Osprey Fuan Club

沖縄に関するフェイクを独自検証し、デマを糾弾するブログメディア

うるま市島袋市長を訴えろ !!! - 9年前の県内移設反対「はっきり宣言」から、今、うるま市民の直接参政権を切り捨てる市長への転向 - 市民を蔑ろにする島袋市長の詭弁を通りこしたペテン

昨年の選挙で惨敗続きの自民系市長「チーム沖縄」が暴走している。 島袋俊夫市長、9年前の県外移設「はっきり宣言」 今やうるま市民の「意思をはっきり伝える」権利を一方的に奪う市長に転身 市長会に勝手に許可なく「沖縄県市長会会長」名義で声明をだす、…

安倍サンゴ移植ウソ、NHK 「お答えする立場にはございません」 ← いや、NHK 報道したお前が当事者だ ! そして昨夜の NHK 「サンゴ移植急げ」ニュースが輪をかけてひどい件 !

安倍がサンゴ移したウソ発言。そのつじつまを合わせるためにサンゴ移すとか言い始めるなよ、NHK はよ ! 報道機関なら、なぜサンゴが移植できないのか、ちゃんと検証して報道しろ !!! 防衛局 → 安倍発言合わせ熊手で貝などすくったなどと語り始める Youtube →…

防衛局こそ県の立ち入り調査を受けいれない、その法的根拠を示せ ! - 1立米1万円以上の土砂、県産黒色岩ズリ (赤土10%) のはずが、40%で大林組 JV に発注

これが 戦後74年目の日本政府。 制御機能を失った暴走国家のありさまだ。 米軍基地建設を口実に 国民の税金で沖縄を切り売りし、 政府と企業が裏でどう金を動かしているのか。 なぜ赤土投入が沖縄で固く規制されているのかはこちらをご確認ください。 ospr…

名護市長選挙 2018 をふりかえる

名護市長選、なにがおこったのか。 ① 米兵日本人救出デマ ② 日ハムロスデマ ③ 渡具知武豊氏はなぜ名護市長になれたのか ③ 名護市長選とは何だったのか 鉄の暴風のようにふきあれたデマ。 もう、どうすることもできなかった、というのが実感だった。 ① 米兵日…

宮古島市民の直接請求権を踏みにじる下地敏彦市長をリコールせよ! - 宮古島の下地市長が県民投票に不参加宣言の暴挙

惨敗続きの「チーム沖縄」代表の下地市長が暴君になりさがる ! 沖縄の自称「保守系」市長のグループチーム沖縄、その代表をつとめるのが宮古島市の下地敏彦市長。昨年の選挙で、宜野湾市長の佐喜真淳前市長が沖縄県知事選で落選、南城市の古謝景春前市長も、…

明けましておめでとうございます - 世代を超え海を渡る希望について - 2019年1月1日

沖縄に向かう洋上のオーウェン号で赤ちゃん豚がうまれた。 あけましておめでとうございます。 新春からなんですが、 昨年一年をふりかえると、選挙での勝利の喜びもあったはずだが、どうも、苦しみや悲しみや、つらいことばかりが思い浮かぶ。 でもそんな時…

米軍を守り米軍に仕える防衛局 - 米軍機航跡調査のネット公開をやめ、過去掲載の2009~16年度分もまるっと削除

2016年7月27日、うるま市女性殺害をうけ「防犯パトロール」するといいながら高江で警備をする防衛省の応援職員70人 琉球朝日放送 報道制作部 Qプラス 今年最後の 沖縄防衛局のお知らせです。 だんだんと、 沖縄防衛局も平気でこういう事をするようになりま…

県民投票を求める宜野湾市民の署名を無視し、憲法で保障された権利を奪う宜野湾市・松川正則市長をリコールせよ ! - まさに市民権の切り崩し、県民投票否決した15名の宜野湾市議とは !?

RBC「県民投票 宜野湾市長が不参加を表明」2018/12/25 市長が市民を否定するなら、市民が市長を否定するしかない ! 宜野湾市の15人の市議と 松川正則市長。 いったい彼らは 何を考えているのだろうか。 これは市議ら個人の 辺野古基地建設の賛否両論でも、…

安和ギルー現る!? 「私人なりすまし審査請求」して工事強行する防衛局が「法治国家において到底許される行為ではない」とか言ってて、草 - 問われる琉球セメントの「良心」

琉球セメントは防衛局に占拠されたのか。立ちはだかる防衛局員、その後ろを小走りで移動する機動隊員。 沖縄のいち民間企業「琉球セメント」の安和敷地内にあふれる、防衛局職員、機動隊、そして民間警備会社の警備員。そんななか、数々の怪事件が起こった。…

琉球セメントが辺野古に落としている土砂は、どんな土砂か - 大林組・東洋建設 ・屋部土建 のJV が防衛局と1立米1万円以上で契約したのは県産黒色岩ズリのはずだが、それが違法で粗悪な赤土にすり替えられている件【基地利権ゼネコンの闇】

どっから、どうみても 真っ赤だろ。 県民の 超低速な癒しのコーナー 沖縄タイムスの四コマ漫画『おばぁタイムス』に、女神がパァァァァと現れた。 イソップ寓話『金の斧』の女神である。 12月16日 沖縄タイムス 島の年寄りたちの 悲しくやりきれない思い…

辺野古~高江~伊江島、米軍と日本政府により進められる沖縄本島要塞化計画。これは沖縄の基地負担軽減でも、普天間基地移転問題でもない ! - 米軍基地近代化計画の口実に利用されている SACO 合意

今、何が沖縄でおこっているのか。 ➊ 午前11時、辺野古に土砂投入 ➋ 午前7時、高江の工事再開でトラック50台 ➌ 伊江島、5日から LHD デッキで訓練開始 米軍基地の整理縮小ではなくて、基地機能強化のため、SACO 合意が、沖縄県民を欺く米軍合理化・近…

2018年12月14日午前11時。上空から見下ろし、県民の声を無声化して「その時」を中継する NHK - 岩屋防衛相は、県民の権利ではなく「住民の生活環境に留意し工事を進める」と語った

2018年12月14日、 午前11時。 承認撤回も、県知事選挙の圧倒的な結果も、まじかにひかえた県民投票も、希少サンゴの移植も、環境保全も、 もう、なにもかもすべてなし崩しで、日本政府は一方的に土砂投入をやり始めた。 まるで儀式か何かのように、 白いシ…

軍事施設用のカミソリ鉄条網、防衛省は「琉球セメントが設置した」と二度も証言したが、それで間違いはないか、琉球セメント 【 琉球セメント、一皮むけば宇部興産 ② 】

今後も末永く語り継がれることだろう。琉球セメントが県民にむけてカミソリ刃鉄条網を設置したこと。 地域と共に歩む とかたる琉球セメントの この、 県民に対する唐突な剥きだしの敵意は いったいどこからくるのか。 琉球セメントが安和の桟橋から辺野古を…

琉球セメント、一皮むけば宇部興産 - 山口県の国策会社に沖縄の海を埋めさせるな ! 何百という命を海にうずめてきた宇部炭鉱の100年の歴史を振り返るとき、いまもかわらず死と戦争のために人々を働かせる国策会社の姿がそこにある

琉球セメント株式会社 今朝からだ。 地域とともに歩む を、うたう琉球セメントが、 今朝から辺野古を埋める土砂積み込みをやるという。 どういうことだろうか。 承認撤回と知事選で、沖縄は、その声を再び力強く政府に突き付けたにもかかわらず、 それでも防…

県民投票に反対する自称「保守系」市議に物申す ! エルドリッヂ氏が県民投票を強く支持する5つの理由 - 住民投票は憲法で保障された権利。自称「保守系」は、傲慢ではなく、自信を持って県民投票にのぞむべし

県民投票に反対した石垣市議会に異議あり !!! 石垣市、糸満市、うるま市、宜野湾市、浦添市の市長と市議会議員らに、 米海兵隊の元政務外交部次長、あの、ロバート・エルドリッヂ氏が物申す !!! わかりますか、 自称「保守」の市議会の皆さん。 これが民主主…

R.I.P. 琉球大学 東清二 名誉教授逝く - 真の学者の良心と力を我々に灯台のように示してくれた研究者の言葉

8.11沖縄県民大会 ~ 東清二教授 (防衛局環境監視等委員会元副委員長) の力強いメッセージ「私は翁長知事の埋め立て承認撤回を支持します !」 - やんばる日記 あっという間に 12月だ。 なんという一年間だったか。 デマで汚された名護市長選挙に始まり…

国民よりトランプ配慮で戦闘機100機の追加注文で合計142機 ! 国民の税金で次々と大型兵器を大人買いし、お前ら70歳まで働けという安倍政権

F-35戦闘機の購入は本当に日本のためになるのか? ますますアメリカの国益を増進させるだけ | JBpress(日本ビジネスプレス) さあ、皆さんご覧ください。これが、安倍首相がアメリカの大富豪トランプへの配慮のため、国民の税金で140機買いそろえるという…

「感謝祭」の季節がやってきた - 在沖米軍「感謝」の流儀

11月の第四木曜日は感謝祭。 アメリカでは、11月の第4木曜日は感謝祭で、祝日となります。Happy Thanksgiving!! https://t.co/d92fO5HYJ3 — 在日米軍司令部(USFJ) (@USFJ_J) November 21, 2018 ※ アメリカ大使館のツイートがリンクで紹介している感謝祭の…

「県民の利用を排除してでもIR施設を造るべき」- 基地と賭博で「潤う」、これが自民党の沖縄未来図 !? - 基地の次はカジノも沖縄に押しつける、自民の際限なき利権政治

① なぜ沖縄の MICE だけ IR とカップリングなのか ② 東京の自民党議員らが勝手に作ってるカジノ推進議員団体の名前が「美ら島議連」! ③ 「県民の利用を排除してでもIR施設を造るべきだ」!? ➃ 「カジノ誘致レース」サイトをチェック - カジノ利権は沖縄を虎視…

ロサンゼルス銃乱射事件 - ロサンゼルスで起こったことは、また沖縄でも起こりうる。2014年「北谷米兵立てこもり事件」の真相 -  軍当局に精神的な支援を求めたが、「与えられたのは武器とアフガニスタン派遣の任務だった」

"Enough!" もうたくさんだ !!! No one becomes a mass shooter without a mass-shooting gun - Los Angeles Times ロサンゼルスの銃乱射事件。 12人の命を奪ったという容疑者は、元海兵隊で沖縄で教官をしていた経験もあり、事件の要因として PTSD も疑わ…

カジノに NO ! これが「新時代沖縄」の答えだ ! - 水面下で進められていた自民党議員らによる沖縄カジノ誘致、宜野湾カジノ化計画。前宜野湾市長、佐喜真淳氏の落選で足止めをくらう巻

IR誘致、沖縄は「申請せず」! カジノに NO ! これが「新時代沖縄」の答えだ ! 宜野湾市の佐喜真前市長が 知事選で落選した。 そのことで、少しでも普天間基地返還への現実が遠のいた、などと誤解し落胆している県民もいるかもしれない。 しかし、 だまさ…

そろそろ気づけよ日本、まるで子供がプラモデルを買い集めるかのように大型兵器を購入する安倍政権 →「日本は莫大なお金を払い、米国の防波堤になるわけです」

昨日、 11月2日。 自衛隊の戦闘機が接触事故を起こした。 一歩間違えれば、 爆発、炎上、墜落になっていたかもしれない。 航空自衛隊築城基地所属の F-2A 戦闘機2機が、基地の西およそ200kmの海上で空中接触した。 垂直尾翼とミサイルランチャー(発射装…

「私人なりすまし審査請求」で工事再開、そして「沖縄の皆さんの心に寄り添い、基地負担の軽減」と答弁する安倍政権の「法治国家」の怪

今朝からキャンプシュワブでトラック車両がどんどんゲートに入っていった。 そして東京では、菅は今日の記者会見で、「国土交通相から(沖縄県による埋め立て承認撤回の)執行停止の決定通知が届いたことを受け、県に連絡した上で作業を再開した」と述べたと…

沖縄県の埋め立て承認撤回を国交省が撤回効力停止に - 「書類の不備」で米軍基地犯罪の被害補償を10年も待たせる国が、「なりすまし審査請求」を13日間で決定書

オール沖縄会議が防衛局に執行停止を抗議 | 琉球放送 何を考えているのか。 この、なりすまし政権は! 行政不服審査法とは、国の「違法又は不当な処分その他公権力の行使」に対し、国民が不服申立てをすることができる、「国民の権利利益の救済」をめざすも…

名護市数久田の流れ弾事件、米軍準機関紙には「沖縄県警の捜査に可能な限り最大限の協力をする」と伝えつつも、実際にはいっさいの捜査協力を拒んだ在日米軍 - キャンプシュワブ・レンジ10の真実

今年6月21日、 名護市数久田で一発の銃弾が窓ガラスを二枚割った。 名護市数久田、キャンプ・シュワブ近くの農業小屋に銃弾、窓ガラス二枚が割れ散乱 - そうして米軍はどう対応するのか - 在沖米軍基地事件簿 そして 翌日の米軍準機関紙『星条旗新聞』は…

なりすましは犯罪だ ! 政府が私人になりすます「なりすまし審査請求」 - こんなことが可能なら、なんでも可能になるだろうよ、この国は

なりすまし審査請求 沖縄県が埋め立て承認を撤回したことに対し、今月十七日、防衛省は行政不服審査法に基づき、撤回の効力停止を国交大臣に申し立てた。 国が「私人」として、国に対し「県が行政権乱用している」と審査請求したという。 なんだこの気持ち悪…

那覇市長選挙で現職の城間幹子が圧勝 - そして国場幸之助衆議院議員が自民党県連会長を引責辞任

那覇市長選挙。 自民党側は もう捨て鉢なのかとおもわれるほど、絶望的なほどに虚偽の内容を盛り込んだ法定ビラを拡散するなどしていたが、 ほぼダブルスコアの圧勝で 城間幹子が再選を果たす。 沖縄県|NHK選挙WEB 那覇市長選 城間幹子氏が当選確実 4年間…

自民党沖縄県連「去った日曜日」の皆さんが「沖縄担当大臣補佐官」起用の島尻アイコー氏の投稿を一斉コピペ。そして一斉に削除されていた件 (笑)

( 1 ) 「この10月は」シリーズ ( 2 ) 「去った日曜日」シリーズ ( 3 ) 「おつとめくださいませ」シリーズ ( 4 ) 「ご注意くださいませ」シリーズ ( 5 ) 「沖縄担当大臣補佐官」起用の島尻アイコに「右ならえ」の自民党沖縄県連か !? ( 1 ) 「この10月は…

【保存版】出口調査から見る 2018年沖縄県知事選挙 - 「新時代沖縄」玉城デニーの躍進 !

当確が出た ! NHK 出口調査から QAB (琉球朝日放送) 出口調査から ➊ 男女別 ➋ 年代別 琉球新報から はるみらい選挙プロジェクトさんから 朝日新聞 これが沖縄の民意である。 琉球朝日放送では、 もうゼロ打ちで当確が出た。 結果は、圧倒的なものだった。 8…

辺野古新基地建設、地元は「容認」なんかしていない ! - 覆された容認条件 - 個別補償もされないまま、重すぎる犠牲だけを強いられる地元の住民 - 政府関係者から聞いた話として「一世帯あたり1億円の補償金が出る」という話が流されていた

高さ制限基準の下に沈む地元、沖縄タイムスの特集で学ぶ辺野古の争点 辺野古の新基地建設。「地元」が容認しているとデマを拡散している者たちがいる。 しかし、 ➊ 辺野古区 ➡ 条件付き容認 ➋ 豊原区 ➡ 条件付き容認 として、地元は区民への個別補償を求めて…