そのもっと、もっと前から続き、きょうも同じ。全く一緒で変わらない。

4コマ漫画の横では、「うるま市長が涙の抗議」。島袋俊夫うるま市長は、沖縄の政界では保守系で米軍駐留を容認している政治家のひとりだ。

島袋市長、その流した涙を忘れるな。これを機会に、あなたが容認する在沖米軍基地の問題を真剣に考えて欲しい。

----------------------------------------
琉球新報】<うるま市長、涙の抗議 沖縄大使に「町の安心は国の務め」米軍属事件>
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-283079.html

f:id:ospreyfuanclub:20161027000020j:plain

オスプレイ不安クラブ - タイムライン | Facebook