夜中にサイレンを三時間近くも鳴らせ続け、住民に釈明もしないままでぬけぬけとしている企業や組織が、(米軍の) ほかにあれば教えてほしい。

ときどきある。 夜中にサイレンが三時間近くも鳴りっぱなしだ。 そんなことがあなたの住む町で起こったらどうだろう。 バイオハザードか核戦争か、 恐怖でおびえる子たちになんと説明すればいい? 何のためのサイレンなのか。 そういう時、どういう行動をする…

「日本政府の考え方」は、中国政府の手本!

中国の民主化を非暴力で訴え続け、ノーベル平和賞を受賞した劉暁波(りゅう・ぎょうは)氏が昨日(7月13日)、末期の肝臓ガンによる多臓器不全のため、この世を去った。 劉暁波氏死去=ノーベル平和賞、民主化運動象徴-習体制に高まる批判・中国:時事ドッ…

今年の7月11日、沖縄に共謀罪が上陸、そして高江では米軍が連絡もなく新設パットでタッチアンドゴーを開始した。

昨年7月11日。 沖縄が忘れるわけもない。 現職の安倍の島売り大臣を蹴りだし、 圧倒的な票差で反基地派の議員を勝利に導いた。 その当確から九時間後のことだよ。 安倍政権が高江に機動隊を送りこんだのは。 そしてあれからちょうど一年がたった。 今日7…

空中給油訓練の危険性 - アメリカで訓練中の空中給油機墜落、乗員16人死亡

アメリカで訓練中の空中給油機墜落、 乗員16人死亡 きのう、 アメリカ本国で空中給油機が墜落した。 大豆畑に落ちたため、さいわい民間人の被害はない。しかし、軍人16人が死亡した。 なんという事だろう。 墜落 大破 炎上。 そして全員の死亡が確認された。…

72年前のきょう - 1945年7月8日「沖縄人には時間もなく、人生もない」

米軍は 沖縄に上陸する前から、沖縄の人びとについて、 沖縄が歩んだ歴史について、築き上げた文化について、風習について、 様々な分野の学者が研究し、報告書をまとめた。 前線に送られた米兵たちは、その要約版を聞かされていた。 知らされていた「沖縄人…

共謀罪と沖縄 ① 昨年7月11日、沖縄に機動隊を差し向けた安倍政権が、今度は共謀罪を沖縄に送りこむ (怒) !

昨年7月11日。 沖縄が忘れるわけもない。 現職の安倍の島売り大臣を蹴りだして、 圧倒的な票差で反基地派の議員を勝利させた。 その9時間後だ。 安倍政権が高江に機動隊を差し向けたのは。 【高江】緊急です。機動隊・業者来てます!メインゲートに機動…

高江でも辺野古でも強制排除の「二正面作戦」 - 渦中の安倍政権が沖縄に猛攻をかける、それを黙認する本土メディアも同罪だ !

とうとう始まった。 辺野古にも高江にも、両方に機動隊を差しむける。 辺野古で・・・ 【沖縄タイムス】 高江で・・・ やんばるぐらし on Twitter: "座り込み集会中、突如県道を封鎖する機動隊。早朝5時にこっそり資材を搬入した車両が出てきた。抗議。やん…

One Shot One Kill (一撃必殺) - 沖縄に押しつけられている駐留米兵約2/3が米海兵隊だが、そもそも海兵隊とは何なのか

沖縄に押しつけられている米軍基地、 というが、本土の人はその実情がぴんと来ない。 沖縄に駐留する約3分の2の米兵が海兵隊なのだが、 なにせ、海兵隊とはなにか、そこから知らなきゃいけない。 そのためには、多くの人に見てもらいたい 等身大の海兵隊を…

岩国に配備されたF35戦闘機が三日連続で飛来 - 岩国配備で嘉手納運用の「すり替え」術

さっそく岩国から 嘉手納にやってきましたよ、三日連続で。 岩国に配備されたF35は垂直離着陸が可能な計16機。 米軍海外基地への配備は初めての新型機。 レーダーに探知されにくいステルス性能に加え、弾道ミサイルの発射を探知できる高性能レーダーを備えて…

防衛省が基地周辺校の空調補助費を廃止 (怒) - 国の卑劣な嫌がらせから沖縄の子どもたちを守れ!

従来、米軍基地周辺の学校の空調 (クーラー) 費用に対し 防衛省は空調補助費を出してきた。 米軍基地の騒音で窓が開けられないためだ。 沖縄の基地負担は、 基地占有地の広さも、米軍兵の数も、基地被害も 他府県と比べようもないくらい多く重い。 そして沖…

海上警備とは名ばかり !  辺野古の海に平気で燃料を投棄する警備会社の恐るべき実態 (怒)

またも、 信じがたいニュースが入ってきた ! 辺野古の海上警備業務を請け負う警備会社マリンセキュリティー現場担当が、なんと、 辺野古サンゴの美ら海に 汚れた油を海中に投棄することを命じていたという ! すぐさま工事を差し止め、実態調査しろ ! この海…

嘉手納市街地上空で米軍特殊部隊作戦のパラシュート降下訓練、なぜアリゾナ州ユマ郡の砂漠から沖縄に移転するのか。これが安倍政権の「負担軽減」なのか !

やっぱりな。 米軍に隷従する安倍政権のせいで 沖縄の基地負担はますます増大している。 嘉手納の街ぜんたいが、 米軍特殊部隊作戦の訓練場に使われる ! 眼下に見えるのは、嘉手納の街だ。 なぜ米軍は、アリゾナ州ユマ郡の砂漠でやっていた訓練を、わざわざ…

なぜ沖縄は非可視化されるのか - 慰霊の日の翌日に公開された映画「ハクソー・リッジ」、沖縄が一切語られない理由とは

慰霊の日 (6月23日) 安倍首相の記念式典の出席に 多くの県民が鼻白んだ翌日のこと、 くしくも沖縄戦を舞台にした 一つのハリウッド映画が公開された。 メル・ギブソン監督の「ハクソー・リッジ」。 youtu.be しかし、その宣伝文句や予告編で、 一切「沖縄…

慰霊の日、安倍総理の警護を口実に、他県から機動隊車両が沖縄に乗りこんでくる闇。

慰霊の日。 この日で沖縄戦が終結したなどと思うのは大間違い。沖縄戦における武装解除は九月になってから。 だからこの慰霊の日は、沖縄の、 悲しみと怒り、祈りと誓い、そして過去と未来の日だ。 そしていまだ終わらぬ沖縄のたたかいに想いを巡らす日だ。 …

工事休止の高江で、それでも一日 1,800万円の警備費、ここはバッキンガム宮殿なのか !?

国民の税金だ。 工事休止中のヤンバルの森、高江で、 1日1,800万円の警備費が毎日たれ流されている。 5カ月間で 約29億円 ! ノグチゲラの営巣期間であるゆえに、 工事は 3月1日から現在まで行われていない。 6月31日まで4か月間の工事休止だ。 それでも…

国連第二弾・ NGO シンポジウムで山城博治氏が語る ~ 自供と抗議運動からの離脱を迫られた

昨日のスピーチに引き続き、 サイドイベントのシンポジウムの報告。 山城博治氏 「悪性リンパ腫の元患者なのに、主治医の検診が受けられず再発の脅威と向きあった。」 「500 通もの手紙が届いたが、見せられなかった。」 「自供、屈服を迫る取り調べにさらさ…

【動画】 山城博治、国連で訴える - 「このような弾圧に屈しません !!!」

6月15日 沖縄の「良心の囚人」、山城博治さんがジュネーブで開かれた国連人権委員会において、沖縄に対する政府の弾圧を訴えた。 それは、日本政府が、国民の議論も、法務委員会も、国連報告書もすっとばし、強行採決によって「共謀罪法案」を可決させた…

また ! 県民を軍事訓練のダミー (標的人形) にする米軍 - 再び嘉手納基地で夜間パラシュート降下訓練を強行か

おそろしい話だ。 ここまで在沖米軍が沖縄で野放図になれるということが。 また明日 6月14日夜にパラシュート降下訓練を強行するという。 沖縄県や嘉手納町が SACO 合意違反だと強く抗議し、防衛省も米側に抗議したにもかかわらず、だ。 もう、言葉がない…

酔っぱらい運転、米軍基地 ! また今日も飲酒運転だ !

またも飲酒運転 ! 呼気から基準値5倍のアルコール 運転の米兵逮捕 「飲酒量合わない」と一部否認 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス 呼気から基準値5倍のアルコール 運転の米兵逮捕 「飲酒量合わない」と一部否認 2017年6月11日 14:…

四日前にもあったばかりだが、またも米軍オスプレイ緊急着陸 ! 一体どうなってるんだ !?

先ほど 普天間配備の米軍オスプレイが奄美空港に緊急着陸。 先日も、つい4日前のことだ、 伊江島でも緊急着陸したばかりではないか。 しかも4日前には防衛庁への報告もなかった。 なぜこれほどまで緊急着陸が多いのか ! いったいどれだけ不安定な輸送機な…

警察という無法地帯 - 辺野古では道交法の微罪で女性の携帯を押収、その法的根拠とは何か !

さて、 沖縄では、道交法で拘束されると、 携帯 (スマホ) まで警察に押収、 解放後も携帯は警察に奪われたまま、という闇ぐあい。 弁護士の強い返却要請で本人の解放の翌日にやっと返却された。 道路交通法違反で、なぜ携帯の押収が法的に可能なのか、 いや…

日本が「法治国家」ならは、沖縄県の海を壊す工事に「沖縄県の許可」は「絶対に」必要だ

法治国家とはなんぞや。法律に基づく判断とは。 日本国で根幹の枠組みである日本国憲法を、今まさに政治家の勝手な都合で変えようと画策している自民党現政権が、 「我が国は法治国家」という言葉を使い、国政を運営し、沖縄県知事を蔑むとはお笑いだ。 我が…

さあ、ジュゴンの話をしよう ! - ジュゴンを県獣に ! 10月5日をジュゴンの日に !

ネトウヨは、 辺野古にジュゴンなどいないという。 悲しい人たちだ。 ジュゴンの存在を否定してでも基地を作ろうと躍起になっている。 繁殖させればいいなどとネットでキャンペーンを張っているが、いったいどんなふうに繁殖させるのかなどについては一切書…

また今日も (怒) ! 女性ばかりターゲットにする機動隊は、はたして国民の公僕なのか、それとも権力の下僕なのか !

また今日も見せしめ逮捕だ。 女性をターゲットにしてないか? 現場の機動隊を指揮している者がかわって、 道路の反対側にいる市民すら排除して囲い込む。 その強引なやり方は、 女性を数人の機動隊が路上で抑え込み、 まるでセクシャルハラスメントそのものだ…

オスプレイは輸送機だと、そういう説明だったはずが、いつのまにか攻撃機という嘘

オスプレイは輸送機だと、アメリカも防衛庁もそう言い、 在日米軍基地に配備し、 自衛隊基地にも配備すると。 そういう説明だったよな。 輸送機? 射撃装置を搭載したら攻撃機だが? 嘘をついて、軍備増強なのか? そして、米軍基地だけが危険なんじゃない。…

「地理的優位性」という神話の崩壊をみせつけた朝鮮半島問題 - 「九州が一番合理的」とマイク・モチヅキ教授

地図を見ればわかることだが、 なぜ本土を守るために沖縄に基地を置こうとするのか。 地理的優位性、などという言葉は はなから嘘っぱちだ。 それはあたかも、 自宅から遠く離れた倉庫に銃のコレクションを持ち、 それで強盗から身が守れると信じて疑わない…

沖縄の悲しみ

山口敬之氏の準強姦事件で、 山口氏が被害者にあてたメールの文。 上から目線で罪意識どころか 被害者への配慮の欠片もない言葉と口調。 なにかに似てると心に引っかかった。 吉祥寺の反天皇制のデモで、警察が右翼のヘイトを規制し デモの「言論の自由」を…

本土のメディアは報道せよ。機動隊、女性を頭蓋骨骨折・急性硬膜下血腫・脳挫傷させるも、自分たちのせいではないと開き直りの醜悪 !

機動隊の凶暴性は高まるばかりだ。 何が彼らをこれほどまでに焦らせているのか。 いったいどんな力が彼らをこれほどまでの暴力に駆りたてているのか。 梅雨の降りしきる雨のなかでも座り込む丸腰の高齢者に、女性に、容赦なくけしかけられる機動隊の青年たち…

また飲酒運転、米軍基地 ! つい5日前、飲酒運転ひき逃げ事件があったにもかかわらず (怒) !

まただよ (怒) ! 基準値四倍も飲んでおいて、 飲んでない、と。 キャンプシュワブの海兵隊員 ! 根底から腐ってるのか、この組織は ! 酒気帯び運転疑いで米兵逮捕 基準値4倍も「飲んでない」と否認 沖縄 酒気帯び運転疑いで米兵逮捕 基準値4倍も「飲んでな…

教訓 - 日本の税金で移転先を作っても旧駐機場にも居座り続ける在日米軍、しかもコロラド州軍機や、はては在韓米軍機まで駐機とは !

ほーら、これだよ。 日本の税金で新駐機場を作ってあげても、旧駐機場も使用しつづける在日米軍。 移転とは名ばかりの、実質的な嘉手納基地機能拡大にしか過ぎなかったというわけだ。 嘉手納基地、日本の税金で新駐機場建設するも旧駐機場も使用 - 移転と見…

さらに奇怪なことを言いだした防衛局。天候のあれた夜のフロート「切断」話で被害届? 防衛局の眉唾話にだまされるな !

安倍政権のお膝元ばかりを見ている人には理解しにくいかもしれないが、 東京から最も遠く離れた地、沖縄。 そこに、米軍と安倍が語るところの「我が軍」が共用する巨大新基地を作る、 つまり、反対派を潰してでも辺野古を基地にすることこそが安倍政権の命運…

みよ、これが在沖海兵隊 - ヤンバルの森にゴミを撒き散らかし、人前では清掃ボランティアの宣伝活動

自分の善行を人に見られるために人前で行わないよう注意しなさい、と聖書 (Matthew 6:1) にもあるが、あたかも、「偽善者たちが人にほめられるため、町なかで自分の前でラッパを吹きならす」(Matthew 6:2) ごときの振舞い。それが在日海兵隊のやりかたらしい…

在沖米軍、今度はひき逃げだ ! たった2日前にも飲酒運転があったばかりだというに !

また、だ。 たった2日前と8日前にも飲酒運転があったばかりだというに、 こんどは悪質なひき逃げだ (怒) ! ・深夜一時過ぎ (リバティー違反) ・基準値の約4倍のアルコール検出 ・追突事故 ・女性を救護せず ・ひき逃げ 米兵は、自由に基地内外をいききす…

無責任米軍基地 - 嘉手納サッカー場汚染除去、かかった税金は九億円、そしてアスファルトの駐車場となって帰ってきた件。

米軍は何の責任も取らない。 まさに使い捨てだ。 返還され、サッカー場となった嘉手納基地跡地からドラム缶108本、そして高濃度のダイオキシンが検出された問題。 それが4年前のことだ。 沖縄市サッカー場の汚染調査、浄化費用の2016年まで、9億円以上…

72年前のきょう 1945年5月27日 「さらば、首里よ」

72年前のきょう 1945年5月27日 「さらば、首里よ」 72年前の今日、首里城の地下に潜んでいた第32軍司令部将兵や学徒の大半が、 古都首里と、首里城趾に別れを告げ、沖縄本島南部へと下がっていった。 そのため、軍と一緒なら安全だと考えてあとを追った住民…

嘉手納基地、日本の税金で新駐機場建設するも旧駐機場も使用 - 移転と見せかけ整備拡充する米軍にだまされるな !

嘘つき、あるいは詐欺 ! いつもの手口だが、在沖米軍施設の整理縮小と見せかけた施設整備拡充が進んでいる。 日本の税金157億円が使われた。 嘉手納の新しい駐機場建設のためだった。 見ていただきたい。これが嘉手納基地の実態。 住宅地の側の壁のすぐ向…

またも (怒) !!! 沖米軍のとまらぬ飲酒運転 - もはや綱紀粛正などとも言わなくなった米軍の横暴

また、だ。 たった6日前にも飲酒運転があったばかりだというに。 米軍基地はフェンスで囲まれていると捉えるのは間違いだ。 実際には、沖縄県民が米軍のフェンスに囲まれている。 沖縄に米軍が駐留しているのではなく、140万人以上の県民が米軍が敷いたフェ…

沖縄はなぜ共謀罪に反対するのか - カメジローの逮捕、警察が米軍と一緒になって市民の動向を探る動きをしていた

歴史から学ばぬ者たちは、必ず同じ歴史をくりかえす。 自民・公明・維新は、今月19日、衆議院での強行採決で共謀罪法案を通過させた。 こんな人権と民主主義の根幹にかかわる法案を強行採決で通過させるという今の国会もおぞましいが この法案の衆院通過を…

米軍基地の日陰に寄留し待機する機動隊が、基地から出てきて県民の日よけテントを撤去するという背徳

日差しの強いなかでの連日の座り込みだ。 年配の人が多い座り込みなのに、 機動隊が基地内から出て来て 県民の日よけテントを撤去する。 もう意味がわからないな。 国民の税金で組織されているはずの機動隊は、 文字通り米軍基地の傘下にある組織らしい。 し…

72年前のきょう 1945年5月21日 「雨と泥との闘い」

昨日、シュガーローフで慰霊祭が行われた。 その時、目の前の那覇市おもろまちには、多くの買い物客や観光客がいたはずだが、 この慰霊祭に参加した方々は、7人。 米軍側からの参加者は、いたのだろうか。 72年前、この辺り一帯は、腕や足、上半身、頭などが…

沖縄を踏み台にして米軍再編交付金をおねだり - 岩国市の長く物悲しい悲劇のはて

先日、普天間基地の辺野古「移設」について「見通しは立った」と明言した、この人物。 いったい誰だよ (怒) ! ご紹介する。 これが、沖縄から遠く離れた山口県岩国市から勝手に見通し宣言した福田良彦市長だ。 岩国市・福田良彦市長の夢をかたちにした辺野古…

戦没者の遺骨を遺族のもとに - 戦没者遺骨を家族の元へ6・22沖縄集会

沖縄戦では多くの人命が失われた。 全戦没者 210,666人 (県発表人数に朝鮮人等の推定人数を含めた) 米軍 12,520人 日本軍 94,136人 県外出身将兵 (65,908人)沖縄県出身将兵 (28,228人) 住民 約94,000人 戦闘参加者 (55,246人)一般住民 (38,754人)朝鮮人等軍…

法律が守れない在沖米軍 - 妊娠していたら実弾所持していても許されるらしい理由が不明な件

いったい、ここは本当に日本なのか。 銃刀法 (銃砲刀剣類所持等取締法) のどこに書かれていますかね。妊娠していたら、在沖米軍は実弾を所持していても許されるらしい。 実弾所持の疑い 米海軍女性逮捕 豊見城署 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース 20…

辺野古、今も放置されたまま調査も許されぬ犠牲者の遺骨の上にさらに軍事基地を作るという醜業

沖縄戦を生きのびた三十万人の県民は、米軍がにわか作りした収容所に収容された。その劣悪な収容所生活の状況下でおびただしい県民の命が奪われた。 最も劣悪だった収容所の一つ、それが辺野古・大浦湾にあった大浦崎収容所だ。 基地として接収されたキャン…

沖縄返還協定は日本政府の思うまま、最初から不平等な条件で

沖縄返還協定は日本政府の思うまま、最初から不平等な条件で 沖縄の本土復帰から45年がたった。「本土復帰」とは何だったのだろう。 現在50歳以下の多くの県民や国民は、その内容や経緯をよく知らない。 現在に至る沖縄の米軍基地や日米地位協定に関する不平…

72年前のきょう 1945年5月16日 「沢山のブリキの兵隊」

人間的な感情を捨てなければ、戦争はできない。 人を殺すことに罪悪感を感じていては、戦争はできない。 NHKスペシャル「沖縄戦 全記録」の中から、日本軍の救護班にいた女性の証言を紹介する。 『身を潜めていた壕に火炎放射の攻撃を加えられたときのこと。…

当事者意識を自覚する事からの逃げ

2017年5月16日 ■ 当事者意識を自覚する事からの逃げ ■ 「知らないからしょうがない」と開き直る発言をよく耳にする。 知ろうとしない自分を肯定するのは幼稚なことだ。 日常生活に、米軍基地から派生する障害が無く支障もない大方の日本人は、遠い海の向こう…

72年前のきょう 1945年5月15日 「戦闘と基地建設」

今日は沖縄が「日本に復帰」して45年の日。 午後7時半から、NHK沖縄放送局が特別番組を放映していた。 様々な意見を持つ人々を集めて、復帰や基地問題について議論していた。 その中で、沖縄の若い人たちは、沖縄戦に関することは学んでいても、 基地問題に…

全国のそして全世界の友人へ贈る、祖国復帰闘争碑

今日は沖縄の「本土復帰」から45年目。 しかしながら、 この45年で何が変わったというのだろう。 このぼうぼうと吹きわたる荒々しい風の中に今も私たちは、幾重にもおびただしく折りかさなる先祖の声を聞く。 (picture by Taoru Yamazaki) そして、だから…

72年前のきょう 1945年5月14日 「“戦力”として必要」

最後の一兵まで戦え!との命令に従い、どんどん兵力を消耗していった第32軍。 地上戦は陸軍が担当する…という取り決めも無視し、小禄の日本海軍部隊も動員し始め、まだ前線に配置されていなかった学徒隊も、どんどん兵力として、戦力として、前線の部隊に引…