読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反戦平和 / 平和学習

全国のそして全世界の友人へ贈る、祖国復帰闘争碑

今日は沖縄の「本土復帰」から45年目。 しかしながら、 この45年で何が変わったというのだろう。 このぼうぼうと吹きわたる荒々しい風の中に今も私たちは、幾重にもおびただしく折りかさなる先祖の声を聞く。 (picture by Taoru Yamazaki) そして、だから…

文化財調査! 座り込み! 平和行進! 平和集会 !

2017年5月12日 ■ 文化財調査! 座り込み! 平和行進! 平和集会 ! ■ 蒼く清い美ら海と先祖が築いた琉球文化が、きっと私たちを助けてくれる。 守りながら攻める 国に訴える材料がまた一つ増える!。 市と県と県民と内地の応援が一丸となり! 沖縄県民と他府…

復帰45年 5・15 平和行進 みなさま是非ご参加を!!

2017年5月12日 ■ 復帰45年 5・15 平和行進 みなさま是非ご参加を!! ■ 5月12日 (金) 中部・南部 平和行進 5月13日 (土) 中部・南部 平和行進 5月14日(日) 名護市の大浦湾・瀬嵩海岸で「平和とくらしを守る県民大会」 ======== 2017年5月11日 20:2…

『セデック・バレ』 ー 日本軍と台湾少数民族の闘い

2017年5月9日 大戦時の日本の侵略統治はアジア各地に「日本憎し」の痕跡を今も残す。 その上で、戦後日本の「平和憲法」に基づいた平和外交により、「戦争をしない日本なら仲良くしよう」というアジアの懐の深い人間愛に溢れた想いと期待とに、我々現代の日…

今日は子どもの日 ② ー ぬちぬぐすーじさびら ! (命のお祝いをいたしましょう)

2016年5月5日 今日は子どもの日。 ぬちぬぐすーじさびら !(命のお祝いをいたしましょう) by 小那覇ブーテン ospreyfuanclub.hatenablog.com 72年前、戦争が沖縄にやってきた時、4人に1人が命を奪われ、大切な愛する人々を奪われ、土地を奪われ、収容所生…

今日は子どもの日 ー 沖縄の子どもへの想い

2017年5月5日 今日はこどもの日。 「赤ちゃん、泣け泣け」BEGIN ライブに込めた思いが切ない - withnews バンド「BEGIN」のコンサートでは赤ちゃんが泣いてもOK。そこには沖縄出身アーティストならではの深い思いがありました。 あちらこちらで、連休を楽し…

儀間比呂志さん

2017年4月12日 ■ 儀間比呂志さん ■ 沖縄と平和を表現しつづけた沖縄の芸術家がまたひとり亡くなった。 本土からは今の沖縄はどんなふうに見えただろうか。 詩画集「日本が見える」から一つの作品をご紹介。詩…新川明版画…儀間比呂志 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 儀間…

想定された本土決戦とは

2017年4月11日 ■ 想定された本土決戦とは ■ 戦争で失われた命をもう一度殺すようなものだ、戦争公文書を抹消するということは、そういうこと。 なぜ今、戦争公文書が500冊も破棄されたのか。データーも取らないで、抹消処分 !? 今、教育勅語やら銃剣道な…

北島角子さん 逝く

2017年4月10日 北島角子さん いっぺー、にふぇーでーびたん。 ご冥福をお祈りします。 ======== 沖縄戦や沖縄戦後史を題材に平和の尊さを伝える一人芝居などで活躍してきた女優の北島角子(きたじま・すみこ、本名・町田角子)さんが9日午後7時10分、腎…

島唄

2017年4月9日 ■ 島唄 ■ 今年もデイゴの花咲く季節になりました。デイゴの花を見ると、THE BOOMの名曲『島唄』を思いだします。 他府県出身の宮沢さんが、他府県出身だからこそ、沖縄戦の悲劇に衝撃を受け、作り生まれた歌。 沖縄の哀しみ 、嘆き、憤り。「島…

教育勅語と御真影 ― 戦火の「御真影奉納隊」

2017年4月4日 なんてことだ !平成の時代に「教育勅語」。 教育勅語、教材で用いること否定せず 政府が答弁書:朝日新聞デジタル 教育勅語を知らない世代の私たちは、「親兄弟友達を大事にしよう、良いんじゃない?何が問題なの?」と深く考えることなくうけ…

大田昌秀元県知事、ノーベル平和賞にノミネート !

2017年4月3日 大田昌秀さん (元沖縄県知事) に、ノーベル平和賞を! 沖縄戦の「鉄血勤皇隊」、つまり少年兵だった太田さんは、詳細な米軍資料をリソースに詳細な沖縄戦の歴史を掘りおこしていった。歴史学者としても、研究者としても、そして政治家としても…

戦争の記憶伝え 戦争を起こさない国に

2017年3月20日 ■ 戦争の記憶伝え 戦争を起こさない国に ■ 『「対馬丸」が撃沈された事件については緘口令が布かれたが、疎開先から来るはずの手紙がない事などから、たちまち皆の知るところとなった。このため一時は疎開に対する反発などがあったが、1944年…

学徒隊合同石碑 「全学徒隊の碑」

2017年3月14日 ■ 学徒隊合同石碑 「全学徒隊の碑」■ 学徒隊と言えばひめゆり部隊が有名だろう。 しかし戦時中、ひめゆり部隊以外にも県内あらゆる旧中学校生、21校 2000人が学徒隊として動員された沖縄戦。 「学徒隊を忘れないで」との思い。 もう二度と学徒…

現代に生きる漫画家は、どう沖縄戦を描くのか

2017年3月7日 ■ 現代に生きる漫画家は、どう沖縄戦を描くのか ■ 明日、3月8日は「国際女性の日」。 というわけで、時々、古謝市長などの沖縄デマのファクトチェックなど良記事をリリースしている SNS メディア大手の BuzzFeed Japan が、最近、興味深い企画…

「アレン・ネルソン奨学会沖縄」の取り組み

2017年3月6日 ■ 「アレン・ネルソン奨学会沖縄」の取り組み ■ 反戦平和を次世代に伝えるべく立ち上がったネルソンさん。亡くなった後も志を受け継ぐ者が。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 2017年3月6日 (月) 沖縄タイム…

「ハクソー・リッジ (Hacksaw Ridge)」 前田高知の戦い アメリカ目線の沖縄戦

2017年2月28日 ■ 「ハクソー・リッジ」(Hacksaw Ridge) 前田高知の戦い アメリカ目線の沖縄戦 ■ メル・ギブソンが監督として撮影した沖縄戦映画。 昨日行われた第89回アカデミー賞では、アカデミー編集賞を受賞しました。 予告編 m.youtube.com メイキング…

防衛という名の戦争加担

2017年2月12日 ■ 防衛という名の戦争加担 ■ 戦争体験者の声から学びはないのか。 軍事基地は何のためにあるのか。 戦争の準備、軍靴の音が聞こえる。実弾演習の不気味な破裂音。 戦闘は人を悪にかえる。 米軍基地がある限り米国の戦争に加担しているのだ。 …

若い世代に収集してもらったら、御霊も喜ぶことだろう

2017年2月11日 ■ 若い世代に収集してもらったら、御霊も喜ぶことだろう ■ 見て聞いて触れて匂いを嗅いで戦争の悲惨な記憶を、体で受け止めて欲しい。これからの日本を担う大学生たち。遺骨収集、ありがとうございます。ーーーーーーーーーーーーーーーーーー…

ニュースをウチナーグチで聞いてみよう!

2017年2月10日 ■ ニュースをウチナーグチで聞いてみよう! ■ "平和の礎に刻銘された名前が彫られたお守りが見つかる" ニュース文の最後の『プレイ』で、文と同じ内容のウチナーグチでのニュースが聞けます。 どうかこのお守りの刻印で、遺骨がご遺族のもとに…

まだ終わらない戦後

2017年2月1日 ■ まだ終わらない戦後 ■ 八重瀬の壕から全身骨 日本兵か、 発見者「遺族へ返したい」 2017年2月1日(水) 琉球新報より 完全な状態で収集された遺骨と「遺骨を遺族に返してあげたい」と語る沖縄鍾乳洞協会の松永光雄理事=1月20日、八重瀬町安…

「戦争がない平和な島を」 ~阿波根昌鴻さんが生きた伊江島

2017年1月31日 ■「戦争がない平和な島を」~阿波根昌鴻さんが生きた伊江島 ■ Wikipediaより 阿波根 昌鴻(あはごん しょうこう) 1901年3月3日 - 2002年3月21日)は、日本の平和運動家。戦後の沖縄県で米軍強制土地接収に反対する反基地運動を主導した。 略歴…

沖縄戦の遺族が遺骨発見現場を初来訪

2017年1月29日 RBC ニュース2017/01/27 放送 ■ 沖縄戦の遺族が遺骨発見現場を初来訪 ■ 今は何気ない生活の場となっている、そんな場所にも遺骨は眠っているんだ。DNA鑑定出来れば、家族のところに帰せる。国は戦死者の骸に敬意を持つどころか、何も調べぬま…

沖縄の召集された少年兵、護郷隊の真実

2017年1月29日 ■ 沖縄の召集された少年兵、護郷隊の真実 ■ 軍は言葉を変え、法をねじ伏せ、真実を歪めた。 それは軍が言うような「志願」なんかではなかった。何もわからないまま集められた少年たちは、親元や学校から引き離され、武器を渡され、任務を命じ…

魂魄の塔

2017年1月26日 ■ 魂魄の塔 ■ 以前、本土のネトウヨが『まだ骨があるのか?沖縄県民は怠け者だな、骨があるのに掘りもしない』と書きこんだ。 何にも知らないくせに。 わからんだろうね。今でも家建てる時は、不発弾探査やって、不発弾出ないか、遺骨が出ない…

ガマフヤー、国の遺骨収集事業を問う

2017年1月26日 ■ ガマフヤー、国の遺骨収集事業を問う ■ ガマフヤーはなぜ国の遺骨収集事業を問うているのか。 まず手に取って読んでみてください。『ぼくが遺骨を掘る人「ガマフヤー」になったわけ。』 遺骨とむきあうとは、どういうことなのか、具志堅隆松…

被爆者と共に立ち、考えてみよう

2017年1月24日 ■ 被爆者と共に立ち、考えてみよう ■ 苦境の国民を捨てて、戦後復興繁栄を歩んできた日本。安楽な人がより安楽にの日本の政策。 苦しい過去に目を塞いで、何事もなかったかのように振る舞う今の日本。そんな卑怯な演出はやめよう。できた傷は…

戦場で姫百合乙女は歌い励ましあった

2017年1月20日 ■ 戦場で姫百合乙女は歌い励ましあった ■ 艦砲射撃に消えた卒業式。 「先生に頼んで卒業式に『相思樹の歌』を歌うことになった。みんな校歌と同じように歌い、下級生もしっかり歌えるようになった」 「72年前、3月25日の卒業式前の23日…

オリバー・ストーン監督 NEWS23

2017年1月19日 ■ オリバー・ストーン監督 NEWS23 ■ 訪れると毎回印象が違う興味深い国だ。いい食事、いい文化、教養もある賢い人たちです。でも、ひとつだけ問題がある。 あなたはジャーナリスト。ジャーナリストはすぐに真実を知りたがるけど僕はドラマティ…

映画『標的の島 風(かじ)かたか』

2017年1月14日 沖縄は大変ねぇ。いえいえ、日本全体が大変なんです!皆様是非、ご覧ください。 拡散希望です。 映画『標的の島 風(かじ)かたか』公式サイト オスプレイ不安クラブ - 沖縄は大変ねぇ。いえいえ、日本全体が大変なんです!皆様是非、ご覧くだ…

振り返ろう、先人の思いを

2017年1月13日 振り返ろう、先人の思いを過ちを繰り返さないように ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 2015年5月13日 「もう戦争はいやだ」 憲法九条 平和への闘争 ~1950年代 改憲・護憲論~/NHK・その時歴史が動いた 「 昭和20年、大きな犠牲を残して戦争は終りました…

沖縄戦全記録

2017年1月13日 沖縄戦全記録 2015年6月14日に放送された、NHKスペシャル「沖縄戦 全記録」を紹介します ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 70年経った今も続々と見つかる物言わぬ遺骨。太平洋戦争中、地上戦としては最大の民間人犠牲者を数えた「沖縄戦」。 なぜ、9万人超も…

国頭村安田「伊部岳闘争」後世に

2017年1月6日 ■ 国頭村安田「伊部岳闘争」後世に ■ 戦後、沖縄本島各地で米軍の土地使用が強行される中、住民の団結により訓練施設使用を断念させた場所がある。国頭村 安田 安波 楚洲の三区にまたがった伊部岳実弾射撃演習場だ。実弾射撃演習開始前に、着弾…

日本政府主催沖縄復帰記念式典

2017年1月2日 ■ 日本政府主催沖縄復帰記念式典 ■ 那覇市民会館 《あの時から、茨の道は現在まで》 1972( 昭和47) 年5 月15 日 あいさつする屋良朝苗知事。 午後は同じ那覇市民会館で、沖縄県主催の式典が開催されました。 沖縄復帰記念式典における「沖縄…

屋良主席の建議書を今こそ!

2017年1月2日 ■ 屋良主席の建議書を今こそ! ■ 〇 沖縄を返せ、 沖縄に返せ! 〇 日本政府はいつだってこうなのだ。 沖縄県民の犠牲の上に成り立つ国家。 沖縄返還の半年前、那覇市の与儀公園では1万人が参加した復帰抗議県民総決起集会が開かれた。 核も基…

ウルトラマンと沖縄

2017年1月2日 ■ ウルトラマンと沖縄 ■ 2016年3月の沖縄タイムスより ―「帰ってきたウルトラマン」の第11話「毒ガス怪獣出現」は、金城さんの脚本だ。 「金城が東京に出てきた時、一さんが書かせた。当時、大問題になっていた(沖縄の)知花弾薬庫での毒ガ…

民衆の生活から出た生きるための民主運動だ!

2016年12月30日 年末の番組は「テロ、過激派」で、国民の恐怖を煽る。 沖縄の民主主義とは。それは、テロでも過激派でもない。民衆の生活から出た生きるための民主運動だ! そんな年末の報道の中、テロ番組の前にカメジローの番組を再度流したRBC、TBSに敬意…

一坪反戦地主

2016年12月18日 ■ 一坪反戦地主 ■ 長く地道な反基地反戦運動 米軍基地地主は米軍基地を容認してるんじゃね?地代もらえるからウハウハでしょう?なんて声、よく聞かれますね。 大地主はそう多くはなく、中には投資目的で買いあさった移住者(復帰前後)や、内…

浄土真宗の僧侶20人が高江で抗議の座りこみ ②

2016年12月16日 ■ 浄土真宗の僧侶20人が高江で抗議の座りこみ ② ■ 『恐れが生じたから武器を持ったのではない。武器を持ったから恐れが生じたのである。』ダンマパダ(法句経) 釈迦の教えが記録されているという古い仏典、原始仏教経典「ダンマパダ」には、…

先生の思い、児童の思い

2016年12月11日 ■先生の思い、児童の思い■ 今こそ平和憲法の意義を考えよう。子供も大人も。 www.okinawatimes.co.jp オスプレイ不安クラブ - ■先生の思い、児童の思い■ 今こそ平和憲法の意義を考えよう。 子供も大人も。... | Facebook

Imagine

2016年12月8日 ※ 本日はジョン・レノンさんの命日です。 ■ Imagine ■ John Lennon 想像してごらん 天国なんて無いんだとほら、簡単でしょう?地面の下に地獄なんて無いし僕たちの上には ただ空があるだけさあ想像してごらん みんながただ今を生きているって.…

軍隊を世界から無くさなければなりません

2016年12月3日 ■軍隊を世界から無くさなければなりません■ 元海兵隊員アレンネルソンさんは訴える ◎兵士よ故郷アメリカへ帰ろう!◎ 1947年生まれ。アフリカ系アメリカ人 1966年、海兵隊員として、ベトナム戦争に従軍。ベトナムへの途上、沖縄のキャ…

歴史教科書に「集団自決」が10年ぶりに記述される

2016年12月4日 ■ 歴史教科書に「集団自決」が10年ぶりに記述される ■ "History" という言葉の語源は、ギリシア語の "historia" 「探求することで得たもの」すなわち「英知」からきている。 歴史に学ぶ者こそが賢人であるというギリシアの英知の通り、人が何…

若い世代に言っておきたいことはありますか?

2016年12月1日 ■若い世代に言っておきたいことはありますか?■ 「世の中がただならぬ状況に置かれている、そういうときにあるだけに、黙っておってはいかんよ。 立ちあがらないということは、我慢するということでしかない。 我慢したらどうなっていくかが問…

テレメンタリー2016 QAB特別番組「テロリストは僕だった」

2016年11月20日 「テロリストは僕だった」 テレメンタリー2016 QAB特別番組 (沖縄では)本日11月20(日)深夜1:30より これは必見です。 「ノーモア・ミリタリーベース!」沖縄の米軍基地の前に座り込むアメリカ人がいた。かつて沖縄に駐留していた元海兵隊…

平和学習と国際交流《 修学旅行の闇 その2 》

2016年11月20日 uyouyotaisakuka.hatenablog.com www.okinawastory.jp 子供が泊まるということだけでみても 米軍宅にショートステイ。修学旅行なら1クラス40人と考えても100人はくだらない子供がいっぺんに米軍宅に泊まるわけです。そこはどんな家庭でどんな…

勇気と叡智のバトンを受け継ぐ

2016年11月16日 ■ 勇気と叡智のバトンを受け継ぐ ■ 基地反対、戦争反対を叫ぶと必ずや「平和ボケ」だとのたまう者達がでてくる。 平和ボケは一体どちらなのか。歴史に学ばない者達が武力で平和を作れると夢想する、この愚かしい即物主義。 今の日本で欠落し…

朝鮮人戦没者を平和の礎に

2016年10月6日 彼らは、確かに沖縄にいた。沖縄に連れてこられて、悲惨な最期を遂げた。公的文書で証明できないから刻銘されなかったなんて、おかしい。彼らが、沖縄にいたことを証言する人たちがいるのに。1日も早く刻銘されて欲しい。 www.okinawatimes.co…

強制集団死を生き延びた男性

2016年9月30日 島が戦場になるとはどういうことなのか。 同じ過ちを我々が繰り返さないという確証はあるか。 米軍上陸直前に、日本軍は、朝鮮人軍夫 600人と若干の海上挺身隊だけを島に残して沖縄本島に動いた。 少なくとも軍の内情がみえていたはずの海上挺…

平和だから野球が楽しい!守れ9条!

2016年9月11日 なかなか いいね!! オスプレイ不安クラブ - タイムライン | Facebook