『沖縄米軍基地問題検証プロジェクト』No. 16

2016年5月6日

沖縄防衛は自衛隊の任務という取決め、しかも !
在沖海兵隊の実戦部隊はグアムに移転 !!!
=========================
「沖縄米軍基地問題検証プロジェクト」 No. 16
▶ Q 3-1: (普天間) 基地をなくしてどうやって沖縄を守れるのか。基地をなくす方が人権問題である。???
=========================

普天間飛行場は沖縄の基地面積のわずか2%でしかありません。普天間を使う海兵隊がいなくなっても、極東最大といわれる嘉手納飛行場が残ります。嘉手納基地だけでも米軍プレゼンスは十分です。

そもそも沖縄の防衛義務は自衛隊が担っています。1970年、日米が交わした「日本国による沖縄局地防衛責務の引き受けに関する取極」、いわゆる久保・カーチス協定でそう規定しています。

陸自、空自ともミサイル防衛部隊を沖縄に配置し、不審機へのスクランブルも航空自衛隊の任務です。尖閣諸島の防衛も一義的には日本側の責務とされています。

沖縄の海兵隊は海軍の船でアジア太平洋地域を巡回し、留守が多いのです。

在沖海兵隊の主要任務は沖縄の防衛ではありません。

-------------
「沖縄米軍基地問題検証プロジェクト」から
http://okidemaproject.blogspot.jp/

-------------
資料① 「日本国による沖縄局地防衛責務の引き受けに関する取極」(1970) で日本復帰後の沖縄の防衛を自衛隊が引き継ぎ、沖縄に自衛隊を配備する取決め。(see. pdf. 11- 4 )
http://www.pref.okinawa.jp/site/chijiko/kichitai/okinawanobeigunnkiti2503.html

資料② 沖縄の米海兵隊はほとんどが訓練部隊 - 実働部隊は 500-800 人とも。日本の思いやり予算と沖縄の土地に依存する訓練部隊。
http://diamond.jp/articles/-/62764

資料③【動画 - 渾身の古館報道ステーション 2016/3/28 】沖縄の米国海兵隊のうち実戦部隊のほとんどがグアム移転に決定。
http://www.dailymotion.com/video/x40io3h

資料④ 2017年度予算案に在沖米海兵隊グアム移転費として、日本が1億6470万ドル(約185億円)を提供 ( ゚Д゚)。
https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=1538188

=========================
前項へ ▶ Question No. 15
沖縄の海兵隊は抑止力となるのか、抑止力のメカニズム。
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=533989453456767&id=506639596191753

次項へ ▶ Question No. 17
日米同盟って何? 思いやり予算って何?
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=535283876660658&id=506639596191753
=========================

 

www.dailymotion.com

オスプレイ不安クラブ - タイムライン | Facebook