戦後問題 / 軍事植民地

全国のそして全世界の友人へ贈る、祖国復帰闘争碑

今日は沖縄の「本土復帰」から45年目。 しかしながら、 この45年で何が変わったというのだろう。 このぼうぼうと吹きわたる荒々しい風の中に今も私たちは、幾重にもおびただしく折りかさなる先祖の声を聞く。 (picture by Taoru Yamazaki) そして、だから…

アメリカ世からヤマトゥヌ世、日本にとって、沖縄の「本土復帰」とは何だったのか

アメリカ世からヤマトゥヌ世。 そして45年がたった。 この沖縄の、何が変わって、何が変わらなかったのか。 しかし、今、一番問いたいのは、 日本にとって 沖縄の「本土復帰」とは何だったのか ということだ。 どこか遠くの基地の島が、再び日本の領土にな…

米軍忖度の曖昧調整で「SACO合意違反」

2017年5月12日 ■ 米軍忖度の曖昧調整で「SACO合意違反」 ■ 沖縄防衛局の伊藤晋哉企画部部長はパラシュート降下訓練について 「今回、なぜ例外的な場合に当たるのか米軍から十分が説明がなかった」 その上で米軍が日本と調整したと説明していることについて …

本土との格差是正 - 子供の貧困

本土との格差是正 子どもの頃 (日本復帰後) 、旅行で九州に行った。 広いんだなー、島とは違うんだなー、と感激。 そして違和感。 地平線が見えるくらい広い、フェンスのない土地、すごい凄い! 何百年前からあるという建造物、なんでこんな古い建物あるの?…

もうすぐ 日本復帰45年

2017年5月11日 ■ もうすぐ 日本復帰45年 ■ 沖縄の歴史を振り返ってみよう。 1429年~1879年 (450年間) 琉球王国 1609年 薩摩藩による琉球侵攻 1872年 琉球藩とされる1879年 琉球処分による沖縄県として日本に組み込まれる1945年 沖縄戦 敗戦によりアメリカ統…

連邦裁判所に訴えろ!!

2017年5月10日 ー米環境法 海外米軍も対象 オスプレイ訓練是正 ハワイでは違法視され是正 ー 環境保護法律団体アースジャスティスのデビット・ヘンキン弁護士語る。 「沖縄の住民も同様に米政府に訴訟を起こせる」 「軍が過剰な訓練の影響を明らかにせず、環…

『セデック・バレ』 ー 日本軍と台湾少数民族の闘い

2017年5月9日 大戦時の日本の侵略統治はアジア各地に「日本憎し」の痕跡を今も残す。 その上で、戦後日本の「平和憲法」に基づいた平和外交により、「戦争をしない日本なら仲良くしよう」というアジアの懐の深い人間愛に溢れた想いと期待とに、我々現代の日…

「本土」が関心を持ってくれる日は来ますか?

私たちはいつまで「中心」に消費されなければならないのだろう。 真の意味で、私たちの声が「そこ」にいちどでも届いたことがあっただろうか。 本土にとって都合の良いことだけを「真実」と呼び、私たちの声はデマやヘイトや、メディアが流す都合よく切り取…

外来機増大問題。州軍までも配備されている嘉手納基地の実態を明らかにせよ !

2017年5月4日 いったい、どこが基地負担軽減だというのか。 近年、飛来する外来機はますます増加の一途をたどる。 今日の発表では、 コロラド州からF16戦闘機12機が嘉手納基地に配備。 やってくるのは、12機の戦闘機だけではない。 それに伴い配属される航…

市村町と県の抗議決議

2017年5月2日 ■ 市村町と県の抗議決議 ■ 先週は読谷村と嘉手納町議会で抗議決議。 今日は沖縄県議会が抗議決議。 北谷町も立ち上がった! ryukyushimpo.jp 演習場外での実弾射撃訓練とパラシュート降下訓練。危険すぎる。住民の命を軽視しすぎている。 普通…

ウチナーの本当の気持ち - 辺野古移設反対61%

2017年4月25日 反対多数 ウチナーの本当の気持ち 辺野古移設への反対 ➡ 61% 辺野古移設への賛成 ➡ 21% 宜野湾市長選、浦添市長選、うるま市長選、共に自民党チーム沖縄の米軍基地推進派の市長が当選した。自民党の選挙戦略は理念理想ではなく、人付き合いと…

SACO最終報告合意違反 嘉手納でパラシュート降下訓練

2017年4月24日 ■ SACO最終報告合意違反 嘉手納でパラシュート降下訓練 ■ どんなに話し合いをしようと、どんなに約束を取り交わしても、米軍の都合で反故にされる。天候回復を待つより無理やり訓練を強行する米軍。 住宅地近くでのパラシュート降下訓練、危険…

基地への立ち入り調査

2017年4月20日 ■ 基地への立ち入り調査 ■ 基地内での事件とはいえ、基地内で働く県民の命に関わる重大な事件。基地の中に県が立ち入り調査する、当たり前のことが今までできなかった。今回はどうであろう。 流れ弾を撃つ者達よ。 忘れないで欲しい、 基地の…

軍隊の武器管理と精神健康管理

2017年4月17日 ■ 軍隊の武器管理と精神健康管理 ■ 三年前の北谷町の事件、兵士が事前に精神的な不調を訴えていたにもかかわらず、在日海兵隊が適正な対応をしていなかったことが明らかに ! 『キャンプ・ハンセンの射撃訓練場で銃弾を盗み、キャンプ瑞慶覧の…

敵だという憎しみが国民に浸透した時

2017年4月15日 近年、日本の政治家著名人の中には、韓国北朝鮮中国に対する差別的発言をし、SNSでデマやヘイトスピーチを拡散させ、差別することが当たり前かの様な空気を作ってきた方々がいる。 ほんの少し前まで非常識とされた発言内容が、ネットの世界で…

普天間基地返還合意のカラクリ

2017年4月13日 1956年に沖縄に配備されるまで、海兵隊は本土の各務原(岐阜県)と富士演習場(山梨県)などに配備されていたことをご存知だろうか。 1950年代、日本各地で米軍基地に反対する強力な住民運動が起こり、基地周辺で繰り返される米兵による事件・…

北朝鮮→「われわれの核の照準は韓国と太平洋区域の米国の侵略的基地」

2017年4月11日 ■ 北朝鮮→「われわれの核の照準は韓国と太平洋区域の米国の侵略的基地」 ■ つい先程、北朝鮮は北朝鮮機関紙「労働新聞」において 「米国による先制攻撃の兆候があれば米国に核攻撃する」と表明した。 「敵部隊のあらゆる動きに目を光らせてお…

想定された本土決戦とは

2017年4月11日 ■ 想定された本土決戦とは ■ 戦争で失われた命をもう一度殺すようなものだ、戦争公文書を抹消するということは、そういうこと。 なぜ今、戦争公文書が500冊も破棄されたのか。データーも取らないで、抹消処分 !? 今、教育勅語やら銃剣道な…

戦後はまだ終わってない

2017年3月30日 ■ 戦後はまだ終わってない ■ やっと、戦没者の身元特定のDNA鑑定に、手足の骨が使えるようになった。 がまの中で、森の中で、地中に、納骨堂に、沖縄のあちこちで、待ってるんだよ。 南方の島々にも。 遅すぎる、何故こんなにほっておいたんだ…

米軍基地に奪われた聖地、楚辺。それで米軍に感謝なんてありえない。

2017年3月30日 SNS は在沖米軍にとっても便利なツールだ。 頻繁に、これでもか、というほどの県民との融和アピールを醸しだすための、あるいは日本のミリオタを歓喜させるための、格好の媒体として利用されている。 昨日配信されたのは、読谷楚辺の七つの聖…

2016年 3月「自動小銃片手にナイフで市民の車に」

2017年3月29日 ■ 2016年 3月「自動小銃片手にナイフで市民の車に」■ 昨年2016年3月の報道。これが流れたとき、怖かったよ。 地位協定でも米兵が米軍基地の外に銃火器を持ち出すことは認めていません。 基地の外で自動小銃←銃刀法違反 市民の車の荷台からプラ…

『標的の島 風かたか』予告編と監督インタビュー

2017年3月27日 ■ リテラ『標的の島 風かたか』三上智恵監督インタビュー ■ 宮古島、石垣島が米中戦争の捨て石にされる!『標的の島 風かたか』監督が語る南西諸島自衛隊配備の本質 不安クラブ沖縄戦シリーズ72年前のきょうもあわせてご覧ください。 慶良間…

世界自然遺産登録の要望書

2017年3月26日 ■ 世界自然遺産登録の要望書 ■ 固有の生物種が分布していても、森を切り裂いてオスプレイパットを作ったり、サンゴの海を破壊し巨大な新基地建設を強行する。 あれだけの反対を押し切ってオスプレイパット建設を強行したのち、高江の騒音被害…

昨日の知事

2017年3月25日 ■ 昨日の知事 ■ 誤解と無理解と無関心と差別、沖縄の敵は多い。 なぜネトウヨの模造デマが蔓延するのか? 沖縄への誤解は、無理解と無関心と差別心が素地としてあるからではないか? 誤解と無理解と無関心と差別、自分が当事者だと気づいてい…

ブルーシールに見る、アメリカンテイストの幻想

2017年3月4日 ■ ブルーシールに見る、アメリカンテイストの幻想■ 米軍統治下で、米軍の牛乳供給工場として始まったブルーシール。 そもそもはアメリカの会社だった。 明るく陽気で文化的なアメリカを気楽に感じられる、アメリカンテイスト?!アメリカ統治下…

何度も何度も同じことを説明したくはないが

ネトウヨの偏見や無知や誤解で、毎日何かしらのヘイトコメントを見かけます。ですので、再確認しておきたいと思う。 基地問題Q&A、軍用地主の年収は? なぜ沖縄に集中するの? 週刊女性PRIME 週刊女性8月18・25日号2015/8/5 沖縄県名護市にある在日米軍基地キ…

戦争の記憶と、人々の「無知」「無意識」

沖縄ヘイトとデマは近年ますます強まっているように感じる。 沖縄戦・・・。 知らないのか、知ろうとしないのか、知りたくないのか。おそらくはそのすべてなのだろう。 「1977年から2009年にかけて総務省が作成した『全国戦災史実調査報告書』で本土では行わ…

沖縄は孤独なのか

2017年2月20日 ■ 沖縄は孤独なのか ■ 終戦後、日本本土にも多くの米軍基地があった。しかし米軍の事件事故が多発し、住民の反対運動がおこり、その結果、本土復帰する前の沖縄に移転され集約されてしまった。 異常な基地負担を、知るもの、知らぬふりをする…

我が身がかわいい 我が身ではない

2017年2月15日 沖縄には戦後米軍統治下で27年間、 日本復帰してから今年まで45年間も、...多くの米軍基地があります。 合わせると、72年間も! 日本本土の米軍基地反対運動の後、 多くの米軍基地が こんな小さな島に移されて、72年間もの間 日本の日米安保を…

米軍基地による占領とオキナワン・ディアスボラ

2017年2月15日 「在日米軍基地の面積の7割が沖縄に集中しているという現実が、戦後の沖縄移民6175人を生んだ。」 沖縄には五年に一度の祭典がある。#世界のウチナーンチュ大会。昨年10月にも盛大に行われた、19ヶ国のたましいでつながれたオキナワン…