沖縄・琉球の歴史 / 文化

100年前の沖縄 写真展

戦争で破壊される前の、米軍基地に取られる前の沖縄の写真。 もし戦争がなかったら、今の沖縄はどんな姿だったのだろう? そんな想いも馳せながら、 那覇市おもろ町の沖縄県立博物館美術館に、 100年前の沖縄に会いに行こう。 琉球放送 RBC THE NEWS 『ウィ…

72年前のきょう - 1945年7月8日「沖縄人には時間もなく、人生もない」

米軍は 沖縄に上陸する前から、沖縄の人びとについて、 沖縄が歩んだ歴史について、築き上げた文化について、風習について、 様々な分野の学者が研究し、報告書をまとめた。 前線に送られた米兵たちは、その要約版を聞かされていた。 知らされていた「沖縄人…

もうすぐ 日本復帰45年

2017年5月11日 ■ もうすぐ 日本復帰45年 ■ 沖縄の歴史を振り返ってみよう。 1429年~1879年 (450年間) 琉球王国 1609年 薩摩藩による琉球侵攻 1872年 琉球藩とされる1879年 琉球処分による沖縄県として日本に組み込まれる1945年 沖縄戦 敗戦によりアメリカ統…

英雄とは

2017年4月9日 ■ 英雄とは ■ むかし、むかし、沖縄がまだ琉球王国だったころ。 八重山に「オヤケアカハチ」という男がいて、琉球の第二尚氏三代目王、尚真が派遣した兵と一戦を交えたそうな。 「オヤケアカハチ」はイクサに負けたけど、八重山の英雄として語…

米軍基地に奪われた聖地、楚辺。それで米軍に感謝なんてありえない。

2017年3月30日 SNS は在沖米軍にとっても便利なツールだ。 頻繁に、これでもか、というほどの県民との融和アピールを醸しだすための、あるいは日本のミリオタを歓喜させるための、格好の媒体として利用されている。 昨日配信されたのは、読谷楚辺の七つの聖…

じゃんがら念仏踊りとエイサー

2017年3月11日 ■ じゃんがら念仏踊りとエイサー ■ 沖縄の伝統芸能として知られるエイサーですが、その起源は福島県にあると言われています。 1603年、浄土宗の僧侶、袋中上人(たいちゅうしょうにん)が琉球を訪れました。 琉球に滞在した三年間、当時の琉球王…

ブルーシールに見る、アメリカンテイストの幻想

2017年3月4日 ■ ブルーシールに見る、アメリカンテイストの幻想■ 米軍統治下で、米軍の牛乳供給工場として始まったブルーシール。 そもそもはアメリカの会社だった。 明るく陽気で文化的なアメリカを気楽に感じられる、アメリカンテイスト?!アメリカ統治下…

3月4日は三線の日

2017年3月4日 ■ 3月4日は三線の日 ■ 今日の正午は、あちらこちらで三線の音色が。かじゃでぃふう、平和な世を願って祝いの曲を。 琉球放送 『ゆかる日 まさる日 さんしんの日』とは 「ゆかる日 まさる日 さんしんの日」は、1993年(平成5年)に琉球放送が提…

何度も何度も同じことを説明したくはないが

ネトウヨの偏見や無知や誤解で、毎日何かしらのヘイトコメントを見かけます。ですので、再確認しておきたいと思う。 基地問題Q&A、軍用地主の年収は? なぜ沖縄に集中するの? 週刊女性PRIME 週刊女性8月18・25日号2015/8/5 沖縄県名護市にある在日米軍基地キ…

米軍基地による占領とオキナワン・ディアスボラ

2017年2月15日 「在日米軍基地の面積の7割が沖縄に集中しているという現実が、戦後の沖縄移民6175人を生んだ。」 沖縄には五年に一度の祭典がある。#世界のウチナーンチュ大会。昨年10月にも盛大に行われた、19ヶ国のたましいでつながれたオキナワン…

ニュースをウチナーグチで聞いてみよう!

2017年2月10日 ■ ニュースをウチナーグチで聞いてみよう! ■ "平和の礎に刻銘された名前が彫られたお守りが見つかる" ニュース文の最後の『プレイ』で、文と同じ内容のウチナーグチでのニュースが聞けます。 どうかこのお守りの刻印で、遺骨がご遺族のもとに…

琉球の地図、いつから?  中世から近現代まで約200点 「琉球・沖縄の地図展」開幕

2017年2月1日 ■ 琉球の地図、いつから? 中世から近現代まで約200点 「琉球・沖縄の地図展」開幕 ■ 沖縄県立博物館・美術館 で 琉球ロマン! 2017年2月1日 沖縄タイムスより 『琉球王国時代から現代までの地図を集めた「琉球・沖縄の地図展」(主催・沖縄県…

「戦争がない平和な島を」 ~阿波根昌鴻さんが生きた伊江島

2017年1月31日 ■「戦争がない平和な島を」~阿波根昌鴻さんが生きた伊江島 ■ Wikipediaより 阿波根 昌鴻(あはごん しょうこう) 1901年3月3日 - 2002年3月21日)は、日本の平和運動家。戦後の沖縄県で米軍強制土地接収に反対する反基地運動を主導した。 略歴…

沖縄戦の遺族が遺骨発見現場を初来訪

2017年1月29日 RBC ニュース2017/01/27 放送 ■ 沖縄戦の遺族が遺骨発見現場を初来訪 ■ 今は何気ない生活の場となっている、そんな場所にも遺骨は眠っているんだ。DNA鑑定出来れば、家族のところに帰せる。国は戦死者の骸に敬意を持つどころか、何も調べぬま…

沖縄の召集された少年兵、護郷隊の真実

2017年1月29日 ■ 沖縄の召集された少年兵、護郷隊の真実 ■ 軍は言葉を変え、法をねじ伏せ、真実を歪めた。 それは軍が言うような「志願」なんかではなかった。何もわからないまま集められた少年たちは、親元や学校から引き離され、武器を渡され、任務を命じ…

戦場で姫百合乙女は歌い励ましあった

2017年1月20日 ■ 戦場で姫百合乙女は歌い励ましあった ■ 艦砲射撃に消えた卒業式。 「先生に頼んで卒業式に『相思樹の歌』を歌うことになった。みんな校歌と同じように歌い、下級生もしっかり歌えるようになった」 「72年前、3月25日の卒業式前の23日…

沖縄戦全記録

2017年1月13日 沖縄戦全記録 2015年6月14日に放送された、NHKスペシャル「沖縄戦 全記録」を紹介します ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 70年経った今も続々と見つかる物言わぬ遺骨。太平洋戦争中、地上戦としては最大の民間人犠牲者を数えた「沖縄戦」。 なぜ、9万人超も…

母娘の成人式

2017年1月9日 ■ 母娘の成人式 ■ 日本の各地では、新成人らが晴れやかな衣装をまとい、大人としての新たな門出を祝っている。 それぞれの家庭で、それぞれの祝い方があるのだろう。 先ほど、友人の家で各地の成人式の様子を報じるニュース報道を見ていたとき…

日本政府主催沖縄復帰記念式典

■ 日本政府主催沖縄復帰記念式典 ■ 那覇市民会館 《あの時から、茨の道は現在まで》 1972( 昭和47) 年5 月15 日 あいさつする屋良朝苗知事。 午後は同じ那覇市民会館で、沖縄県主催の式典が開催されました。 沖縄復帰記念式典における「沖縄県知事あいさつ…

屋良主席の建議書を今こそ!

2017年1月2日 ■ 屋良主席の建議書を今こそ! ■ 〇 沖縄を返せ、 沖縄に返せ! 〇 日本政府はいつだってこうなのだ。 沖縄県民の犠牲の上に成り立つ国家。 沖縄返還の半年前、那覇市の与儀公園では1万人が参加した復帰抗議県民総決起集会が開かれた。 核も基…

ウルトラマンと沖縄

2017年1月2日 ■ ウルトラマンと沖縄 ■ 2016年3月の沖縄タイムスより ―「帰ってきたウルトラマン」の第11話「毒ガス怪獣出現」は、金城さんの脚本だ。 「金城が東京に出てきた時、一さんが書かせた。当時、大問題になっていた(沖縄の)知花弾薬庫での毒ガ…

2016沖縄十大ニュース

2016年12月31日 沖縄タイムスが大晦日に送る2016沖縄十大ニュース うーん。何かつらいことばかりだった気がするけど、みてみよう。 1 米軍属事件 6万5000人抗議・・・6月19日、あの熱い夏の日の悲しみと怒り。 2 オスプレイ墜落・・・12月13日午後…

ノー・ソックス、ノー・サンタ

2016年12月11日 ■ ノー・ソックス、ノー・サンタ ■ お巡りさんは、県民の味方ではなかったか。 数々の不当逮捕どころではない。冷え込むコンクリートの部屋に差し入れの靴下すらも認めないとは、憲法違反も甚だしい。 一体県警はどちらをむいて「お巡りさん…

基地は沖縄の「歴史」すら奪う

2016年11月29日 ■ 基地は沖縄の「歴史」すら奪う ■ どこまで愚弄すれば気がすむのか。 まるごと土地を奪い、民家を潰して基地を作っておいて、普天間は田んぼだった、そして基地のまわりに人が集まってきたとか、そんなデマを撒き散らかす。 そのうえ、今ま…

尖閣問題 問題を作ったのは誰だ

2016年11月27日 ■尖閣問題 問題を作ったのは誰だ■ ※棚から下ろしたのは日本だ※ エセ漁民のSOS! 福岡商人古賀氏 田中角栄石原慎太郎砥板芳行など『尖閣を守る会』外務省 尖閣とはなんぞや 尖閣問題とは 外務省HPによると・・・ http://www.mofa.go.jp/mofaj/are…

那覇市松山公園文化交流施設

2016年11月24日 ■那覇市松山公園文化交流施設■ 福州園とカフェスペース 那覇市の龍柱は、空港から那覇市にはいる入口で、来訪者をお出迎えするために建てられたらしい。やれ中国の陰謀だとか、翁長知事(那覇市長時に計画された)が中国と懇意だからだとか、ウ…

世界のウチナーンチュ

2016年11月14日 「イデオロギーよりアイデンティティ」 これは、翁長知事が沖縄県民に語りかけた言葉である。 しかし、 祖先が沖縄でも、自身が沖縄で生まれ育ったとしても、ウチナーンチュのチムグクルを持ち合わせない人々もいる。 それは、それでいいと思…

植民地主義の眼差し

2016年11月2日 ■植民地主義の眼差し■ イチャリバチョーデー(袖触れ合うも他生の縁 ) で、生き抜こう。汚れたきった人に合わせることはない。でも、舐められてばかりでもいけない。 攻撃はしない、攻撃されたら最小限の攻撃でかわす。憲法でしょうか?いえ、…

沖縄の素敵な警官、宮古島まもる君

2016年10月15日 内地からくる大勢の鬼道隊員。沖縄にはこんなに素敵な警官がいます。 それは人気の宮古島まもる君。みんなに愛されてる。グッズやお菓子になるほど。 なぜって?ひとりでじっと我慢強く雨の日も風の日も道路に立ち通行の安全を見守っている。…

元ジュリの手記・従軍慰安婦などについての証言

2016年9月25日 ■■■ 元ジュリが手記で従軍慰安婦の事など証言 ■■■ ジュリ(尾類)とは、沖縄における舞子・芸者のような存在。 高い技芸の教養を身に付け、写真にもあるような二十日正月の「ジュリ馬行列」は、3,000人のジュリが美しい衣装と踊りを披露する盛…