読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名護市民ら680人の埋め立て承認取り消し訴訟

2017年2月9日 ■ 名護市民ら680人の埋め立て承認取り消し訴訟 ■ 訴訟中なのに工事は進められている。 いったい日本の司法に正義はあるのか。 □ □ □ □ □ □ □ □ □ 2017/02/09 11:51 RBC埋め立て承認取り消し求める訴訟 裁判長ら現地視察□ □ □ □ □ □ □ □ □ 普天…

大きな岩を

2016年12月27日 ■ 大きな岩を ■ 避けるか?壊すか?乗り越えるか? 今は避け、次は壊し、そして乗り越える。 イバラを払い除けながら、迷い見渡しながらそれでも前へ前へと歩く。皆の先頭で、身を傷つけながら歩くものを応援こそすれ批判などできようか? 思…

日本の司法が死んだ日

2016年12月20日 ■ 日本の司法が死んだ日 ■ また、沖縄が捨て石となった。『日本、死ね。』 ryukyushimpo.jp オスプレイ不安クラブ - ■ 日本の司法が死んだ日 ■ また、沖縄が捨て石となった。『日本、死ね。』 | Facebook

沖縄は馬鹿にされている ②

2016年12月13日 ■ 沖縄は馬鹿にされている ② ■ 口頭弁論も一切おこなわず、ここまで最高裁の歴史に汚点を残した辺野古裁判。 これが本土の裁判官の見方だ。 『全国に届かなかった沖縄世論』大塚一郎氏(82)代理署名訴訟時の高裁裁判長より ▶ ① 「辺野古違法…

沖縄は馬鹿にされている

2016年12月13日 ■ 沖縄は馬鹿にされている ■ 昨夜から今朝にかけて、「沖縄をばかにしている」と感じた沖縄県民や日本各地の方々は多くいるだろう。 なぜ、これほどまでに失望感や言葉にできないような屈辱感を抱くのだろうか。 「最初から最高裁には期待し…

また沖縄が捨て石になった。日本、死ね。

2016年12月12日 『また沖縄が捨て石になった。日本、死ね。』 また沖縄が犠牲になる。 日本国民の「安全保障」のために。 米国の「軍事覇権」のために。 2016年12月20日は、新たな『屈辱の日』として沖縄の歴史に刻まれる。 日本国民の中に、少数を犠牲にす…

沖縄県敗訴に読売が「違法が認定された」

2016年9月19日 オイオイオイオイ、( ゚Д゚) 「翁長知事の違法が認定された」 ??? 読売ワロタ、メディアとして終わってるな。。。。 オスプレイ不安クラブ - タイムライン | Facebook

沖縄県敗訴、日本の司法は死んでいる

2016年9月18日 日本の司法は死んでいる。 昨日、福岡高裁那覇支部で言い渡された判決は、政府の主張をそのまま読み上げたもの。 沖縄も日本の一部であるならば、こういう判決は、日本のどの都道府県でも起こり得るということ。 でも、もし沖縄だけが特別、そ…

辺野古 違法確認訴訟で沖縄県敗訴

2016年9月16日 【速報】県側敗訴だと (怒)(怒)(怒)(怒)(怒)(怒) 争点をごまかし、審議を二回しかしていない出来レース。こんな判決を判決とは呼ばない !!! ryukyushimpo.jp 【速報】「県が敗訴 辺野古違法確認訴訟 初の司法判断」 ryukyushimpo.jp オスプレ…

民主主義の根幹が問われている裁判

2016年8月6日 「地方自治の根幹、ひいては民主主義の根幹が問われている裁判でもある」「自国の政府に、ここまで一方的に虐げられる地域が沖縄県以外にあるでしょうか」と、辺野古への新基地建設を強行しようとする国の姿勢を批判した。 違法確認訴訟第1回…

辺野古埋め立て、政府が新たな訴訟を検討

2016年6月29日 協議をしようとする沖縄押しつけようとする国どちらがマトモか?選挙で気がそれてる間になんてことを! 委員会は17日、適法か違法かの判断をしないことを決定。これを受け、県は「国と協議を続ける」として提訴しない方針を示し、和解条項に…

ほんとうの島の唄

2016年3月19日 それでもサンシンは音はとだえないよ (T_T) 。 ほんとうの島の唄を聞いてください。 ともに泣き、ともに喜んでください。 2016年、サンシンの日の 辺野古の「かぎやで風」祝いの唄を。 ------------------------------------三上智恵の沖縄撮…

日本政府、沖縄県と和解するも、司法介入??

2016年3月13日 じゃあ今回は和解して、次回は勝てるんだね?そんな汚いやり取り!(怒) 辺野古和解の舞台裏で安倍政権が司法介入していたと書いた日経 | www.nikkei.com (以下、日経の記事内容) 沖縄県の米軍普天間基地(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡る…

辺野古訴訟・本当に「和解」か?

2016年3月8日 「和解」から、その舌の根も乾かぬうちに是正指示をだしてくる。 へらへらと笑いを浮かべて降参し、一旦ゴングが鳴った後に、いきなり腕をふりまわす、そんな、あきれかえるばかりの幼児性を露呈する安倍政権。 今回の「和解」ですらが、次の強…