沖縄戦の記憶

戦後はまだ終わってない

2017年3月30日 ■ 戦後はまだ終わってない ■ やっと、戦没者の身元特定のDNA鑑定に、手足の骨が使えるようになった。 がまの中で、森の中で、地中に、納骨堂に、沖縄のあちこちで、待ってるんだよ。 南方の島々にも。 遅すぎる、何故こんなにほっておいたんだ…

72年前のきょう 1945年3月30日 「激化する空と海からの攻撃」

2017年3月30日 何度でも言う。米軍は、沖縄の島々に上陸する前に、空爆と艦砲射撃をした。 日本軍の陣地や武器を破壊するため、空から、海から、爆弾を大量に降りそそいだ。 敵国に乗り込むのだから、命がけだ。だからといって、「いきなり」乗り込むような…

72年前のきょう 1945年 3月29日 「慶良間の小型海軍基地」

2017年3月29日 ネトウヨは、敵が「いきなり」離島に上陸してくると考える。 でも、実際は違う。 沖縄戦で米軍は、空爆、艦砲射撃してから上陸した。 上陸したら、自分たちで食糧や必需品を調達しないといけない。もちろん、日本軍の陣地から盗むことなどでき…

72年前のきょう 1945年3月28日 「慶良間での集団自決」

2017年3月28日 洗脳って、おそろしい。 72年前の日本国民は、天皇を『神』として敬い、天皇の国である『皇国』の大日本帝国のために死ぬことは、名誉なことだと教えられていた。「軍官民共生共死」であると叩き込まれて疑わなかった。 そんな大日本帝国は、…

72年前のきょう 1945年3月27日『米軍、慶良間列島を次々と制圧』

2017年3月27日 72年前のきょう、米軍は慶良間で一番大きな島、渡嘉敷島に上陸した。沖縄本島は、もう目と鼻の先。 72年前の昨日、米軍が慶良間列島に上陸してきた。そこにいた日本軍の部隊は、慶良間の住民を守るために配置されていたのではない。彼らの任務…

72年前のきょう 1945年3月26日 『米軍、慶良間列島に上陸』

2017年3月26日 72年前のきょう、米軍は慶良間列島に上陸しました。 米軍は圧倒的な兵数で、大量の物資を持って沖縄戦に挑んだのです。どこかの平和ボケしたハッピーなカルト集団が作った動画を観たネトウヨが考える「離島上陸」ではなかったのです。 72年前…

72年前のきょう 1945年3月25日/ 言葉で本質を誤魔化す

2017年3月25日 ■ 72年前のきょう 1945年3月25日 ■ いつの時代も権力を持つ者たちは、言葉遊びする。 『戦闘』と『紛争』は違うとか言って、本質を誤魔化す。 72年前もそうだった。敵に投降せずに自らの命を絶つことを『玉砕』と言ってみたり。 慶良間に配置…

72年前のきょう/ 1945年3月24日 / 米軍、空爆に加えて艦砲射撃も開始

2017年3月24日 72年前の昨日、米軍は沖縄上陸前の空爆を開始。空爆は、これから連日続くことになる。 72年前のきょうからは、米軍は艦砲射撃も開始した。空爆も艦砲射撃も、朝から晩までひっきりなしに続いた。 想像してみて下さい。 海上に浮かぶ幾隻もの戦…

オスプレイ不安クラブ 〜 沖縄戦シリーズ〜 72年前のきょう

2017年3月23日 今日から、オスプレイ不安クラブ・プリゼンツ・72年前のきょう、沖縄戦シリーズが始まります。 72年前のきょう、1945年3月23日、沖縄の全域では早朝から米軍の艦載機による空襲が一日中続いていました。 本日、国会では、戦前・戦中に教育現…

日本国における「南西諸島の防衛」という意味

2017年3月22日 ■ 日本国における「南西諸島の防衛」という意味 ■ 73年前のきょう、1944年3月22日、大本営は第32軍(沖縄守備軍)を創設した。 その1年後の1945年3月23日、今から72年前の明日、米軍は、沖縄上陸前の爆撃を沖縄全域で開始、その数日後に米軍は、…

戦争の記憶伝え 戦争を起こさない国に

2017年3月20日 ■ 戦争の記憶伝え 戦争を起こさない国に ■ 『「対馬丸」が撃沈された事件については緘口令が布かれたが、疎開先から来るはずの手紙がない事などから、たちまち皆の知るところとなった。このため一時は疎開に対する反発などがあったが、1944年…

集団自決の前夜

2017年3月16日 「ニュース女子第二弾」のなかで、話題に出てましたね「集団自決」について。 まるで、集団自決は無かったのに沖縄の新聞が圧力でもってでっち上げたのだとでも言いたげな軽いトーク。 その軽さに、沖縄県民として憤りを感じます。 集団自決は…

学徒隊合同石碑 「全学徒隊の碑」

2017年3月14日 ■ 学徒隊合同石碑 「全学徒隊の碑」■ 学徒隊と言えばひめゆり部隊が有名だろう。 しかし戦時中、ひめゆり部隊以外にも県内あらゆる旧中学校生、21校 2000人が学徒隊として動員された沖縄戦。 「学徒隊を忘れないで」との思い。 もう二度と学徒…

ブルーシールに見る、アメリカンテイストの幻想

2017年3月4日 ■ ブルーシールに見る、アメリカンテイストの幻想■ 米軍統治下で、米軍の牛乳供給工場として始まったブルーシール。 そもそもはアメリカの会社だった。 明るく陽気で文化的なアメリカを気楽に感じられる、アメリカンテイスト?!アメリカ統治下…

「ハクソー・リッジ (Hacksaw Ridge)」 前田高知の戦い アメリカ目線の沖縄戦

2017年2月28日 メル・ギブソンが監督として撮影した沖縄戦映画。 昨日行われた第89回アカデミー賞では、アカデミー編集賞を受賞した。 予告編 m.youtube.com メイキング m.youtube.com ▷あらすじ 第二次大戦に沖縄戦に参加したエドモンド・ドス(Desmond T. …

戦争の記憶と、人々の「無知」「無意識」

沖縄ヘイトとデマは近年ますます強まっているように感じる。 沖縄戦・・・。 知らないのか、知ろうとしないのか、知りたくないのか。おそらくはそのすべてなのだろう。 「1977年から2009年にかけて総務省が作成した『全国戦災史実調査報告書』で本土では行わ…

防衛という名の戦争加担

2017年2月12日 ■ 防衛という名の戦争加担 ■ 戦争体験者の声から学びはないのか。 軍事基地は何のためにあるのか。 戦争の準備、軍靴の音が聞こえる。実弾演習の不気味な破裂音。 戦闘は人を悪にかえる。 米軍基地がある限り米国の戦争に加担しているのだ。 …

若い世代に収集してもらったら、御霊も喜ぶことだろう

2017年2月11日 ■ 若い世代に収集してもらったら、御霊も喜ぶことだろう ■ 見て聞いて触れて匂いを嗅いで戦争の悲惨な記憶を、体で受け止めて欲しい。これからの日本を担う大学生たち。遺骨収集、ありがとうございます。ーーーーーーーーーーーーーーーーーー…

ニュースをウチナーグチで聞いてみよう!

2017年2月10日 ■ ニュースをウチナーグチで聞いてみよう! ■ "平和の礎に刻銘された名前が彫られたお守りが見つかる" ニュース文の最後の『プレイ』で、文と同じ内容のウチナーグチでのニュースが聞けます。 どうかこのお守りの刻印で、遺骨がご遺族のもとに…

まだ終わらない戦後

2017年2月1日 ■ まだ終わらない戦後 ■ 八重瀬の壕から全身骨 日本兵か、 発見者「遺族へ返したい」 2017年2月1日(水) 琉球新報より 完全な状態で収集された遺骨と「遺骨を遺族に返してあげたい」と語る沖縄鍾乳洞協会の松永光雄理事=1月20日、八重瀬町安…

「戦争がない平和な島を」 ~阿波根昌鴻さんが生きた伊江島

2017年1月31日 ■「戦争がない平和な島を」~阿波根昌鴻さんが生きた伊江島 ■ Wikipediaより 阿波根 昌鴻(あはごん しょうこう) 1901年3月3日 - 2002年3月21日)は、日本の平和運動家。戦後の沖縄県で米軍強制土地接収に反対する反基地運動を主導した。 略歴…

沖縄戦の遺族が遺骨発見現場を初来訪

2017年1月29日 RBC ニュース2017/01/27 放送 ■ 沖縄戦の遺族が遺骨発見現場を初来訪 ■ 今は何気ない生活の場となっている、そんな場所にも遺骨は眠っているんだ。DNA鑑定出来れば、家族のところに帰せる。国は戦死者の骸に敬意を持つどころか、何も調べぬま…

沖縄の召集された少年兵、護郷隊の真実

2017年1月29日 ■ 沖縄の召集された少年兵、護郷隊の真実 ■ 軍は言葉を変え、法をねじ伏せ、真実を歪めた。 それは軍が言うような「志願」なんかではなかった。何もわからないまま集められた少年たちは、親元や学校から引き離され、武器を渡され、任務を命じ…

なぜ普天間基地の辺野古移設に反対するのか

2017年1月27日 ■ なぜ普天間基地の辺野古移設に反対するのか ■ ー軍基地を増やしてはいけない!ー 『今進んでいる辺野古新基地建設。基地というのは戦争を前提にしているんですよ。日米両政府は日本を守るという大義名分で沖縄にまた基地を押しつけようとし…

魂魄の塔

2017年1月26日 ■ 魂魄の塔 ■ 以前、本土のネトウヨが『まだ骨があるのか?沖縄県民は怠け者だな、骨があるのに掘りもしない』と書きこんだ。 何にも知らないくせに。 わからんだろうね。今でも家建てる時は、不発弾探査やって、不発弾出ないか、遺骨が出ない…

ガマフヤー、国の遺骨収集事業を問う

2017年1月26日 ■ ガマフヤー、国の遺骨収集事業を問う ■ ガマフヤーはなぜ国の遺骨収集事業を問うているのか。 まず手に取って読んでみてください。『ぼくが遺骨を掘る人「ガマフヤー」になったわけ。』 遺骨とむきあうとは、どういうことなのか、具志堅隆松…

戦場で姫百合乙女は歌い励ましあった

2017年1月20日 ■ 戦場で姫百合乙女は歌い励ましあった ■ 艦砲射撃に消えた卒業式。 「先生に頼んで卒業式に『相思樹の歌』を歌うことになった。みんな校歌と同じように歌い、下級生もしっかり歌えるようになった」 「72年前、3月25日の卒業式前の23日…

沖縄戦全記録

2017年1月13日 沖縄戦全記録 2015年6月14日に放送された、NHKスペシャル「沖縄戦 全記録」を紹介します ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 70年経った今も続々と見つかる物言わぬ遺骨。太平洋戦争中、地上戦としては最大の民間人犠牲者を数えた「沖縄戦」。 なぜ、9万人超も…

米軍の沖縄占領とキリスト教

2017年1月12日 ■ 米軍の沖縄占領とキリスト教 ■ 現在に至る 米軍の 「宣撫工作」 せめぎ合う沖縄のキリスト教徒 「第二次世界大戦中、沖縄の諸教会は沖縄戦を前に事実上消滅していた。戦局悪化で日本出身牧師の大半と沖縄人牧師は信徒と教会を置き去りにして…

沖縄戦PTSD

2017年1月12日 ■ 沖縄戦PTSD ■ 「 ひょんなことで病を得て沖縄に移住したのは2004年のことだった。その数年後、那覇市の病院で外来診療をしていた時に、「奇妙な不眠」を訴える何人かの患者さんに出会った。 晩年になってから夜中に断続的に目が覚め…

1964年に負けるな!

2017年1月10日 ■ 1964年に負けるな! ■ テレビで、「1964年に負けるな!」と、東京オリンピック当時の映像が流れる。それを見ていつも感じる違和感。沖縄はその頃まだ、米軍占領下でした。内地はその頃からそんなに平和な世だったのですね。違和感は確信にな…

母娘の成人式

2017年1月9日 ■ 母娘の成人式 ■ 日本の各地では、新成人らが晴れやかな衣装をまとい、大人としての新たな門出を祝っている。 それぞれの家庭で、それぞれの祝い方があるのだろう。 先ほど、友人の家で各地の成人式の様子を報じるニュース報道を見ていたとき…

歴史教科書に「集団自決」が10年ぶりに記述される

2016年12月4日 ■ 歴史教科書に「集団自決」が10年ぶりに記述される ■ "History" という言葉の語源は、ギリシア語の "historia" 「探求することで得たもの」すなわち「英知」からきている。 歴史に学ぶ者こそが賢人であるというギリシアの英知の通り、人が何…

若い世代に言っておきたいことはありますか?

2016年12月1日 ■若い世代に言っておきたいことはありますか?■ 「世の中がただならぬ状況に置かれている、そういうときにあるだけに、黙っておってはいかんよ。 立ちあがらないということは、我慢するということでしかない。 我慢したらどうなっていくかが問…

石垣市で英国製の不発弾が発見される

2016年11月7日 英国製250キロ不発弾。石垣島の町の中で、ゾゾゾー! ryukyushimpo.jp オスプレイ不安クラブ - 时间线 | Facebook

戦争の記憶

2016年10月23日 ■ [本文より]復帰前の1970年に、NHKが沖縄県民に行った大規模な世論調査がある。「復帰後の沖縄の米軍基地をどうしたらよいか」という問いに「今までどおりでよい」、「もっと強化すべき」を合わせた『維持,強化』は14%。「即時全面撤去」…

車窓から「10・10空襲」を学ぶ

2016年10月10日 戦争の記憶を絶やすな! 沖縄都市モノレールの取り組みに拍手を送りたい。 ryukyushimpo.jp オスプレイ不安クラブ - タイムライン | Facebook

朝鮮人戦没者を平和の礎に

2016年10月6日 彼らは、確かに沖縄にいた。沖縄に連れてこられて、悲惨な最期を遂げた。公的文書で証明できないから刻銘されなかったなんて、おかしい。彼らが、沖縄にいたことを証言する人たちがいるのに。1日も早く刻銘されて欲しい。 www.okinawatimes.co…

強制集団死を生き延びた男性

2016年9月30日 島が戦場になるとはどういうことなのか。 同じ過ちを我々が繰り返さないという確証はあるか。 米軍上陸直前に、日本軍は、朝鮮人軍夫 600人と若干の海上挺身隊だけを島に残して沖縄本島に動いた。 少なくとも軍の内情がみえていたはずの海上挺…

元ジュリの手記・従軍慰安婦などについての証言

2016年9月25日 ■■■ 元ジュリが手記で従軍慰安婦の事など証言 ■■■ ジュリ(尾類)とは、沖縄における舞子・芸者のような存在。 高い技芸の教養を身に付け、写真にもあるような二十日正月の「ジュリ馬行列」は、3,000人のジュリが美しい衣装と踊りを披露する盛…

アメリカ統治下沖縄の医療保険制度

2016年8月30日 アメリカ統治下沖縄の医療保険制度 無保険で高額な医療 病院に行かず悪化することが多かった。 よく「沖縄はアメリカ統治で、アメリカの優れた医療が導入され、日本本土より水準が高かった」という話を聞く。 しかし残念ながらその話は、アメ…

聖マタイ保育園での不発弾爆発事故

2016年8月29日 不発弾 その2 不発弾とは、米軍が撃ち込んだものだけではなく、日本軍が持ち込み捨てたものもある。 1974年(昭和49年)聖マタイ幼稚園そばで行われていた水道工事の現場で、旧日本軍が使用していた機雷(不発弾)に重機が触れて爆発した。 幼稚…

沖縄に、まだまだ埋る不発弾

2016年8月28日 不発弾 その1 毎月、いや毎週どこかで不発弾処理がある。家を建てる時は、不発弾探査がまず必要です。原野を畑にする時も、古い木造住宅を建て替える時も、学校を建て替える時も、下水道を引く時も必ず不発弾探査、処理が必要です。不発弾処理…

ボリビア移民政策は米軍が仕組んだもの⁉︎

2016年8月25日 戦後の沖縄のボリビア移民政策は、米軍が仕組んだものだった!? ① 戦中は10万の日本軍を投入するために、日本政府は10万の子供や民間人を半ば強制的に本土に疎開させる。 ② そうして戦後すぐマッカーサーは本土復帰を焦るあまり、邪魔となる…

NHKスペシャル「村人は満州へ送られた 〜国策 71年目の真実〜」

2016年8月23日 沖縄からも満州に行った方、どうにか帰ってこれた方々がいます。お盆で親戚(60代)から聞いた話。その親戚の友人(60代)の父親(90代)がなくなる寸前に、「満州から引き上げる時子供を置いてきた。戦後にお前ができたけど、ずっと言えなかった。…

疎開船「対馬丸」の悲劇から72年

2016年8月22日 いつの時代も戦争は見境なく子どもたちを殺す。 72年前の今日、対馬丸が米軍の魚雷攻撃で爆破され暗い海にのみこまれた。1484人の命を道ずれにして。 日本政府はすぐさま緘口令をひいた。いのちよりも政府の政策の方を優先させた。メデ…

NHKスペシャル「沖縄 空白の1年 ~“基地の島”はこうして生まれた~」動画

2016年8月21日 「アメリカ軍による沖縄の占領に日本人は反対しない。なぜなら沖縄人は日本人ではないのだから。」 これは、マッカーサーが本国へ送った打電。NHKスペシャルで明かされた。 マッカーサーの言葉は、衝撃的であるが、大多数の日本人の本心を代弁…

沖縄平和記念資料館展示のむすびの言葉

2016年8月21日 「沖縄平和記念資料館展示のむすびの言葉」 沖縄戦の実相にふれるたびに戦争というものはこれほど残忍で、これほど汚辱にまみれたものはないと思うのです。 このなまなましい体験の前ではいかなる人でも戦争を肯定し美化することはできないは…

NHKスペシャル「沖縄 空白の1年 ~“基地の島”はこうして生まれた~」を見よう!

2016年8月14日 みんな見よう〜ね〜! オスプレイ不安クラブ - タイムライン | Facebook ・・・・・・・・・・ 2016年8月20日 今夜です (^O^)/お忘れなく~ !!! NHK 夜九時から「沖縄 空白の1年 ~“基地の島”はこうして生まれた~」 ------- 1945年8月…

波照間の戦争マラリヤとは

2016年8月17日 波照間の戦争マラリヤとは 戦況が厳しさを増していた1944年。軍隊のいなかった波照間島に、「青年学校の教師」という一人の男がやってきました。山下虎雄と名乗るこの男性を島の人たちは何の疑いも持たず、歓迎したといいます。当時、学校の用…